ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

NURO光からドコモ光に乗り換えるには?

投稿日:

2019年7月から「事業者変更」が開始となり、
いよいよ光回線の乗り換えが活発になりそうな様相を呈してきています。

しかしいざ光回線を乗り換えるとなると
 ・どんな手続きが必要なのか
 ・費用はいくらぐらいかかるのか
など分からないことも多いと思います。

そこで世界最速を自認する「NURO光」からドコモスマホとのセット割で高い人気を誇る
「ドコモ光」への乗り換えについて、手続き方法や費用などを詳しく見ていきましょう。

NURO光からドコモ光に乗り換えるには

NURO光からドコモ光に乗り換えるには、
NURO光を解約してドコモ光を新規契約するという通常の乗り換え手続きが必要です。

ドコモ光の開通工事は当然行われますし、
場合によってはNURO光の撤去工事もすることになるかもしれません。

ドコモ光の開通工事を行うわけですから、
申し込んですぐにドコモ光が使えるようになるわけもなく、
NURO光からドコモ光に切り替わるまでに下手をすると1か月以上かかります。

NURO光の撤去工事が必要となると、ドコモ光の開通工事と合わせて
2回分の工事費を払うことになり、費用も嵩んでしまいます。

さらにNURO光の解約とドコモ光の開通工事のタイミングを上手く合わせないと、
自宅で光回線が使えない期間や二重に料金を払う期間ができてしまうこともあります。

ですからNURO光からドコモ光への乗り換えには、手間もお金も時間もかかるんですね。

ドコモ光に申し込んでからNURO光を解約する

NURO光からドコモ光へ乗り換える手順としては、まず乗り換え先であるドコモ光で
新規申込をしてからNURO光を解約することになります。

NURO光を先に解約すると、
ドコモ光が開通するまで自宅で光回線が使えなくなってしまいます。

ですから先にドコモ光を申し込んで開通工事日を決めておき、
その開通工事日に合わせる形でNURO光を解約しないといけないんですね。

ドコモ光の申し込みは
 ・ドコモ光公式サイト
 ・ドコモショップ
 ・ドコモインフォメーションセンター
  (一般電話からは「0120-800-000」、ドコモスマホからは局番無し「151」)
 ・プロバイダや代理店のサイト
などで受け付けています。

NURO光の解約には、NURO光のみ解約しプロバイダである「So-net」は
継続利用する「解約」と、NURO光もSo-netも解約する「退会」の2種類があります。

ちなみにドコモ光の指定プロバイダにSo-netは含まれていないので、NURO光から
ドコモ光に乗り換える場合は、基本的にNURO光は「退会」することになります。

解約の場合は電話(0120-65-3810)のみ、
退会の場合はSo-netのマイページからでも手続きができますよ。

乗り換えのタイミングが合わないと・・・

NURO光からドコモ光に乗り換える際には、
NURO光の解約とドコモ光の開通のタイミングを上手く合わせることが重要となります。

NURO光を解約するタイミングが早すぎると、
自宅で光回線が使えない期間が数週間にも及ぶ恐れがあります。

反対にNURO光の解約が遅すぎると、僅かな間ではありますが、
NURO光とドコモ光の両方の料金を払わないといけない期間が生まれてしまいます。

なので先にドコモ光で申し込みをして開通工事日を決めており、その開通工事日を
含めた2~3日の間にNURO光を解約するようにしないといけないわけです。

ドコモ光の開通工事日と上手くタイミングが合わせられるように、
NURO光で解約手続きを行ってから実際に解約できるまで何日ぐらいかかるのか
事前に確認しておいた方が良いですね。

