ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

ADSLからドコモ光への乗り換えは急ぐべき?

投稿日:

NTT・ソフトバンクと相次いでADSLサービスの終了を発表しました。

このADSL終了のニュースは、
かつてADSLを使っていた人にとってもそれなりに感慨深いものです。

しかし現在進行形でADSLを利用している人にとっては、ADSLから光回線など
ほかのインターネット回線を早急に迫られる問題でもあるんですよね。

ADSLから光回線への乗り換えではスマホとのセット割が利用できる光回線が人気で、
実際にADSLからドコモスマホとのセット割がある「ドコモ光」への乗り換えを
検討している人も多いはずです。

そこでADSLからドコモ光への乗り換えについて、その方法や発生する費用など、
詳しく見ていきましょう。

ADSLが使えなくなるのはいつ?

「ADSLが終了するといっても数年先のことだから、まだドコモ光への乗り換えを
検討するのは早い」といった気持ちも少なからずありますよね。

ADSLサービスが終了するのは
 ・NTTのフレッツADSL・・・2023年1月末
 ・ソフトバンクのYahoo!BB ADSL・・・2024年3月末
となっています。

ちなみに以前はKDDIなどもADSLサービスを行っていましたが、
2020年2月現在では主なADSLサービスはフレッツADSLとYahoo!BB ADSLの
2種類のみです。

確かにADSLが使えなくまでまだ数年ありますが、サービス終了が目前になると
ADSLからの他のインターネット回線への乗り換えが急激に増えます。

極端な話、申し込みが1時間2時間遅れるだけで、インターネット回線の開通が
1か月2か月先になってしまうといったことも考えられるんですね。

なのでADSLサービスの終了まで数年あると言っても、今からドコモ光など
別のインターネット回線への乗り換えを真剣に検討した方が良いですよ。

Yahoo!BB ADSLは2020年3月から順次終了していく予定

フレッツADSLを利用している人はともかくとして、
Yahoo!BB ADSLを利用している人は早急に乗り換えを検討し始めないといけません。

Yahoo!BB ADSLの終了時期は2024年3月末なんですが、
これはYahoo!BB ADSLのサービスが「完全に」終了する時期です。

ソフトバンクの発表によると、
2020年3月から地域ごとに順次終了していくことになっています。

2019年10月からADSL終了に関する案内が行われているので、現時点で
ソフトバンクから案内が来ていない人は2020年3月終了の対象ではありません。

しかしいつソフトバンクから案内が来て、いつADSLが使えなくなるかわかりませんから、
Yahoo!BB ADSLのユーザーは早急に乗り換えを検討すべきなんですね。

ADSLサービスが終了しない地域もある!?

Yahoo!BB ADSLは2024年3月末をもって完全に使えなくなりますが、
フレッツADSLの方は2023年1月以降も地域によっては使い続けることができます。

NTT東日本・NTT西日本の発表によると、フレッツ光やドコモ光などの光コラボが
利用できない(フレッツ光の光ケーブルが整備されていない)地域では、
2023年1月以降もADSLが引き続き使えることになっています。

ただし東西NTTでは光ケーブルの整備を現在進行形で続けており、
人口カバー率が100%に近づきつつあります。

なのでフレッツ光の光ケーブルが整備されていない地域はかなり限られており、
ほとんどの地域は2023年1月でフレッツADSLが使えなくなると考えておいた方が
良いですね。

フレッツADSLもYahoo!BB ADSLも新規申込はすでに終了している

フレッツADSLもYahoo!BB ADSLもサービスが終了するまではまだ数年ありますが、
いずれも新規申込は終了してしまっています。

フレッツADSLは2016年6月、
Yahoo!BB ADSLは2018年2月をもって新規申込の受付を締め切りました。

近い内に終了することが分かっているので検討している人は
ほとんど居ないと思いますが、これからフレッツADSLやYahoo!BB ADSLに
申し込むことはできませんよ。

ただしフレッツ光の光ケーブルが整備されておらず、2023年1月以降も
フレッツADSLが使える地域では、現在でもフレッツADSLの新規申込が可能です。

ADSLサービスが終了するのはなぜ?

