ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Marubeni光からドコモ光への乗り換えは事業者変更で

投稿日:

日本における総合商社の大手「丸紅」のグループ企業「丸紅テレコム」が
提供しているのが「Marubeni光」(旧Mひかり)という光コラボレーションです。

丸紅テレコムは通信サービスの代理店でもありますし、
丸紅ブランドに惹かれてあるいは代理店に勧められるがままに
フレッツ光からMarubeni光に乗り換えたなんてケースも多いかもしれません。

光回線単体ならMarubeni光もお得ですが、通信費全体で考えるとドコモユーザーなら
スマホとのセット割が利用できる「ドコモ光」の方がお得だったりするんですね。

以前は光コラボレーション同士の乗り換えには通常の乗り換え手続きが必要でしたが、
2019年7月からは「事業者変更」で手軽に乗り換えられるようになっています。

そこでMarubeni光からドコモ光へ乗り換える手順や事業者変更にかかる費用、
事業者変更の際に注意することなどを詳しく見ていきたいと思います。

Marubeni光からドコモ光へ事業者変更するには?

これまでMarubeni光からドコモ光へ乗り換えようと思ったら、
Marubeni光を解約してドコモ光を契約しないといけませんでした。

光コラボレーション同士で同じフレッツ光の回線を使うにも関わらず、
Marubeni光で使っている回線とは別にドコモ光用の回線を開通する必要もあります。

それが2019年7月1日からは、光コラボレーション同士は「事業者変更」という形で
乗り換えができるようになっています。

事業者変更は、簡単に言うとフレッツ光からMarubeni光など光コラボレーションへの
「転用」と同じようなシステムでの乗り換えです。

転用ではNTTで「転用承諾番号」を取得、
その承諾番号を使って乗り換え先の光コラボレーションに申し込みますよね。

それと同じで、まずMarubeni光で「事業者変更承諾番号」を取得、
その承諾番号を持ってドコモ光に申し込むことになります。

事業者変更承諾番号の取得については、ホームページに詳しい説明が無いので
問い合わせたところ、電話(0120-152-602)での手続きとなるとのことです。
(ホームページで取得手続きはできない)

Marubeni光で事業者変更承諾番号を取得したら、
それを使ってドコモ光に申し込みを行います。

プロバイダや代理店を通さずに直接ドコモ光に申し込む場合は、
 ・ドコモショップ
 ・電話(0120-800-000、ドコモの携帯電話からは151)
での受付となり、ホームページから申し込むことはできません。

ただし「GMOとくとくBB」のように、プロバイダや代理店によってはネット上から
事業者変更の申し込みができる場合もあります。

ドコモ光に申し込んだら、
事業者側での回線切り替え工事が行われて事業者変更の手続きは完了です。

事業者変更の手続きが完了した時点でMarubeni光は自動的に解約となるので、
別途解約手続きを行う必要はありません。

ただしMarubeni光はプロバイダが別契約なので、
別途プロバイダの解約手続きが必要になる場合もあります。

事業者変更の申し込みから回線の切り替え工事までは、時期にもよると思いますが、
大体2週間程度はかかると思っておいた方が良いですよ。

Marubeni光からドコモ光へ事業者変更するに当たって、プロバイダを変更する場合は
ONUやWi-Fiルーターなどの設定変更も必要となります。

事業者変更にかかる費用は?

光コラボレーション同士の乗り換えが比較的簡単になるとは言え、
事業者変更するのにどれぐらい費用がかかるのは気になりますよね。

手続きの流れはほとんど同じですが、
費用については転用と事業者変更では全く違います。

転用では、転用承諾番号を取得するのに手数料はかかりませんし、
フレッツ光が更新月でなくても違約金が発生しないようになっています。

さらにフレッツ光の開通工事費の分割払いが終わっていない場合は、
転用先の光コラボレーションに引き継がれるので一括精算の必要はありません。

回線を切り替えるのに工事費も発生しませんから、転用では転用先の
光コラボレーションの契約事務手数料ぐらいしか費用がかからないんですね。

ところが事業者変更の場合は、
まず事業者変更承諾番号を取得するのに3,000円の手数料が発生します。

更新月でなければ事業者変更元の光コラボレーションで違約金が発生しますし、
開通工事費の分割払いが終わっていないと一括精算することになります。

なのでMarubeni光からドコモ光への事業者変更の場合は、
Marubeni光が更新月でなければ違約金として
 ・2年契約・・・9,500円
 ・3年、4年契約・・・1~12か月 36,000円
             13~24か月 24,000円
             25~36か月 12,000円
             37か月以降 9,500円
が発生します。