ONUはNURO光に返却

NURO光に限らず光回線を開通すると、「ONU」という機器が宅内に設置されます。

このONUは、光信号とデジタル信号を相互に変換する機能を持っていて光回線で
インターネットを使うのに必須の機器ですが、回線事業者からレンタルしています。

なのでNURO光からドコモ光に乗り換える場合には、NURO光で使っていたONUは
NURO光に返却、ドコモ光で新たにONUをレンタルすることになります。

ONUの返却は郵送という光回線事業者も少なくありませんが、
NURO光では解約確定の4日後以降に業者がONUを引き取りに来てくれます。

ですからNURO光で解約手続きを行っても、すぐにONUは郵送などで返却せずに、
業者が引き取りに来るまで保管しておきましょう。

留守で業者にONUが引き渡せなかったなど、NURO光を解約したのにONUを
返却しない場合は11,000円の補償金が請求されてしまいます。

ONU本体だけでなく
 ・電源アダプタ
 ・LANケーブル
 ・ユーザーガイド(説明書)
なども返却物に含まれているので、何1つ欠けることなく返さないといけませんよ。

NURO光からドコモ光に「転用」や「事業者変更」はできない

2019年7月から「事業者変更」による乗り換えができるようになりましたが、
回線工事が不要など転用や事業者変更では手軽に光回線を乗り換えられます。

ではNURO光からドコモ光に、
転用や事業者変更で乗り換えることはできないのでしょうか?

2019年7月から始まった事業者変更は、
「光コラボレーションから別の光コラボレーション」あるいは
「光コラボレーションからフレッツ光」に乗り換える際に利用できる制度です。

事業者変更より以前の2015年からできるようになった「転用」は、
「フレッツ光から光コラボレーション」に乗り換える場合の制度です。

乗り換え先でドコモ光は光コラボレーションですから、
転用や事業者変更の対象ではあります。

しかし乗り換え元であるNURO光は、自社回線を使った光回線で、
光コラボレーションでもなければ当然フレッツ光でもありません。

ですからNURO光からドコモ光へ、反対にドコモ光からNURO光へも転用や
事業者変更で乗り換えることはできないんですね。

NURO光だけでなく
 ・auひかり
 ・コミュファ光、eo光などの電力会社系光回線
も転用や事業者変更での乗り換えはできません。

NURO光からドコモ光に乗り換えるのに何日かかる?

NURO光からドコモ光に乗り換えるとして、手続きを行ってから実際にドコモ光が
使えるようになるまで何日ぐらいかかるのか気になるところですよね。

ドコモ光を申し込むと、まず回線事業者であるNTTでの住所登録とプロバイダでの
ユーザー登録が行われます。

この2つの登録が完了するまで大体1週間ぐらいかかり、
登録が完了するとドコモ光の開通工事の日程調整が行われます。

日程調整から開通工事実施まで早ければ1週間ぐらいですから、
最短なら申し込んでから2週間でドコモ光が使えるようになります。

ただ住所登録や工事業者の手配が「ユーザー→ドコモ光→NTT」といった具合に、
常にドコモ光を介して行われるので、さらに1~2週間余分にかかる恐れがあります。

ですからNURO光からドコモ光へ乗り換えるのには、
3週間から1か月ぐらいはかかると思っておいた方が良いかもしれませんね。

NURO光からドコモ光への乗り換えにかかる費用

NURO光からドコモ光への乗り換えにかかる日数も気になりますが、
乗り換え費用がいくらかかるのかも気になりますよね。

乗り換え費用が高額になるようだと、
乗り換え先や乗り換え自体を考え直さないといけなくなります。

NURO光からドコモ光への乗り換えで発生する主な費用としては
 ・NURO光の違約金
 ・ドコモ光の開通工事費
 ・ドコモ光の契約事務手数料
などが挙げられます。

NURO光は自動更新タイプの2年契約ですから、
2年に1度の更新月以外の解約では9,500円の違約金が発生します。

ドコモ光の開通工事費は
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
で、これに3,000円の契約事務手数料が加わります。

NURO光で違約金が発生していなければ
 ・戸建て・・・21,000円
 ・集合住宅・・・18,000円
で済みますが、違約金が発生していると
 ・戸建て・・・30,500円
 ・集合住宅・・・27,500円
の費用を払うことになります。

