ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

eo光からドコモ光への乗り換えには高額な費用がかかる!?

投稿日:

光コラボレーションが始まる以前は光回線の選択肢が少なく、関西在住だと
フレッツ光より料金の安い「eo光」を選ぶというケースも少なくありませんでした。

しかし光コラボレーションが始まり、
スマホとのセット割が利用できるということでeo光から「ドコモ光」への乗り換えを
検討しているドコモユーザーも多いんじゃないでしょうか。

ただeo光からドコモ光への乗り換えは、フレッツ光からドコモ光など
光コラボレーションへの「転用」のように手軽にはできません。

なのでなかなか踏ん切りがつかずに、光コラボレーション開始から数年が
経過した現在でも乗り換えずにeo光を使い続けているなんてこともあると思います。

そこでeo光からドコモ光への乗り換え手順と、乗り換えを検討する際や
実際に乗り換える際に注意すべきことなどについて詳しく見ていきましょう。

eo光からドコモ光へは「転用」や「事業者変更」での乗り換えはできない

フレッツ光からドコモ光など光コラボレーションへの乗り換えは「転用」という形で、
比較的手軽にできるようになっています。

また2019年7月1日からは、光コラボレーション同士あるいは光コラボレーションから
フレッツ光への乗り換えも「事業者変更」で手軽にできるようになりました。

転用や事業者変更では、光ケーブルや光回線の終端装置であるONUなどの機器が
乗り換え後もそのまま使えます。

作業員が来て作業するような大掛かりな工事が不要なので、
手間もお金も時間もかけずに光回線の乗り換えができるんですね。

しかしeo光からドコモ光への乗り換えは転用や事業者変更というわけにはいきません。

転用や事業者変更は、
あくまで「同じフレッツ光の回線を使う事業者」間での乗り換えに限られたシステムです。

eo光は関西電力のサービスであり、
フレッツ光とは関係の無い独自の光ケーブルを使っています。

eo光のケーブルをドコモ光で使うことはできませんから、
eo光からドコモ光への乗り換えでは通常の乗り換え手続きが必要になるんですね。

eo光からドコモ光に乗り換えるには?

eo光からドコモ光に乗り換えるのであれば、eo光を解約して回線を撤去、
ドコモ光を契約して回線を開通という通常の乗り換え手続きが必要です。

ただ実際に乗り換え手続きを行う際には、「eo光解約→ドコモ光契約」の順ではなく、
「ドコモ光契約→eo光解約」の方が良いと思います。

eo光を開通した時のことを思い出すと分かりますが、
光回線って申し込んでから開通するまで日数がかかるんですよね。

ドコモ光はeo光より早く開通できる可能性がありますが、
それでも3週間から1か月ぐらいは見ておかないといけません。

ですからeo光を先に解約すると、ドコモ光が開通するまで3週間から1か月も
自宅で光回線が使えないことになってしまいます。

そこで先にドコモ光を契約して、ドコモ光が開通する前後にeo光を解約することで
自宅で光回線が使えない期間を無くすことができるわけです。

eo光からドコモ光への乗り換えにかかる費用は?

eo光からドコモ光へは通常の乗り換え手続きが必要なのは仕方ないとして、
乗り換えにはどのぐらいの費用がかかるのでしょうか?

eo光からドコモ光へ乗り換える際にかかる費用としては
 ・eo光の違約金
 ・eo光の撤去費用
 ・ドコモ光の契約事務手数料
 ・ドコモ光の開通工事費
などが挙げられます。

まずeo光の解約に伴って発生する違約金ですが、
eo光では1年間の最低利用期間が設けられています。

なので契約から1年以内に解約した場合には
 ・2018年4月1日以前の契約・・・27,000円
 ・2018年4月2日以降の契約・・・12,000円
の違約金が発生します。

さらに
 ・即割
 ・長割
という2つの割引サービスがあり、それぞれにも違約金が設定されています。

即割は利用開始から2年間の割引で、
 ・2018年4月1日以前の契約・・・1年未満 28,704円
                      1年以上2年未満 14,064円
 ・2018年4月2日以降の契約・・・1年未満 12,000円
                      1年以上2年未満 6,000円
の違約金を払わないといけません。

