ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

フレッツ光からドコモ光への乗り換えは手間もお金もかからない

投稿日:

光コラボレーションが開始となってから数年が経過しますが、
現状でもドコモ光に乗り換えずにフレッツ光を使っているドコモユーザーも多いと
思います。

何か目的や理由があってフレッツ光を使っているなら何の問題も無いんですが、
「乗り換えるのが面倒」というだけでドコモ光に乗り換えないのは勿体ないですよ。

フレッツ光からドコモ光などの光コラボレーションへの乗り換えは、
通常の光回線の乗り換えほど手間もお金もかからないんです。

そこでフレッツ光からドコモ光へ乗り換える手順を詳しく見るとともに、
ドコモ光に乗り換えることで生じるメリットやデメリットも紹介していきましょう。

フレッツ光からドコモ光へは「転用」で工事不要?

ドコモ光などの光コラボレーションは、独自の回線を持たずにNTTからフレッツ光の
回線を借りる形で通信サービスを提供しています。

通常の光回線の乗り換えだと、乗り換え元の事業者を解約して回線を撤去、
乗り換え先の事業者と契約して回線を開通させないといけません。

回線の撤去・開通にはそれぞれ工事が必要で、当然工事費も発生します。

また乗り換え元の解約・撤去と乗り換え先の契約・開通のタイミングを
上手く合わせないと、光回線が使えない期間や料金を二重に払う期間が生じたりします。

しかしフレッツ光からドコモ光など光コラボレーションへの乗り換えは「転用」で、
特別に手軽に乗り換えられるようになっています。

宅内に引き込まれた光ケーブルをそのまま使うので、
転用に伴う回線の撤去や開通といった作業員が来るような工事が必要ありません。

光回線の乗り換えでネックになるのが
 ・申し込みから開通工事までの期間
 ・工事への立ち合い
 ・工事にかかる費用
などです。

フレッツ光からドコモ光への転用では作業員が来ての工事は行われないので、
通常の乗り換え手続きに比べると開通までにかかる日数が短いんですね。

宅内での作業が行われませんから立ち合いももちろん不要ですし、転用でも
多少費用は発生するものの通常の乗り換えに比べるとはるかに安く済ませられます。

フレッツ光からドコモ光に転用するには?

フレッツ光からドコモ光への乗り換えは転用で手軽にできますが、
単にフレッツ光を解約してドコモ光に申し込むだけでは転用になりません。

フレッツ光からドコモ光に転用で乗り換えるには、まずフレッツ光の事業者である
NTTで「転用承諾番号」を取得しないといけません。

ちなみに、新潟県・長野県・山梨県・神奈川県以東が「NTT東日本」、
富山県・岐阜県・愛知県・静岡県以西が「NTT西日本」となります。

NTT東日本・西日本のホームページで転用承諾番号の取得申し込みができますし、
 ・NTT東日本・・・0120-140-202
 ・NTT西日本・・・0120-553-104
への電話でも転用承諾番号発行を受け付けています。

転用承諾番号を取得したら、それを使ってドコモ光に申し込みます。

ドコモ光は
 ・ドコモ光のホームページ
 ・ドコモショップ
 ・ドコモインフォメーションセンター(0120-800-000、ドコモの携帯電話からは151)
 ・ドコモ光のプロバイダサイト
 ・代理店サイト
などで申し込みを受け付けています。

申し込み先によって、
ドコモ光の料金や基本的なサービス内容が変わることはありません。

ドコモ光への申し込みが済んだら、あとはフレッツ光とドコモ光との間で回線の
切り替え工事が行われて転用が完了となります。

申し込んでもすぐに回線が切り替わるわけではなく、
切り替え工事が実施されるまで1~2週間はかかります。

通常の乗り換えでは、乗り換え先の光回線が使えるようになるまで
1か月以上かかることもあるので、それに比べるとかなり早いですね。

また回線が切り替わった段階でフレッツ光は自動的に解約となるので、
別途NTTでフレッツ光の解約手続きを行う必要はありません。
(プロバイダは解約手続きが必要な場合がある)

転用に伴ってプロバイダを変更する場合には、
ONUやWi-Fiルーターなどの機器の設定も必要です。
(プロバイダが同じなら不要)

転用承諾番号取得に必要なものは?

