ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

So-net光からドコモ光へ乗り換えるには事業者変更で

投稿日:

フレッツ光を使っていた時のプロバイダが「So-net」だったので、
何となく勧められてフレッツ光からSo-net光に転用したケースも少なくないと思います。

しかし後でよく調べてみると、
「やっぱりドコモ光にしておけば良かった」と後悔することもあるんじゃないでしょうか。

以前は自宅の光回線を一度光コラボにすると、フレッツ光に戻したり、
別の光コラボに乗り換えることが簡単じゃありませんでした。

ところが2019年7月に「事業者変更」が解禁となり、
光コラボ同士や光コラボからフレッツ光への乗り換えが手軽にできるようになっています。

そこでSo-net光からドコモ光への事業者変更について、その方法や費用、
注意すべきことなどを詳しく見ていきましょう。

So-net光からドコモ光へは事業者変更で乗り換える

事業者変更が解禁される以前は、光コラボ同士であるSo-net光からドコモ光へ
乗り換えるには、So-net光を解約してドコモ光を新規契約するしかありませんでした。

So-net光の解約とドコモ光の開通のタイミングが合わないと、
自宅で光回線が使えない期間や二重に料金が発生する期間ができてしまいます。

また当然ドコモ光を開通するには大掛かりな工事が必要で、
光コラボ同士の乗り換えには手間もお金も時間もかかったんですね。

ところが現在はSo-net光からドコモ光への乗り換えは事業者変更という形になり、
大掛かりな回線工事不要、手続きも簡素となり、乗り換え費用も以前に比べると
格段に安くなっています。

So-net光からドコモ光へ「転用」で乗り換えることはできない

手軽な光回線の乗り換えと言えば、
「転用」を思い浮かべる人も多いんじゃないでしょうか。

実際フレッツ光からの転用でSo-net光を使っているというケースも多いと思います。

転用と事業者変更は、手続きの流れや大掛かりな回線工事が不要なところなど
共通している点も少なくありません。

しかしSo-net光からドコモ光への乗り換えは事業者変更であり、
転用での乗り換えはできないんです。

転用はあくまで「フレッツ光から光コラボへ」乗り換える際に利用できるシステムで、
光コラボ同士の乗り換えでは利用できません。

So-net光からドコモ光のように光コラボ同士、あるいはSo-net光からフレッツ光に戻す
といった場合には事業者変更で乗り換えることになるんですね。

ただ一部のネットサイトでは事業者変更のことを「再転用」と表現していたりしますし、
転用と事業者変更は同じようなものと考えても問題ないと思いますよ。

転用と事業者変更の違いとは?

乗り換え元と乗り換え先の違いぐらいは正直気にする必要はありませんが、
転用と事業者変更の違いとして知っておいた方が良いことはあります。

それが「違約金」と「開通工事費の精算」です。

フレッツ光から光コラボに転用する際には、
フレッツ光が更新月でなくても違約金は払わなくて良い仕組みとなっています。

またフレッツ光の開通工事費を分割払いしていて、
転用時点でその支払いが終わっていなくても一括精算する必要がありません。
(転用先の光コラボに工事費の支払いが引き継がれる)

ところが事業者変更の場合は、
乗り換え元であるSo-net光が更新月でないと違約金が発生してしまいます。

さらにSo-net光の開通工事費の支払いが終わっていないと、
事業者変更の時点で一括精算しなければいけません。

この違いを知っておかないと、
「事業者変更するのに想像以上に費用がかかった」といういことになってしまいますよ。

So-net光からドコモ光へはどうやって事業者変更する?