長割は即割が終了する3年目以降から適用される割引で、3年区切りとなっており、
その3年の内に解約すると
 ・残余期間36~25か月・・・5,658円
 ・残余期間24~13か月・・・3,772年
 ・残余期間12~1か月・・・1,886円
の違約金となります。

それからeo光の回線を撤去する工事費が10,000円ですから、
eo光の解約に最大で38,704円かかることになります。
(撤去工事は必須ではない)

これにドコモ光の契約事務手数料が3,000円、開通工事費が
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
プラスされるので、eo光からドコモ光へ乗り換えるのに
場合によっては60,000円近くかかってしまうことになります。

さらにeo光を開通した際の工事費(27,000円)の分割払いが残っているのであれば、
それも乗り換え時に精算することになります。

プロバイダや代理店でドコモ光を申し込んだ方が良い?

ドコモ光は
 ・ドコモ光公式サイト
 ・ドコモショップ
 ・ドコモインフォメーションセンター(電話)
という公式の申し込み先に加えて
 ・ドコモ光のプロバイダサイト
 ・代理店サイト
でも申し込むことができるようになっています。

公式の申し込み先の方が何となく良さげに感じるかもしれませんが、
ドコモ光はプロバイダや代理店で申し込む方がお得です。

ドコモ光では新規申込で10,000円相当のdポイントが貰えるキャンペーンが行われて
いますが、公式サイトなど公式の申し込み先ではこのdポイントしか貰えません。

プロバイダや代理店では公式キャンペーンとは別に独自のキャンペーンを行っている
ことがあり、公式のdポイントにプラスしてキャッシュバックが貰えることがあります。

例えばドコモ光のプロバイダである「GMOとくとくBB」では、
最大20,000円のキャッシュバックが貰える独自キャンペーンが行われています。

なのでGMOとくとくBBのサイトで申し込むと、公式のdポイントと独自キャンペーンの
キャッシュバック合わせて最大30,000円相当が貰えることになるんですね。

先にも書いたように、
eo光からドコモ光への乗り換えでは60,000円ほどの費用がかかる恐れがあります。

キャッシュバックが貰えるプロバイダや代理店でドコモ光を申し込むことで、
乗り換えかかる費用負担を軽くしようというわけです。

eo光の解約は電話で

ドコモ光への乗り換えでは当然eo光を解約するわけですが、
eo光では解約手続きは電話でしか受け付けていません。

オプションサービスの解約については公式サイトのマイページからでもできるんですが、
eo光自体の解約は
 ・eo光電話、LaLaCallから・・・1518
 ・固定電話、携帯電話から・・・0120-919-151
 ・IP電話などから・・・050-7105-6333
のいずれかの番号へ電話をかけることになります。

解約の手続きでは登録内容を確認されるので、eo光を契約した際に送られてきた
「登録証」を用意しておくと手続きがスムーズですよ。

eo光からドコモ光への乗り換えで注意すべきことは?

eo光からドコモ光へ乗り換える際にもっとも注意しないといけないのは「料金」です。

ドコモ光への乗り換えはスマホとのセット割が目当てとは言え、
光回線自体の料金が高くなってしまうとお得感が半減してしまいます。

まずeo光の料金ですが、
 ・戸建て・・・4,953円
 ・集合住宅(VDSL方式)・・・モデム買取 3,124円
                   モデムレンタル 3,524円
となります。