現在進行形でADSLを使っているユーザーからすると、
なぜADSLサービスが終了してしまうのかと思いますよね。

ADSLが終了する主な理由としては
 ・ADSLの利用者が減っている
 ・設備の維持、メンテナンスが困難
 ・2025年にアナログ電話回線が廃止予定
などが挙げられます。

もっとも大きいのはADSLの利用者が減っていることで、フレッツADSLだけで見ても
2005年に約570万件だった契約数が2017年には約84万件にまで減っています。

新規申込に至っては、2016年ごろから「ほぼゼロ」の状態が続いているんだとか。

新規加入が見込めず、契約数だけが減っていく状態ではサービスを
継続して提供するのが難しいのは誰が見ても分かりますよね。

ADSL設備の維持、メンテナンスに必要な部品が生産終了

ADSLサービスを継続して提供するには、
基地局や回線などの設備を定期的にメンテナンスしなければいけません。

故障や経年劣化した部品は新しいものと交換しますが、
そのメンテナンスに必要な部品の一部がすでに生産終了してしまっているんです。

そのためNTTやソフトバンクがストックしている部品が無くなった時点で
設備のメンテナンスができなくなり、結果的にサービスを維持することも
できなくなってしまいます。

このまま定期的にメンテナンスを続けていくと、
2025年には部品のストックが無くなってしまいます。

なので少し余裕をもって、部品が無くなってしまう前の2023年や2024年に
ADSLのサービスを終了するというわけです。

2025年にアナログ電話回線が廃止される予定

ADSLでは、固定電話にも利用されている「アナログ電話回線」を使って通信しています。

このアナログ電話回線が2025年を目途に廃止され、
固定電話網が光回線を利用したIP電話に置き換わる予定となっています。

ちなみに、2025年以降も当面は、
基地局側に変換装置を設置することでアナログ電話がそのまま使えるようになります。

なので、将来的にはアナログ電話から光電話やIP電話への切り替えが必要ですが、
当面はアナログ電話のままでも全く問題ありません。
(光電話やIP電話への乗り換えを勧めてくる業者には要注意)

ADSLを利用するのに必要なアナログ電話回線が2025年を目途に廃止されますから、
ADSLが使えなくなるのも仕方ないんですね。

ADSLからドコモ光に乗り換える

では実際にADSLからドコモ光へ乗り換える方法について説明していきましょう。

ADSLからドコモ光への乗り換えでは
 1.ドコモ光の提供エリアを確認する
 2.ドコモ光に申し込む
 3.開通工事を行ってドコモ光を開通させる
 4.ADSLを解約する
というのが大まかな流れとなります。

ADSLからドコモ光への乗り換えに限らずインターネット回線の乗り換えでは、
乗り換え先の回線を開通させてから今使っている回線を解約するのが基本ですよ。
(理由は後述)

ドコモ光の提供エリアはフレッツ光の公式サイトで確認する

ADSLからドコモ光へ乗り換える際には、
まず自宅がドコモ光の提供エリア内にあるかどうかを確認しなければいけません。

いくらドコモ光を使いたいと言っても自宅がドコモ光の提供エリア外だと
どうしようもないので、まずはドコモ光の提供エリアを確認しましょう。

ドコモ光はNTTのフレッツ光の回線を使う「光コラボ」と言われるサービスですから、
ドコモ光の提供エリアはフレッツ光の提供エリアと全く同じです。

自宅が新潟・長野・山梨より東にある場合はNTT東日本、富山・岐阜・静岡よりも西に
ある場合はNTT西日本の公式サイトでフレッツ光の提供エリアが確認できます。

ドコモ光の公式サイトから、
NTT東日本・NTT西日本のエリア検索ページにアクセスすることもできますよ。

ドコモ光の申し込みはプロバイダか代理店で

提供エリアを確認したらドコモ光の申し込みですが、
「ドコモ光なんだからドコモの公式サイトかドコモショップで申し込む」と思いますよね。

しかしドコモ光は、ドコモの公式サイトやドコモショップよりもドコモ光のプロバイダか
代理店で申し込む方が良いんです。

ドコモの公式やドコモショップで申し込むと、
 ・dポイントプレゼント(2020年2月現在は20,000ポイント)
 ・開通工事費無料
といった公式特典しか貰うことができません。

ところがドコモ光のプロバイダや代理店でドコモ光を申し込むと、
プロバイダや代理店の独自特典が公式特典にプラスして貰えるんです。

例えば「GMOとくとくBB」というプロバイダでドコモ光を申し込むと、
最大20,000円のキャッシュバックが貰えます。

もちろん公式特典も貰えるので、GMOとくとくBBでの申し込みでは20,000ポイントの
dポイントと20,000円のキャッシュバックで合計40,000円相当が貰えることになります。