So-net光からドコモ光へ事業者変更する具体的な方法ですが、
So-net光を解約してドコモ光を新規契約するのでは事業者変更にはなりません。

転用の際に「転用承諾番号」、
MNPによるスマホのキャリア変更の際に「MNP予約番号」が必要なのと同じで、
事業者変更には「事業者変更承諾番号」が必要なんです。

ですから、まず乗り換え元でSo-net光で事業者変更承諾番号を取得し、
それを持ってドコモ光で申し込めば事業者変更の手続きは終了です。

あとはSo-net光とドコモ光の間で回線の切り替え工事が行われるのを待っているだけ、
基本的に無派遣工事なので工事に立ち会う必要もありません。

事業者変更の手続きに入る前に

実際に事業者変更の手続きに入っていく前に、
いくつか確認しておかないといけないことがあります。

1つは、事業者変更では乗り換え元の違約金と工事費の精算が発生する恐れがある
ということです。

So-net光で違約金と工事費の精算が有ると無いとでは、
事業者変更にかかる費用が大きく変わってきます。

So-net光の違約金は
 ・So-net長割for So-net光・・・7,500円
 ・So-net光プラス・・・20,000円
となります。

開通工事費は24,000円で、分割払いだと戸建てで60回、集合住宅で48回です。

合わせて30,000円以上になることも十分に考えられますから、
So-net光で違約金と工事費の精算が発生する場合はいくらぐらいになるのか
事前に確認しておいた方が良いですよ。

ドコモ光に事業者変更することでオプションが使えなくなる?

ドコモ光に事業者変更することで、
So-net光で使っているオプションが使えなくなることがあります。

NTTが提供しているオプションは、
ドコモ光に事業者変更しても引き続き利用することができます。

しかしSo-net光が独自に提供しているオプションについては、
ドコモ光に事業者変更すると使えなくなってしまいます。

例えばSo-net光の電話オプションでも、「So-net光コラボ電話」はNTTが提供する
ひかり電話なのでドコモ光でも使うことができます。
(電話番号も変わらない)

ところが「So-netフォン」はSo-net光が独自に提供している電話サービスですから、
事業者変更することで使えなくなります。
(当然電話回線も変わる)

このように同じ電話オプションでも事業者変更先に引き継げるものと
引き継げないものがあるので、ドコモ光でどのオプションが使えてどのオプションが
使えないのかしっかり確認しておきましょう。

So-net光で事業者変更承諾番号の発行手続き

事業者変更の手続きでは、まずSo-net光で事業者変更承諾番号を取得します。

事業者変更承諾番号の取得手続きについては、電話でしかできない光コラボも
多いんですが、So-net光では電話とWebの両方でできるようになっています。

電話の場合は「0120-45-2522」(受付時間9時から18時)、
Webの場合はSo-net光の公式サイトのマイページで取得手続きを行います。

電話だとすぐに事業者変更承諾番号が取得できますが、Webの場合は申し込みから
約2時間後にメールかSMSで事業者変更承諾番号が送られてきます。

事業者変更承諾番号を取得する際に気を付けること

事業者変更承諾番号を取得する際に、注意しておかないといけないことが2つあります。

1つは事業者変更承諾番号の有効期限が15日間しかないということです。

取得から15日以上が経過すると事業者変更承諾番号は無効、事業者変更するには
再度事業者変更承諾番号を取得するところからやり直しとなります。

ですから事前に乗り換え先を決めておき、事業者変更承諾番号を取得したら
速やかに事業者変更の手続きをしないといけませんよ。

それからもう1つは、
事業者変更承諾番号の取得手続きは契約者本人でないとできないということです。

光回線の申し込みでは、事業者やプロバイダ、代理店などが色々と面倒な手続きを
代行してくれます。

なのでドコモ光で事業者変更の申し込みだけすれば、あとはドコモ光が
事業者変更承諾番号を取得するところから全て代行してくれると勘違いしがちです。

転用承諾番号もそうですが、事業者変更承諾番号は契約者本人でないと取得できず、
ドコモ光やプロバイダ、代理店に代行してもらうことはできません。

ドコモ光で事業者変更の申し込み

So-net光で事業者変更承諾番号を取得したら、
ドコモ光で事業者変更の申し込みを行います。

転用や新規であればドコモ光の公式サイトから申し込み手続きが行えますが、
事業者変更の場合は
 ・ドコモショップ
 ・ドコモインフォメーションセンター
 (ドコモの携帯電話からは「151」、一般電話などからは「0120-800-000」)
のどちらかでの手続きとなります。