これに事業者変更承諾番号取得の手数料3,000円とドコモ光の契約事務手数料
3,000円、さらに工事費の分割払いが終わっていないとその残債もプラスされます。

Marubeni光が3年ないし4年契約で、契約から1年以内に事業者変更しようものなら
違約金と手数料だけで42,000円もかかってしまうんですね。

Marubeni光はプロバイダが別契約なので、
場合によってはプロバイダの違約金も払うことになります。

事業者変更ではレンタル機器の返却は必須?

光回線を開通すると終端装置である「ONU」が設置されますが、
このONUはレンタル機器でありユーザーが買い取っているわけではありません。

ですから光回線を解約した場合には、基本的にはONUはレンタル元である
回線事業者に返却することになります。
(返却しないと違約金が発生する)

この理屈でいくと、ドコモ光へ事業者変更することでMarubeni光は解約になるので、
ONUはMarubeni光に返却しないといけないってことになりますよね。

しかし、光回線サービスの提供元はMarubeni光ですが、Marubeni光で使う
フレッツ光回線の回線事業者はNTTで、ONUもNTTからレンタルしているんですね。

転用や事業者変更では回線はそのままですから、
ONUもNTTに返却する必要は無くドコモ光でもそのまま引き続き使うことができます。

ただし光コラボレーション事業者やプロバイダでWi-Fiルーターなどを
レンタルしている場合は、転用や事業者変更に伴って返却が必要です。

ドコモ光はプロバイダや代理店で申し込むべし

事業者変更でドコモ光に申し込むとなると
 ・ドコモショップ
 ・ドコモインフォメーションセンター(電話)
 ・プロバイダサイト
 ・代理店サイト
などの申し込み先があります。

ドコモショップや電話で申し込んでも良いんですが、新規でも事業者変更でも転用でも
ドコモ光はプロバイダか代理店で申し込んだ方がお得です。

ドコモ光では
 ・新規、事業者変更・・・10,000ポイント
 ・転用・・・5,000ポイント
のdポイントが貰える公式キャンペーンが行われています。

dポイントは1ポイント=1円として加盟のコンビニなどで使えますから、
このキャンペーンでは実質的に5,000円10,000円が貰えるのも同然です。

ただドコモショップや電話で申し込んだ場合には、
公式キャンペーンのdポイントしか貰うことができません。

プロバイダや代理店の中には、公式とは別にキャッシュバックなどが貰える
独自キャンペーンを行っているところがあります。

例えばプロバイダの「GMOとくとくBB」では、有料オプション加入などの条件が
付くものの、最大20,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンを行っています。

こうした独自キャンペーンを行っているプロバイダや代理店でドコモ光を申し込むことで、

公式のdポイントに加えて独自のキャッシュバックも貰ちゃうんです。

ですからGMOとくとくBBでドコモ光の事業者変更を申し込めば、10,000円相当の
dポイントと最大20,000円のキャッシュバックの両方が貰えるというわけです。

先にも書いたようにMarubeni光からドコモ光への乗り換えでは、
数万円の費用がかかることもあります。

プロバイダや代理店のキャンペーンを利用してキャッシュバックを貰うことで、
乗り換えにかかる費用負担が軽くなりますよ。

Marubeni光からドコモ光に乗り換えると料金が高くなる!?