このように公式特典にプラスしてキャッシュバックなどの特典が貰えるので、
ドコモ光はプロバイダか代理店で申し込む方が金銭的にお得なんですね。

ただし全てのドコモ光のプロバイダや代理店で、公式特典にプラスして
キャッシュバックなどが貰えるわけではないので注意してください。

ADSL解約前にドコモ光の申し込み

先にも書きましたが、ドコモ光の申し込みは必ずADSLを解約する前に行いましょう。

インターネット回線の乗り換えでは、
今使っている回線を解約してから乗り換え先の回線に申し込みがちです。

しかし解約→申し込みの順番だと、乗り換え先の回線が開通するまで
自宅のインターネット回線が使えなくなってしまいます。

ドコモ光は申し込みから開通まで1か月以上かかることもありますから、先にADSLを
解約してしまうと1か月以上も自宅のインターネット回線が使えないことになります。

スマホでもインターネットができるとは言え、
さすがに1か月も自宅のインターネット回線が使えないのは不便ですよね。

なのでADSLからドコモ光に乗り換える際には、
必ずドコモ光を申し込んで開通させてからADSLを解約しましょう。

ドコモ光では別途プロバイダの契約は不要

ドコモ光を利用するのに、別途プロバイダを契約する必要はありません。

フレッツADSLのユーザーは、フレッツADSLの回線事業者であるNTTとは別に
プロバイダとも契約しているはずです。

NTTはあくまでフレッツADSLの回線を提供しているだけで、インターネットを
利用するにはインターネット接続業者であるプロバイダとの契約が必須なんですね。

これは光回線でも同じで、
回線事業者とプロバイダが揃っていないとインターネットを使うことはできません。

しかしドコモ光など光コラボと言われるサービスは、
基本的にプロバイダが一体となっています。

ですからドコモ光を申し込めば自動的にプロバイダが付いてきますから、
別途プロバイダと契約する必要は無いんですね。

開通工事を行ってドコモ光を開通させる

ドコモ光を申し込んだら、
後は開通工事が行われてドコモ光が開通するのを待つだけです。

ドコモ光の申し込み手続きを行うと、
後日工事業者から連絡が来て開通工事の日程調整を行うことになります。

ドコモ光に限らず光回線の工事業者は余程忙しいのか数が少ないのか分かりませんが、
申し込んですぐに開通工事が実施されることはほとんどありません。

どんなに早くても申し込みから3週間後、通常は1か月先、
申し込む時期によっては3か月以上先になることもあります。

ドコモ光の開通工事には立ち会いが必要

ドコモ光の開通工事が行われる当日には立ち会いが必要です。

ADSLの開通工事は局内工事のみなので立ち会いは不要ですが、
ドコモ光など光回線の開通工事では宅内工事が行われます。

戸建ての場合は最寄りの電柱から、
マンションなど集合住宅では共用部から宅内に光ケーブルを引き込みます。

そして宅内に電気のコンセントのような「光コンセント」を設置して、光コンセントと
終端装置である「ONU」をケーブルで繋いでドコモ光の工事は完了となります。

工事業者が勝手に契約者の家に入るわけにはいきませんし、
宅内の物の紛失や破損といったトラブルも発生しかねないので、
光回線の開通工事には立ち会いが必要なんですね。