ただドコモ光のプロバイダや代理店では、
事業者変更の申し込みをWebで受け付けている場合があります。

なのでドコモショップやドコモインフォメーションセンターの受付時間内に
手続きできないのであれば、プロバイダや代理店で申し込むのも1つの方法です。

ドコモ光で事業者変更を申し込む際には、So-net光の「契約ID」や「契約名義」も
求められますから、So-net光の契約書類を用意しておくと手続きがスムーズですよ。

So-net光の解約手続きは不要

ドコモ光で事業者変更の申し込み手続きを行い、回線の切り替え工事が行われると、
その時点でSo-net光は自動的に解約となります。

ですからドコモ光で事業者変更の申し込みをした後や回線の切り替え工事が
終わった後に、改めてSo-net光で解約手続きを行う必要はないんです。

自宅で光回線が使えない期間や料金が二重に発生する期間を生まないために、
So-net光の解約時期を計算しなくて良いのは大きなメリットじゃないでしょうか。

So-net光はプロバイダである「So-net」との一体型のサービスですから、
So-net光が解約になるとプロバイダのSo-netも同時に解約となります。

ただ光コラボによってはプロバイダが別契約になっていて、
事業者変更の際に別途プロバイダの解約手続きが必要になるケースもあります。

事業者変更ではONUを返却する必要なし

光回線を乗り換える場合、今使っているONUは乗り換え元の回線事業者に返却し、
乗り換え先の回線事業者から改めてONUをレンタルするのが通常です。

しかし事業者変更の場合、光回線サービスの提供元はSo-net光からドコモ光に
変わりますが、回線事業者はNTTで変わりません。

なので事業者変更による乗り換えでは、ONUを返却する必要が無く、
事業者変更先でもそのままONUを使うことができます。

ただし事業者変更に伴ってプロバイダを変更した場合には、
ONUの設定変更が必要です。(プロバイダが同じならONUの設定変更も不要)

So-net光からドコモ光への事業者変更には約2週間かかる

ドコモ光に事業者変更を申し込んでも、すぐに回線の切り替え工事が
行われるわけではなく、大体10日から2週間程度は待つことになります。

「2週間って結構長い」と思うかもしれませんが、事業者変更が解禁されるまでは
光コラボ同士の乗り換えには1か月以上かかることもありました。

それを考えると、事業者変更が可能になったことで乗り換え期間が半分から3分の1に
短くなっているんですね。

ただ回線が切り替わるまでに2週間程度かかりますから、
事業者変更の手続き時期には気を配る必要があります。

事業者変更の手続き自体はSo-net光の更新月内に行っても、回線の切り替え工事が
更新月の翌月になるとSo-net光で違約金が発生してしまいます。

なので回線の切り替え工事が更新月内に終わるように、
逆算して事業者変更の手続きを行わないといけないんですね。

So-net光からドコモ光への事業者変更にかかる費用

So-net光からドコモ光へ事業者変更する際に、必ず払うことになるのが
 ・事業者変更承諾番号の発行手数料
 ・契約事務手数料
の2つです。

光コラボによって多少金額が変わることもありますが、
So-net光の事業者変更承諾番号発行手数料もドコモ光の契約事務手数料も
3,000円となっています。

ですからSo-net光の違約金と工事費の残債が無ければ、
6,000円でドコモ光に事業者変更できるってことです。

しかしSo-net光で違約金と工事費の精算が発生すると、先の2つの手数料と合わせて、
事業者変更費用が35,000円以上に跳ね上がってしまう恐れもあります。

事業者変更で工事費が発生することも

事業者変更では回線の切り替え工事が行われますが、
基本的に事業者変更の回線の切り替え工事には工事費は発生しません。

ただ引っ越しに伴う事業者変更や事業者変更と同時に「品目変更」を行うと、
工事が発生します。

引っ越しに伴う事業者変更の場合、ドコモ光では通常の開通工事が必要で
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
の工事費を払うことになります。