Marubeni光からドコモ光へ事業者変更する際には、
料金が高くなってしまう可能性があるということに注意しないといけません。

Marubeni光の料金は、2年契約だと
 ・戸建て・・・東日本エリア 4,600円
         西日本エリア 4,350円
 ・集合住宅・・・東日本エリア 2,850~3,850円
          西日本エリア 2,700~3,650円
3年ないし4年契約だと
 ・戸建て・・・4,250円
 ・集合住宅・・・2,900円
となっています。

何度も書いているようにMarubeni光はプロバイダが別契約なので、
これに大体1,000円前後のプロバイダ料がプラスされます。

一方ドコモ光の料金は、プロバイダ料込みで
 ・戸建て・・・5,200円又は5,400円
 ・集合住宅・・・4,000円又は4,200円
となります。

Marubeni光を3年契約か4年契約で利用している場合は、ドコモ光に乗り換えることで
戸建てはほとんど変わらず、集合住宅は若干料金が高くなってしまいます。

ドコモのスマホユーザーなら、光回線自体の料金が高くなったとしても、ドコモ光の
乗り換えることでセット割が使えるので通信費全体ではお得なんですけどね。

Marubeni光からドコモ光への事業者変更でプロバイダが変わる?

Marubeni光はフレッツ光と同じようにプロバイダが別契約ですから、
自由にプロバイダを選ぶことができます。

ドコモ光も光コラボレーションの中では珍しくプロバイダが選べるんですが、
基本的に指定の24社から選ぶことになります。

なのでMarubeni光で利用しているプロバイダによっては、
ドコモ光へ事業者変更することでプロバイダも変わってしまうことがあるんですね。

ドコモ光の指定プロバイダには
 ・BIGLOBE
 ・@nifty
 ・OCN
などが含まれていますが、
 ・Yahoo!BB
 ・So-net
など有名どころでも含まれていないところもあります。

また丸紅テレコムのプロバイダサービスである「MarubeniBB」も、
ドコモ光の指定プロバイダには含まれていません。

こうしたドコモ光の指定プロバイダに含まれていないプロバイダを使うことも
できるんですが、料金が割高になってしまうので使うメリットがほとんどありません。

プロバイダが変わると、先にも書いたように事業者変更に伴ってONUや
Wi-Fiルーターといった機器の設定変更が必要となります。

またプロバイダのメールサービスが使えなくなるので、
プロバイダメールのアドレスが変わってしまいます。

最近はLINEやSNSが主流でメールを使うこと自体が減っており、
メールを使うにして「Gmail」などのフリーメールを使うことが多くなっています。

ただSNSやフリーメールなどの登録にプロバイダメールのアドレスを使っていることが
あるので、プロバイダメールのアドレスが変わることでSNSなどの登録内容も
変更することになります。

ひかり電話を使っている場合は事業者変更で電話番号も変わる?

光回線だけでなく、
自宅の固定電話をMarubeni光のひかり電話にしているケースも少なくないと思います。

ひかり電話はアナログ電話に比べて基本料金も通話料も安いので、
ドコモ光への事業者変更後も引き続き使いたいところです。

しかしひかり電話を利用している場合、
光回線の乗り換えに伴って「アナログ戻し」という手続きをしないことには
電話番号の引き継ぎができないと一般的に言われています。

光回線を乗り換える前にひかり電話を一旦NTTのアナログ電話に戻しておき、
光回線乗り換え後に再度ひかり電話に切り替えるのが「アナログ戻し」です。

光回線の乗り換えでは、アナログ戻しをしないとひかり電話の電話番号が
変わってしまうケースもあることは確かです。

しかしMarubeni光からドコモ光のように光コラボレーション同士の事業者変更では、
アナログ戻しをしなくても、そのままでひかり電話の電話番号は引き継げます。

アナログ電話用にNTTが発番した番号だけでなく、ひかり電話用に発番された
電話番号を使っている場合でもそのままで引き継ぎ可能です。

ただし、Marubeni光にはありませんが、「ソフトバンク光」の「ホワイト光電話」などの
ように光コラボレーション事業者が独自に行っているひかり電話サービスを
使っている場合は、電話番号の引き継ぎができないことがあります。

ひかり電話の電話番号の引き継ぎは条件などが非常にややこしいので、
事業者変更する前にNTTやMarubeni光、ドコモ光でどういった手続きが必要か
確認しておいた方が良いですよ。

-ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.