転用承諾番号を取得する際に、
NTT東日本とNTT西日本では必要なものが若干違っています。

NTT東日本で転用承諾番号を取得する場合
 ・フレッツ光のお客さまID、またはひかり電話番号
 ・フレッツ光の契約者名
 ・フレッツ光の利用住所
 ・フレッツ光の料金支払い方法
などが必要です。

NTT西日本の場合は
 ・フレッツ光のお客様ID、回線ID、またはひかり電話番号
 ・フレッツ光の契約者名
 ・フレッツ光の利用住所
 ・メールアドレス(転用承諾番号受け取り用)
 ・フレッツ光の料金支払い方法
などが必要となっています。

ちなみに「お客さまID」や「回線ID」は、
フレッツ光の契約時に送られてくる「開通のご案内」という書類に記載されています。

書類がどこにあるかわからないなど、万が一お客さまIDや回線IDが
確認できない場合でも転用承諾番号を取得できないわけではありません。

ホームページからの取得は難しいですが、
電話であればお客さまIDや回線IDが分からなくても契約者本人であることが
確認できれば転用承諾番号を発行してもらえます。

転用承諾番号の有効期限は15日間

転用承諾番号には15日間の有効期限があり、
取得から15日以上経った転用承諾番号は無効となります。

前もって転用承諾番号を取得しておいて、それから乗り換え先の光コラボレーションを
検討するようでは有効期限が過ぎてしまう可能性が大です。

なので乗り換え先をしっかりと決めてから、
転用承諾番号を取得するようにした方が良いですね。

ちなみに、転用承諾番号は1回しか取得できないわけではありませんから、
無効になった場合でも再度取得することはできます。

また転用承諾番号が取得できるのはフレッツ光の契約者本人だけで、
乗り換え先のドコモ光やプロバイダ、代理店に代行してもらうことはできません。

フレッツ光からドコモ光への転用にかかる費用は?

フレッツ光からドコモ光への乗り換えが転用で手軽にできると言っても、
実際転用するのにいくらぐらいの費用がかかるのか気になりますよね。

転用にかかる費用は、基本的にドコモ光の契約事務手数料である3,000円だけです。

フレッツ光とドコモ光の間で回線の切り替え工事は行われるんですが、
転用の場合はこの工事費用は発生しないようになっています。

またフレッツ光を2年や3年といった長期利用契約している場合で、
更新月以外に転用したとしてもフレッツ光の違約金は発生しません。

さらにフレッツ光の開通工事費を分割払いしており、
その支払いが終わっていなくても転用時に精算する必要も無いんです。

とは言え工事費を支払わなくて良いわけではなく、
乗り換え先であるドコモ光で支払うことになります。

ちなみにNTTで転用承諾番号を取得するのにも、手数料は要りません。

ただしドコモ光への転用に伴って、新規でひかり電話や光テレビを申し込む場合には
 ・ひかり電話・・・9,000円
 ・光テレビ・・・3,000円
の工事費が発生します。

また転用に伴ってプロバイダを変更する場合、
フレッツ光で利用しているプロバイダによっては違約金を請求されるかもしれません。

通常の光回線の乗り換えでは、
 ・乗り換え元・・・違約金、撤去工事費、開通工事費の残債の精算
 ・乗り換え先・・・契約事務手数料、開通工事費
など合わせて数万円かかることもあります。

それが転用だと3,000円で済むわけですから、
ほとんど負担なしで光回線の乗り換えができるんですね。

フレッツ光からドコモ光に乗り換えるメリットは?

フレッツ光からドコモ光へ転用するメリットと言えば、
何と言っても「ドコモスマホとのセット割」が利用できるようになることです。

ドコモ光とドコモスマホとのセット割では、
ドコモスマホで利用している料金プランによって割引額が変わります。

新しい料金プランである「ギガホ」「ギガライト」だと、
 ・ギガホ・・・1,000円
 ・ギガライト・・・ステップ4(~7GB)1,000円
          ステップ3(~5GB)1,000円
          ステップ2(~3GB)500円
の割引が受けられます。

しかも「ファミリー割引グループ」や「シェアグループ」でドコモスマホを利用している場合、
グループ内全てのスマホで料金プランに応じた割引が受けられるんです。

ですから4人家族で全員がギガホもしくはギガライトのステップ3以上を利用していると、
合計で月4,000円の割引が受けられるということです。

セット割が受けられるスマホの台数に制限はありませんし、離れた家族とグループを
組むこともできるので、上手く利用することで大幅な割引が見込めますよ。

旧プランである
 ・ベーシックパック
 ・ウルトラパック
 ・ベーシックシェアパック
 ・ウルトラシェアパック
を利用している場合は、
割引対象はスマホ1台のみですが最大で月3,500円の割引となります。

ドコモユーザーなら月数千円の割引が受けられる可能性があるわけですから、
ドコモ光に乗り換えないと損と言っても良いぐらいじゃないでしょうか。

ドコモ光への転用で特典が貰える

ドコモ光では、フレッツ光から転用すると5,000円分のdポイントが貰える
キャンペーンが行われています。

プロバイダや代理店でお得なキャンペーンが行われていることはありますが、
公式で現金代わりのポイントが貰えるキャンペーンが行われているのは珍しいですね。

さらにドコモ光のプロバイダや代理店でも独自のキャンペーンが行われており、
こうしたプロバイダや代理店でドコモ光を申し込めば両方の特典を貰うことができます。

例えばドコモ光のプロバイダである「GMOとくとくBB」では、新規申込・転用に関わらず、
最大20,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンが行われています。