NURO光の開通工事費の支払いが終わっていないと精算しないとダメ

NURO光の開通には40,000円の工事費がかかり、
その工事費は30回分割で支払うことになっています。

もしドコモ光へ乗り換える時点で、NURO光の開通工事費の分割払いが
残っている場合には一括で精算しければいけません。

違約金に加えて工事費の精算まで必要となると、ドコモ光への乗り換え費用が
35,000~40,000円ほどに跳ね上がってしまう恐れもあります。

違約金と工事費の精算の有無が乗り換え費用で大きな割合を占めますから、
乗り換え費用を抑えるのであれば、違約金も工事費の精算も無い状態でドコモ光へ
乗り換えたいところです。

ただNURO光の契約期間は2年で、工事費の分割払いは30回(30か月)ですから、
最低4年はNURO光を使っていないと違約金も工事費の精算も無しに解約することが
できないんですね。

NURO光からドコモ光への乗り換え費用の負担を軽くするには

普通にNURO光からドコモ光に乗り換えるだけなら、更新月や工事費の支払いが
終わるのを待って手続きを行うことで乗り換え費用を抑えることができます。

しかし引っ越しに伴う乗り換えなどの場合には、
更新月や工事費の支払いが終わるのを待っている時間的余裕がありません。

そんなNURO光の違約金や工事費の精算が発生してしまう状況でも、
乗り換え費用負担を軽くする方法はあります。

まずドコモ光では、
事業者変更で10,000円分のdポイントが貰えるキャンペーンが公式に行われています。

さらに独自にキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダや代理店もあります。

こうした独自にキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダや代理店で
ドコモ光を申し込めば、公式のdポイントと独自キャンペーンのキャッシュバックの
両方が貰えちゃうんです。

例えば「GMOとくとくBB」というプロバイダでは、
ドコモ光の申し込みで最大20,000円のキャッシュバックが貰えます。

ですからGMOとくとくBBでドコモ光への事業者変更を申し込めば、公式のdポイントと
独自キャッシュバック合わせて最大30,000円相当が貰えることになるんですね。

NURO光で違約金や工事費の精算が発生すると、ドコモ光への乗り換え費用が
35,000~40,000円ほどになってしまう恐れがあります。

しかしGMOとくとくBBでドコモ光を申し込むことで30,000円相当のdポイントと
キャッシュバックが貰えますから、乗り換え費用を実質5,000~10,000円に抑えることが
できるというわけです。

もしNURO光で違約金も工事費の精算も発生していなければ乗り換え費用は
20,000円前後ですから、dポイントとキャッシュバックで相殺しても10,000円分ほど
余ることになります。

なのでドコモ光への事業者変更は、公式ではなくキャッシュバックが貰えるプロバイダや
代理店で申し込んだほうがお得ってことなんですね。

ひかり電話の電話番号引継ぎに「アナログ戻し」は必要無し

NURO光でひかり電話を使っている場合、
ドコモ光へ乗り換えることで電話番号が変わってしまうんじゃないかと心配ですよね。

携帯電話の普及で固定電話の利用頻度は減っているとは言うものの、金融機関口座の
作成時や保険加入時など色々な場面で固定電話の電話番号を使うことはあります。

それだけに、ひかり電話の電話番号が変わってしまうのであれば、
ドコモ光に乗り換えずにNURO光のままでと考えているかもしれません。

一般的にひかり電話同士では「アナログ戻し」という手続きをしないことには、
電話番号の引き継ぎができないと思われています。

しかし実際には、NURO光からドコモ光への乗り換えの場合、
アナログ戻しをしなくてもひかり電話の電話番号を引き継ぐことができます。

「番号ポータビリティー」というサービスを利用することで、
NURO光のひかり電話からドコモ光のひかり電話へそのまま電話番号が引き継げます。

番号ポータビリティーの手続きはドコモ光が代行してくれるので、
事業者変更の申し込みの際に
 ・ドコモ光でもひかり電話を利用する
 ・NURO光のひかり電話と同じ電話番号を使う
ことをドコモ光側に伝えておくだけでOKです。

ただしNURO光からドコモ光への乗り換えでひかり電話の電話番号を引き継ぐには、
「NTTがアナログ電話用に発行した電話番号」を使っていることが条件となります。

ひかり電話用として発行された電話番号だと、
番号ポータビリティーによる電話番号の引き継ぎができません。

NTTがアナログ電話用に発行した電話番号以外だと後述するアナログ戻しも
できませんから、光回線を乗り換えると必ず電話番号が変わってしまいます。

ちなみにフレッツ光から光コラボレーションへの転用や光コラボレーション同士の
事業者変更では、ひかり電話用に発行された電話番号でも番号ポータビリティーによる
電話番号の引き継ぎが可能です。

「アナログ戻し」ってどんな手続き?