ドコモ光の契約者が工事に立ち会わないといけないわけではなく、
家族や友人でも構いませんよ。

ただし立ち会うのが中学生以下だと工事してもらえない可能性があるので、
少なくとも高校生以上、できれば成人が立ち会うようにしましょう。

開通確認はしてくれるが、ドコモ光の初期設定はユーザーが行う

ドコモ光の開通工事が完了したら、工事業者が持参したパソコンを使って、
実際にドコモ光が使えるかどうかの開通確認をしてくれます。

工事業者が行ってくれるのは開通確認までで、ドコモ光の初期設定やWiFiルーターの
接続・設定などはユーザー自身で行わないといけません。

いずれもそれほど難しくありませんし、
マニュアルに従って作業すれば10~15分程度でできます。

ただ「設定」という言葉を聞くだけで頭が痛くなるほど機械に弱い場合は、
プロバイダの訪問サポートを利用しましょう。

訪問サポートは、担当者が自宅まで来てドコモ光の初期設定やWiFiルーターの
接続・設定などを代行してくれるサービスです。

通常訪問サポートは有料ですが、GMOとくとくBBやBIGLOBE、@niftyなど
訪問サポートを初回のみ無料で提供しているプロバイダもあります。

なので初期設定を代行してもらいたい場合は、
訪問サポートが初回無料のプロバイダを選ぶと良いですよ。

ドコモ光開通後にADSLを解約する

開通工事が終わってドコモ光が使えるようになったら、
これまでお世話になったADSLを解約します。

フレッツADSLもYahoo!BB ADSLも解約手続きは、
 ・フレッツADSL・・・0120-116116(9~17時、年末年始以外は無休)
 ・Yahoo!BB ADSL・・・0800-1111-820(10~19時、年中無休)
と電話のみでの受付となっています。

Yahoo!BB ADSLでは、電話番号とユーザーを紐づけしているため
 ・Yahoo!BB ADSL契約時の電話番号
 ・Yahoo!BB ADSLに連絡用として登録している電話番号
からの電話でないと解約手続きを受け付けてもらえません。

フレッツADSLはYahoo!BB ADSLのような縛りは無く、
固定電話はもちろんスマホや携帯電話からでも解約手続きが可能です。

モデムをレンタルしている場合は返却

ADSLの終端装置である「モデム」をレンタルしている場合は、解約手続きが済んだら
速やかに返却しましょう。
(返却が遅れると機器損害金を請求される恐れも)

フレッツADSLの場合は、解約手続き後にモデムの返送用キットが送られてくるので、
その中の機器返送袋にモデムとモデムの電源ケーブルを入れてローソンか郵便局に
持って行けばOKです。
(ローソン以外のコンビニはダメ)

Yahoo!BB ADSLの場合は返送用キットは送られてこないので、
自分で用意した返送用の箱に
 ・モデム
 ・電源ケーブル
 ・LANケーブル
 ・モジュラーケーブル
 ・ターミナルアダプタ(設置されている場合のみ)
を入れて
 〒272-0001
 千葉県市川市二俣678-55
 ESR 市川ディストリビューションセンター3階 北棟N8
 ソフトバンク返品センター
に郵便か宅配便で送ることになります。

輸送中にモデムが破損すると損害金を請求される恐れもあるので、
モデムを返却する際には緩衝材でしっかし梱包しておきましょう。

ちなみにフレッツADSLはモデム返却に送料はかかりませんが、
Yahoo!BB ADSLではモデム返却にかかる送料はユーザー負担です。

またモデムがレンタルではなく買い取りの場合は、もちろん返却の必要は無く、
自分で処分することになります。

フレッツADSLではプロバイダの解約も忘れずに

フレッツADSLを利用している場合は、
フレッツADSLだけでなくプロバイダの解約手続きも忘れずに行いましょう。

フレッツADSLはプロバイダが別契約となっているので、
フレッツADSLを解約してもプロバイダは自動的に解約とはならないんですね。

なので別途プロバイダの解約手続きを行わないと、
使いもしないADSLのプロバイダに料金を払い続けることになってしまいます。

ですからフレッツADSLを解約する際には、
一緒にプロバイダの解約手続きも忘れずに行わないといけませんよ。

ちなみにYahoo!BB ADSLはドコモ光と同じプロバイダ一体型のサービスなので、
別途プロバイダの解約手続きは不要です。
(Yahoo!BB ADSLを解約するとプロバイダも自動的に解約となる)

ADSLからドコモ光への乗り換えでプロバイダを継続して利用することも可能

ADSLからドコモ光へは、
ADSLで利用しているプロバイダを変更せずに乗り換えることも可能です。

フレッツADSLだと
 ・ぷらら
 ・GMOとくとくBB
 ・@nifty
 ・DTI
 ・BIGLOBE
 ・hi-ho
 ・タイガースネット
 ・IC-net
 ・BB.excite
 ・SYNAPSE
 ・楽天ブロードバンド
 ・TiKiTiKi
 ・OCN
 ・@TCOM
 ・WAKWAK
 ・Asahiネット
 ・@ちゃんぷるネット
Yahoo!BB ADSLなら
 ・@nifty
 ・DTI
 ・BIGLOBE
 ・hi-ho
 ・タイガースネット
 ・楽天ブロードバンド
 ・TiKiTiKi
 ・OCN
 ・@TCOM
 ・Asahiネット
をプロバイダとして利用している場合は、
プロバイダを変更せずにドコモ光に乗り換えることができます。