一方ドコモ光の料金は
 ・戸建て・・・5,200円又は5,400円
 ・集合住宅・・・4,000円又は4,200円
です。

eo光からドコモ光へ乗り換えることで、戸建てで月200~400円程度、
集合住宅だと月500~1,000円ほど料金が高くなってしまいます。

ただ集合住宅の場合、建物が採用している配線方式によっては
eo光とドコモ光の料金差がもう少し小さくなるかもしれません。

ドコモスマホとのセット割を含めた通信費全体で考えると、
eo光からドコモ光に乗り換えた方が断然お得です。

しかし光回線単体で考えると、わざわざ高い乗り換え費用を払って料金の高い
光回線に乗り換えることになってしまいますね。

eo光からドコモ光へ乗り換えるではプロバイダが変わる

eo光はプロバイダ一体型の光回線であり、
プロバイダサービスだけを利用するといったことはできません。

eo光からドコモ光に乗り換えることでプロバイダが変わるので、
eo光のメールサービスが利用できなくなり、プロバイダメールのアドレスが
変わってしまいます。

最近はLINEやSNSの普及でメールを使うことが減っており、メールを使うにしても
「Gmail」などのフリーメールを利用することが多くなっています。

とは言え、そのSNSやフリーメールのアカウント登録にプロバイダメールのアドレスを
使っていることもあると思います。

SNSなどのアカウント登録にプロバイダメールのアドレスを使っている場合は、
eo光からドコモ光に乗り換える前に登録情報を変更しておかないと、
アカウントが使えなくなってしまうかもしれませんよ。

BIGLOBEなど多くのプロバイダでは、
月200~300円ほど払うことでメールサービスのみ使うことができたりします。

しかしeo光では、
いくらか料金を払ってメールサービスだけ使うことはできなくなっています。

eo光からドコモ光への乗り換えでひかり電話はどうなる?

アナログ電話より基本料金や通話料が安いということで、
自宅の固定電話としてeo光のひかり電話を使っているケースも多いと思います。

ドコモ光にもひかり電話サービスはあるので、
eo光からドコモ光に乗り換えても引き続きひかり電話を利用することはできます。

ただ、ドコモ光でもひかり電話が使えるのは良いとして、
問題は電話番号が引き継げるかどうかですよね。

一般的に光回線の乗り換えでは、「アナログ戻し」という手続きを行わないと
ひかり電話の電話番号が引き継げないと言われています。

確かにアナログ戻しが必要なケースも多いんですが、eo光からドコモ光への
乗り換えではアナログ戻しをしなくてもひかり電話の電話番号が引き継げます。

eo光に限らずauひかりやNURO光などから乗り換える場合でも、
「番号ポータビリティー」によってひかり電話の引き継ぎができるようになっています。

ドコモ光を申し込む際にひかり電話の電話番号を引き継ぎたいと伝えておけば、
番号ポータビリティーの手続きはドコモ光が代行してくれますよ。

ただし番号ポータビリティーが可能なのは、eo光のひかり電話で
「NTTがアナログ電話用に発番した電話番号」を使っている場合のみです。

eo光がひかり電話用に発番した電話番号を使っている場合は、
番号ポータビリティーによる引き継ぎができません。

ひかり電話用の電話番号はアナログ戻しもできないので、
ひかり電話用の電話番号を使っている場合は
光回線を乗り換えるとひかり電話の電話番号が変わってしまいます。

ひかり電話の電話番号引き継ぎについては条件がややこしいので、
乗り換えの検討段階でNTTやeo光、ドコモ光に確認した方が良いですね。

 


ドコモショップや公式サイトからドコモ光に申し込むと損します!

 

なぜかというと・・

15,000円のキャッシュバックをドブに捨てることになるからです!

 


>>(限定)15,000円キャッシュバックのドコモ光

 

他社の光コラボからドコモ光に事業者変更で乗り換えするなら
GMOとくとくBBというプロバイダのサイトから申し込んだほうがお得になります。

 
もちろんドコモショップやドコモ公式サイトから申し込む場合と同じドコモ光が使えます。
プロバイダがGMOとくとくBBというプロバイダになるだけの違いです。

※ちなみにこのプロバイダはドコモ光のタイプAで選択できるプロバイダです。

ドコモショップでのキャンペーンやドコモ公式サイトでのキャンペーン
で宣伝しているdポイントプレゼントはもちろん対象となります。

 

このプロバイダがすごいのは、このようなドコモ公式の特典にプラスして

独自のキャッシュバック(15,000円)がもらえる所です!

 



 

さらに高性能WIFIルーターがずっと無料でレンタルできる独自の特典もあります。

ドコモ光をドコモショップで申し込むのは特典が少なく損しますので、ぜひこちらのサイトから
申し込むことをおすすめします!

 

-ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.