事業者変更が開始されたことで、ひかり電話の電話番号の引き継ぎにアナログ戻しが
必要になるケースはほとんど無くなっています。

とは言え、今後何かの時にアナログ戻しが必要になることもあるかもしれませんから、
アナログ戻しの手続きについて説明しておきます。

アナログ戻しは、文字通りひかり電話をアナログ電話に戻す手続きのことです。

アナログ電話とひかり電話で相互の番号ポータビリティーが可能なことを利用して、
ひかり電話を一旦アナログ電話に戻し、光回線乗り換え後に再度ひかり電話に
切り替えることでひかり電話同士で電話番号の引き継ぐというわけです。

光回線を解約する前に、自宅のある地域を管轄しているNTT東日本ないし
NTT西日本に電話してひかり電話からアナログ電話への電話番号移行の手続きを
行います。
(「アナログ戻しをしたい」で通じる)

この際、自宅のアナログ電話回線の状態によって2,000~12,000円ほどの手数料が
発生します。

後は通常通り光回線の乗り換え手続きを行い、乗り換え先の光回線でひかり電話の
利用とアナログ電話から電話番号を引き継ぐことを伝えておくだけです。

NURO光解約時に撤去工事は必要無い

「auひかり」では解約時に回線の撤去工事が義務付けられていますが、
NURO光では解約時の撤去工事は必須ではありません。

賃貸住宅で、大家さんや管理会社からNURO光解約時には回線を撤去するように
言われている場合は撤去工事を行う必要があります。

しかし持ち家や賃貸住宅でも大家さんや管理会社から何も言われていなければ、
NURO光を解約しても回線はそのまま残しておくことができます。

NURO光の回線を残しておいても意味はありませんが、
撤去工事には10,000円の工事費がかかります。

ドコモ光への乗り換え費用を抑えたい場合は、撤去工事をせずにNURO光の回線を
そのまま残しておくのも1つの方法ですね。

NURO光を撤去しないと、ドコモ光開通時に壁に穴を開けないといけなくなる?

NURO光の撤去工事は必須ではないんですが、そのまま残しておくと、
ドコモ光の開通工事で壁に穴を開けないといけなくなる恐れがあります。

光回線の開通工事では、最寄りの電柱から宅内に光ケーブルを引き込みますが、
その際に固定電話の配線穴やエアコンのダクト穴などを利用して、
極力壁に穴を開けないようにします。

しかしNURO光の回線が残ったままだと、固定電話の配線穴やエアコンのダクト穴に
ドコモ光の光ケーブルを通すだけの物理的なスペースが無いことがあるんですね。

そうすると光ケーブルを宅内に引き込むために壁に穴を開けざるをえない、
ということになるわけです。

持ち家ならともかく、
賃貸住宅だと大家さんや管理会社に壁に穴を開ける許可を貰わないといけません。

大家さんや管理会社は「建物に傷が付く」ことを嫌がりますから、
壁に穴を開ける許可が下りない可能性は十分にあります。

なので必須ではないとは言え、ドコモ光など別の光回線に乗り換えるのであれば、
NURO光の撤去工事は行った方が良いと思いますよ。

NURO光からドコモ光に乗り換えでプロバイダが変わる

NURO光はソニーの系列会社が行っているサービスで、
プロバイダもソニー系列の「So-net」となっています。

ドコモ光は、光コラボレーションとしては珍しくプロバイダが選べるように
なっているんですが、指定プロバイダ24社の中にSo-netの名前はありません。

なのでNURO光からドコモ光へ乗り換えることで、プロバイダも変わることになります。

プロバイダが変わるとプロバイダメールのアドレスも変わるので、
SNSなどのアカウント登録にプロバイダメールのアドレスを使っている場合は、
フリーメールのアドレスに変えておくと良いですね。