なのでGMOとくとくBBのサイトでドコモ光への転用を申し込めば、
公式のdポイントとGMOとくとくBBのキャッシュバック合わせて
最大25,000円相当が貰えるというわけです。

通常の乗り換えだとキャッシュバックなどは乗り換え費用で相殺されてしまいますが、
転用だと費用がほとんどかからないので特典のキャッシュバックやdポイントは
好きなように使えるんですね。

ドコモ光だとプロバイダを変えずに転用することも可能

光コラボレーションは利用できるプロバイダが決まっており、フレッツ光からの転用に
伴ってプロバイダも変えざるをえないということも少なくありません。

例えばソフトバンクスマホとのセット割が利用できる「ソフトバンク光」のプロバイダは、
ソフトバンクのみとなっています。

ですからフレッツ光でBIGLOBEやSo-netなどをプロバイダとして使っていると、
ソフトバンク光への転用に伴ってプロバイダも変更せざるをえないわけです。

プロバイダを変更すると違約金が発生する恐れもありますし、
プロバイダメールのアドレスが変わったり、転用後にONUやWi-Fiルーターなどの
設定を変更しないといけないなど少し面倒なこともあります。

その点ドコモ光は、
光コラボレーションにしては珍しくプロバイダが選べるようになっています。

ドコモ光では全24社からプロバイダが選べ、その中には
 ・BIGLOBE
 ・@nifty
 ・OCN
などの有名どころも含まれているので、
フレッツ光からの転用でもプロバイダを変えずに済む可能性が高いんですね。

また「単独プラン」で、フレッツ光と同じように回線とプロバイダの契約を分けることで、
指定の24社以外のプロバイダを使うこともできます。

「Yahoo!BB」や「So-net」はドコモ光の指定プロバイダではありませんが、
単独プランにすることでYahoo!BBやSo-netをプロバイダとして選ぶことも可能です。

ただし単独プランだと指定の24社を選ぶ場合よりも料金が割高になってしまうので、
正直なところあまりオススメできません。

フレッツ光からドコモ光へ転用することで料金が高くなる!?

一般的に、フレッツ光から光コラボレーションへ転用すると「光回線の料金が安くなる」
と言われています。

確かに料金が安くなるケースも多いんですが、
反対に転用することで料金が高くなってしまうこともあるんです。

フレッツ光の料金は、NTT東日本の場合
 ・戸建て・・・4,600円
 ・集合住宅・・・4契約以上 4,250円
          8契約以上 3,650円
          16契約以上 3,250円
NTT西日本だと
 ・戸建て・・・4,300円
 ・集合住宅・・・6契約以上 3,950円
          8契約以上 3,250円
          16契約以上 2,850円
となります。

フレッツ光はプロバイダ料別ですから、これに戸建てだと1,500円前後、
集合住宅だと1,000円前後のプロバイダ料がプラスされます。

対するドコモ光の料金は、プロバイダ料込みで
 ・戸建て・・・5,200円または5,400円
 ・集合住宅・・・4,000円または4,200円
です。

ちなみに戸建て・集合住宅でそれぞれ料金が2種類あるのは、選ぶプロバイダによる
違いだけで、料金の高い方が通信品質やサービス内容が良いわけではありません。

フレッツ光で月500円など料金の安いプロバイダを利用していると、
ドコモ光への転用によって料金が高くなってしまう可能性が高いんですね。

特別安いプロバイダを使っていなくても、
集合住宅だとドコモ光に乗り換えることで料金が高くなるケースがあります。

ドコモのスマホユーザーなら、少々光回線の料金が高くなったとしてもセット割が
適用されることでドコモ光への転用で通信費全体は安くなります。

ただ光回線単体の料金が高くなると少し損した感じにはなりますから、
転用を検討する際には料金の比較もしっかりしておいた方が良いですよ。

 


ドコモショップや公式サイトからドコモ光に申し込むと損します!

 

なぜかというと・・

15,000円のキャッシュバックをドブに捨てることになるからです!

 


>>(限定)15,000円キャッシュバックのドコモ光

 

他社の光ギガからドコモ光に事業者変更で乗り換えするなら
GMOとくとくBBというプロバイダのサイトから申し込んだほうがお得になります。

 
もちろんドコモショップやドコモ公式サイトから申し込む場合と同じドコモ光が使えます。
プロバイダがGMOとくとくBBというプロバイダになるだけの違いです。

※ちなみにGMOとくとくBBはドコモ光のタイプAで選択できるプロバイダです。

ドコモショップでのキャンペーンやドコモ公式サイトでのキャンペーン
で宣伝しているdポイントプレゼントはもちろん対象となります。

 

GMOとくとくBBがすごいのは、このようなドコモ公式の特典にプラスして

GMOとくとくBB独自のキャッシュバック(15,000円)がもらえる所です!

 



 

さらに高性能WIFIルーターがずっと無料でレンタルできる独自の特典もあります。

ドコモ光をドコモショップで申し込むのは特典が少なく損しますので、ぜひこちらのサイトから
申し込むことをおすすめします!

 

-ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.