事業者変更と同時に最大通信速度が100Mbpsのプランから1Gbpsのプランに
変更する場合などは、
 ・派遣工事・・・7,600円
 ・無派遣工事・・・2,000円
の工事費が発生します。
(建物の回線状況によって派遣工事が無派遣工事かが変わる)

引っ越しに伴う事業者変更の場合はもちろん、
品目変更でも派遣工事を行う場合は工事への立ち合いも必要ですよ。

事業者変更の費用負担は軽くできる

先にも書いたように、So-net光で違約金と工事費の精算が発生すると、
ドコモ光への事業者変更費用は35,000円以上となってしまう恐れがあります。

さすがに乗り換え費用として30,000円以上かかるとなると、
乗り換え自体考え直すことになるかもしれませんよね。

しかし事業者変更の費用負担を軽くすることもできるんです。

ドコモ光では、事業者変更を申し込んだユーザーに対して10,000円分のdポイントを
プレゼントするキャンペーンを行っています。

事業者変更費用が「事業者変更承諾番号発行手数料」と「契約事務手数料」だけなら、
このdポイントだけで相殺できてしまいます。

さらにドコモ光のプロバイダや代理店の中には、公式のdポイントに加えて、
事業者変更の申し込みでキャッシュバックが貰えるところもあります。

例えばプロバイダの「GMOとくとくBB」でドコモ光への事業者変更を申し込むと、
最大20,000円のキャッシュバックが貰えます。

公式のdポイントと合わせて30,000円相当が貰えることになるので、
So-net光で違約金と工事費の精算が発生したとしても、
事業者変更にかかる費用負担を大幅に軽減することができます。

費用が嵩むから事業者変更を考え直すのではなく、キャッシュバックが貰えるところで
申し込んで費用負担を軽くするのも1つの方法ですよ。

事業者変更ではひかり電話の電話番号はそのまま引き継げる

自宅の固定電話としてひかり電話を利用している場合、ひかり電話の電話番号が
変わっちゃうんじゃないかということも事業者変更に対する不安の種です。

事業者変更が解禁されるまでは、
光コラボ同士での乗り換えでは「アナログ戻し」という手続きをしないと
ひかり電話からひかり電話に電話番号を引き継ぐことができませんでした。

しかし事業者変更による乗り換えが可能になったことで、
光コラボ同士で乗り換えでも番号ポータビリティーでひかり電話の電話番号を
引き継ぐことができるようになっています。

ですからSo-net光からドコモ光に事業者変更する際に特別な手続きを行う必要はなく、
事業者変更の申し込み際にひかり電話の利用と番号ポータビリティーによる
電話番号の引き継ぎを希望する旨を伝えておくだけで良いんですね。
(番号ポータビリティーの手続きはドコモ光が代行してくれる)

auひかりやNURO光など、フレッツ光回線ではなく自社回線を使う光回線との
乗り換えの場合は、「NTTがアナログ電話用に発行した電話番号」を使っていないと
番号ポータビリティーによる電話番号の引き継ぎができません。

しかし転用や事業者変更の場合は、NTTがアナログ電話用に発行した電話番号は
もちろん、ひかり電話用に発行された電話番号でも番号ポータビリティーが可能です。

ただしSo-net光で「So-netフォン」を使っている場合は、
オプションそのものの引き継ぎができないので、電話番号も引き継ぐことはできません。

ひかり電話の電話番号引き継ぎでアナログ戻しが必要になることはほとんど無い

事業者変更解禁以前は、光コラボ同士の乗り換えでは、ひかり電話からひかり電話に
番号ポータビリティーで電話番号の引き継ぐことができませんでした。

ですから乗り換え元の光コラボを解約する前に、
ひかり電話をアナログ電話に戻しておき、乗り換え先の光コラボの開通後に
再度ひかり電話に切り替える「アナログ戻し」という手続きが必要だったんですね。