So-netをドコモ光のプロバイダにできないこともないが・・・

ドコモ光で「単独プラン」という料金プランを選ぶことで、
指定24社以外からプロバイダを選ぶこともできるようになっています。

なので単独プランを使って、そのままSo-netをプロバイダとしてドコモ光に
乗り換えることもできないことはありません。

ただ単独プランでドコモ光を使うと、
指定24社からプロバイダを選ぶ場合よりも料金が割高になってしまいます。

ですからプロバイダメールのアドレスが変わるとしても、
ドコモ光では指定24社の中からプロバイダを選ぶべきだと思いますよ。

ドコモ光では「v6プラス」対応プロバイダを選ぶ

ドコモ光では、「v6プラス」に対応したプロバイダを選ぶことが重要です。

v6プラスは次世代通信方式の1つで、
従来の通信方式に比べて通信速度が速くなる可能性が高くなっています。

NURO光の最大通信速度は2Gbpsで、ドコモ光の最大通信速度は1Gbpsですから、
単純に言うと、NURO光からドコモ光に乗り換えることで通信速度が遅くなってしまう
可能性が高いんですね。

そこで通信速度が速くなる可能性が高いv6プラス対応のプロバイダを選ぶことで、
体感的には遅くなったように感じさせないようにしようというわけです。

ちなみにドコモ光の指定プロバイダで、
v6プラスやv6プラスと同じ効果を持つサービスに対応しているのは
 ・GMOとくとくBB
 ・BIGLOBE(IPv6オプション)
 ・OCN(v6アルファ)
 ・ANDLINE
 ・IC-net
 ・@nifty
 ・SIS
 ・ぷらら(v6エクスプレス、transix)
 ・ドコモnet(v6アルファ、transix)
 ・タイガースネット
 ・DTI
 ・@TCOM
の12社です。

IPv6接続対応じゃ意味が無い?

ドコモ光の指定プロバイダの中には、「IPv6接続」に対応しているところもあります。

v6プラスはIPv6接続の1つなんですが、単にIPv6接続に対応しているだけでは
通信速度が速くなる効果があまり期待できません。

IPv6接続には
 ・IPv6 PPPoE
 ・IPv6 IPoE
 ・IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6
の3種類があり、この内通信速度が速くなる可能性が高いのは3つ目の
「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」です。

v6プラスはIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6のことですから、
v6プラスに対応していると通信速度が速くなる可能性が高いんですね。

他の2つも従来よりは通信速度が速くなる可能性はあるんですが、
IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6に比べるとそこまで効果が高いとは言えません。

ですからv6プラス対応のプロバイダでないと、NURO光からドコモ光に
乗り換えたことで「通信速度が遅くなった」と感じてしまう恐れがあるんですね。

 


ドコモショップや公式サイトからドコモ光に申し込むと損します!

 

なぜかというと・・

15,000円のキャッシュバックをドブに捨てることになるからです!

 


>>(限定)15,000円キャッシュバックのドコモ光

 

他社の光ギガからドコモ光に事業者変更で乗り換えするなら
GMOとくとくBBというプロバイダのサイトから申し込んだほうがお得になります。

 
もちろんドコモショップやドコモ公式サイトから申し込む場合と同じドコモ光が使えます。
プロバイダがGMOとくとくBBというプロバイダになるだけの違いです。

※ちなみにGMOとくとくBBはドコモ光のタイプAで選択できるプロバイダです。

ドコモショップでのキャンペーンやドコモ公式サイトでのキャンペーン
で宣伝しているdポイントプレゼントはもちろん対象となります。

 

GMOとくとくBBがすごいのは、このようなドコモ公式の特典にプラスして

GMOとくとくBB独自のキャッシュバック(15,000円)がもらえる所です!

 



 

さらに高性能WIFIルーターがずっと無料でレンタルできる独自の特典もあります。

ドコモ光をドコモショップで申し込むのは特典が少なく損しますので、ぜひこちらのサイトから
申し込むことをおすすめします!

 

-ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.