プロバイダメールのアドレスを変えたくないのであれば、
プロバイダ変更なしでドコモ光に乗り換えることを検討しても良いかもしれませんね。

ただGMOとくとくBBなどは新規申込で20,000円のキャッシュバックが貰えますから、
ドコモ光へ乗り換えるのを機にプロバイダを変更するのもアリですよ。

ADSLからドコモ光への乗り換えにかかる費用

ADSLが使えなくなるので仕方ないとは言え、ADSLからドコモ光へ乗り換えるのに
どれぐらいお金がかかるのかは気になるところですよね。

ADSLからドコモ光へ乗り換える際には
 ・ドコモ光の初期費用
 ・ADSLの解約違約金
 ・ADSLプロバイダの解約違約金(フレッツADSLのみ)
といった費用がかかります。

まずドコモ光開通にかかる費用は
 ・契約事務手数料・・・3,000円
 ・開通工事費・・・戸建て 18,000円
集合住宅 15,000円
で、戸建てだと21,000円、集合住宅だと18,000円です。

ひかり電話やひかりTVなどのオプションを利用すると追加の工事費が発生する
可能性もありますが、ドコモ光だけなら初期費用はこれだけです。

ADSLの解約違約金

次にADSLの解約違約金ですが、フレッツADSLは2年など契約期間の縛りが
無いので基本的に解約違約金はありません。

ただしフレッツADSLで利用しているプロバイダには2年などの契約期間が
設けられているケースがあり、プロバイダで解約違約金が発生することが考えられます。

プロバイダの解約違約金は3,000~5,000円程度ですが、
プロバイダや利用期間によっては10,000円以上となることもあります。

Yahoo!BB ADSLは2年契約なので、
更新月以外の解約では9,500円の解約違約金が発生します。

解約違約金は更新月に解約すればゼロにすることができます。

ADSL終了が目前に迫ってから乗り換えでは更新月どうのこうの言っている余裕は
ありませんが、ADSL終了まで数年余裕がある現在ならADSLの更新月に合わせて
ドコモ光に乗り換えられます。

解約して使わなくなるものにお金を払うのはもったいないですから、ADSLが更新月に
解約できるようにドコモ光への乗り換え時期を今の内から検討しておきましょう。

ADSL終了まで時間はあるが、ドコモ光への乗り換えは早めに検討した方が良い

フレッツADSLもYahoo!BB ADSLもサービスが終了するのは3~4年先で、
乗り換えの検討はまだ早いと思っている人も多いはずです。

しかしADSLの終了が近づくにつれて、
ADSLから光回線への乗り換え件数が増えていきます。

少なくなったとは言え現状でもフレッツADSLとYahoo!BB ADSLを合わせた契約数は
200万件を超えます。

200万件がいっせいに乗り換えるとなると、光回線の申し込みが混雑して
光回線の開通が2か月3か月先になるといったことにもなりかねません。

なのでADSLからドコモ光への乗り換えをスムーズに行うのであれば、
ADSL終了まで時間のある今の内からしっかりと検討を始めた方が良いですよ。

 


ドコモショップや公式サイトからドコモ光に申し込むと損します!

 

なぜかというと・・

15,000円のキャッシュバックをドブに捨てることになるからです!

 


>>(限定)15,000円キャッシュバックのドコモ光

 

他社の光コラボからドコモ光に事業者変更で乗り換えするなら
GMOとくとくBBというプロバイダのサイトから申し込んだほうがお得になります。

 
もちろんドコモショップやドコモ公式サイトから申し込む場合と同じドコモ光が使えます。
プロバイダがGMOとくとくBBというプロバイダになるだけの違いです。

※ちなみにこのプロバイダはドコモ光のタイプAで選択できるプロバイダです。

ドコモショップでのキャンペーンやドコモ公式サイトでのキャンペーン
で宣伝しているdポイントプレゼントはもちろん対象となります。

 

このプロバイダがすごいのは、このようなドコモ公式の特典にプラスして

独自のキャッシュバック(15,000円)がもらえる所です!

 



 

さらに高性能WIFIルーターがずっと無料でレンタルできる独自の特典もあります。

ドコモ光をドコモショップで申し込むのは特典が少なく損しますので、ぜひこちらのサイトから
申し込むことをおすすめします!

 

-ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.