アナログ電話とひかり電話で番号ポータビリティーが可能なことを利用して、
「ひかり電話→アナログ電話→ひかり電話」と切り替えることで、
本来不可能なひかり電話同士の電話番号の引き継ぎを行っていたわけです。

しかし現在は転用や事業者変更での乗り換えはもちろん、
auひかりやNURO光などとの乗り換えでも、番号ポータビリティーでひかり電話の
電話番号の引き継ぎができるようになっています。

ですから光回線の乗り換える際に、ひかり電話の電話番号を引き継ぐのに
アナログ戻しが必要になるケースはほとんど無いんですね。

ちなみに、建物のアナログ電話回線の状況によって、
アナログ戻しには2,000~12,000円ほどの手数料が発生します。

またアナログ戻しができるのは「NTTがアナログ電話用に発行した電話番号を
使っている」場合のみで、ひかり電話用に発行された番号やアナログ電話用でも
NTT以外が発行した番号ではアナログ戻しはできません。

So-net光からドコモ光への事業者変更ではプロバイダも変わる

So-net光からドコモ光へ事業者変更するのに伴って、
プロバイダも変更せざるをえない可能性が高いです。

So-net光のプロバイダはSo-netですが、
ドコモ光の指定プロバイダ24社の中にSo-netが含まれていません。

以前はドコモ光の指定プロバイダにSo-netも入っていましたが、
So-netがドコモ光事業を「ぷらら」に譲渡したことで、
現在はドコモ光の指定プロバイダからSo-netは外れています。

プロバイダが変わると、
So-netのプロバイダメールのアドレスが使えなくなってしまいます。

メールを使うことが減っているとは言うものの、SNSやLINEのアカウント登録など
プロバイダメールのアドレスを使う機会はまだまだ減っていません。

アカウント登録などプロバイダメールのアドレスを使っているところを、
フリーメールのアドレスに変えておくなど、
事業者変更の前にプロバイダが変わる準備をしておいた方が良いですよ。

プロバイダを変えずに事業者変更することもできるが・・・

ドコモ光には「単独プラン」というものがあり、これを使うことでプロバイダが別契約となり、
指定の24社以外のプロバイダも選ぶことができるようになっています。

ですから単独プランを使えば、
プロバイダを変えずにSo-net光からドコモ光に事業者変更することも可能です。

ただ単独プランだと、
指定プロバイダを選んだ場合よりもドコモ光の料金が割高になってしまいます。

ドコモ光の単独プランでSo-netをプロバイダにした場合の料金は
 ・戸建て・・・6,000円
 ・集合住宅・・・4,700円
となります。

指定プロバイダを選んだ場合の料金が
 ・戸建て・・・5,200~5,400円
 ・集合住宅・・・4,000~4,200円
ですから、単独プランは月500~800円割高なんですね。

どうしてもSo-netのプロバイダメールアドレスを残しておきたいならともかく、
フリーメールのアドレスで代用できないこともないですから、
ドコモ光では指定24社からプロバイダを選んだ方が良いと思いますよ。

ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」がオススメ

So-net光からドコモ光へ事業者変更するに当たってプロバイダを変更するのであれば、
「GMOとくとくBB」を選ぶのがオススメです。

先にも書いたように、GMOとくとくBBで事業者変更を申し込むことで
最大20,000円のキャッシュバックが貰えます。

しかもGMOとくとくBBは「v6プラス」対応で、
通信速度が従来よりも速くなる可能性が高いんですね。

ドコモ光の指定プロバイダの中でv6プラスに対応しているプロバイダは他にも
ありますが、申し込み時に最大20,000円のキャッシュバックが貰えるのは
GMOとくとくBBぐらいしかありません。

ですからドコモ光へ事業者変更するのであれば、
プロバイダはGMOとくとくBBを選んだ方がお得ですよ。

So-net光とドコモ光ではどっちがお得?

So-net光からドコモ光への乗り換えが事業者変更で手軽になるのは良いとして、
実際に事業者変更することでお得になるんでしょうか?

So-net光の料金は、「So-net光プラス」を利用している場合
 ・戸建て・・・5,580円(36か月目までは3,980円)
 ・集合住宅・・・4,480円(36か月目までは2,980円)
です。

一方ドコモ光の料金は
 ・戸建て・・・5,200~5,400円
 ・集合住宅・・・4,000~4,200円
ですから、So-net光を3年以上継続して利用している場合は
ドコモ光に事業者変更することで料金が安くなります。

事業者変更がお得になるかどうかはスマホとのセット割がポイント

事業者変更がお得になるかどうかのポイントとして、
「スマホとのセット割」が使えるかどうかということがあります。

事業者変更することでスマホとのセット割が使えるようになれば、光コラボ自体の
料金は少々高くなったとしても、スマホ代と合わせた通信費ではお得になります。

ドコモ光ではドコモスマホとのセット割が使え、その割引額は新プランで
 ・ギガホ・・・1,000円
 ・ギガライト ステップ4(~7GB)・・・1,000円
 ・ギガライト ステップ3(~5GB)・・・1,000円
 ・ギガライト ステップ2(~3GB)・・・500円
旧プランだと
 ・ウルトラシェアパック100(100GB)・・・3,500円
 ・ウルトラシェアパック50(50GB)・・・2,900円
 ・ウルトラシェアパック30(30GB)・・・2,500円
 ・ベーシックシェアパック ステップ4(~30GB)・・・1,800円
 ・ベーシックシェアパック ステップ3(~15GB)・・・1,800円
 ・ベーシックシェアパック ステップ2(~10GB)・・・1,200円
 ・ベーシックシェアパック ステップ1(~5GB)・・・800円
 ・ウルトラデータLLパック(30GB)・・・1,600円
 ・ウルトラデータLパック(20GB)・・・1,400円
 ・ベーシックパック ステップ4(~20GB)・・・800円
 ・ベーシックパック ステップ3(~5GB)・・・800円
 ・ベーシックパック ステップ2(~3GB)・・・200円
 ・ベーシックパック ステップ1(~1GB)・・・100円
となっています。

旧プランはスマホ1台しかセット割が適用されませんが、新プランの場合は
「ファミリー割引グループ」内の全てのスマホで割引が受けられます。

対してSo-net光はauスマホとのセット割が利用でき、その割引額は
 ・auフラットプラン7プラス
 ・auデータMAXプラン
 ・auピタットプラン(2GB~20GB)
 ・auフラットプラン20
 ・auフラットプラン25 Netflixパック
 ・auフラットプラン30
で月1,000円、「新auピタットプラン(1~7GB)」と「auピタットプラン(s)(~2GB)」で
月500円、さらに
 ・データ定額1・・・934円(3年目以降は500円)
 ・データ定額2、3・・・934円
 ・データ定額5、20・・・1,410円(3年目以降は934円)
 ・LTEフラット・・・1,410円(3年目以降は934円)
 ・データ定額30・・・2,000円(3年目以降は934円)
となります。

こちらも最大スマホ10台まで割引が受けられますから、
一般的な家庭であればドコモ光とドコモ光のセット割でも、So-net光とauスマホとの
セット割でも割引額は同じぐらいになる可能性が高いですね。

現状auスマホを使っているのであれば、セット割が使えなくなるので、
ドコモ光に事業者変更するのはお得ではありません。

しかしドコモスマホを使っているなら、
光コラボ自体の料金も安くなる上にスマホとのセット割も使えるようになるわけですから、
ドコモ光に事業者変更した方がお得と言うよりしないと損と言っても良いぐらいですよ。

-ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.