ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

ADSLからドコモ光への乗り換えは良いことばかりじゃない!?

投稿日:

NTTが2023年、Yahoo!BBが2024年と相次いでADSLサービスが終了する
ということが明らかになっています。

これからADSLユーザーはインターネット回線の乗り換えが迫られるわけですが、
ドコモのスマホを使っているので「ドコモ光」への乗り換えを決めているなんてことも
あると思います。

ただ、これまでずっとADSLを使ってきて初めて光回線を使うという場合には、
乗り換えにはどういう手続きが必要なのかよく分からなかったりしますよね。

また自宅のインターネット回線がADSLがドコモ光に変わることで、
どういったメリットやデメリットがあるのかも気になるんじゃないでしょうか。

そこでADSLからドコモ光へ乗り換える手順やその際に気を付けることを
詳しく見ていきましょう。

ドコモ光を申し込む前に対応エリアを確認

ADSLからドコモ光への乗り換える際には、
ADSLを解約してドコモ光を契約・開通することになります。

とは言え、いきなりADSLを解約したりドコモ光に申し込んだりするのではなく、
まずは自宅がドコモ光の対応エリアに入っているかどうかを確認しないといけません。

ドコモ光は「光コラボレーション」というもので、NTTの光回線である「フレッツ光」の
回線を大手携帯キャリアのドコモが借りるような形で通信サービスを提供しています。

なのでNTTのサイトでフレッツ光の対応エリアを調べ、その対応エリア内に自宅が
入っていればドコモ光も開通できると思って間違いありません。

フレッツ光はほぼ日本全国で使えるようになっているとは言うものの、フレッツ光の
利用に必要な光ケーブルが整備されていない地域も無いわけではないんですね。

ですからADSLを解約したりドコモ光に申し込む前に、
自宅にドコモ光が開通できるかどうかを確認しておくというわけです。

ちなみにNTTの光ケーブルが整備されていない地域では、2023年以降も引き続き
NTTのADSLが使えるのでインターネットが使えなくなる心配はありませんよ。

ADSLのプロバイダをドコモ光に引き継げる?

フレッツ光のエリアマップでドコモ光が利用できることを確認したら、次はADSLで
利用しているプロバイダがドコモ光に引き継げるかどうかも確認しておきましょう。

ドコモ光の申し込みはプロバイダでも受け付けているので、
ADSLで利用しているプロバイダで申し込めるとなると少し安心感が出てきますよね。

またADSLからドコモ光へ乗り換えてもプロバイダが同じなら、
プロバイダメールのアドレスも変わらないというメリットもあります。

ドコモ光には24社の指定プロバイダがあり、
 ・BIGLOBE
 ・@nifty
 ・GMOとくとくBB
 ・OCN
などの有名どころも名を連ねています。

ですから、地域限定でサービスを提供しているようなプロバイダを利用していない限りは、
プロバイダを変えずにADSLからドコモ光に乗り換えられる可能性が高いと思います。

ただし有名どころでも
 ・So-net
 ・Yahoo!BB
の2社はドコモ光の指定プロバイダに含まれていません。

ドコモ光では指定プロバイダ以外のプロバイダも使えるんですが、
指定以外のプロバイダだと料金が少し割高になってしまいます。

なのでADSLで先の2社をプロバイダとして使っている場合やYahoo!BBのADSLを
利用している場合は、ドコモ光への乗り換えに伴ってプロバイダを変えざるをえないかも
しれないですね。

ドコモ光以外の光コラボレーションだとプロバイダが選べない?

ドコモ光では指定の24社の中からプロバイダを選ぶことができますし、
料金が割高になるものの指定以外のプロバイダも使えないことはありません。

ただ光コラボレーションでプロバイダが選べることは珍しく、
ドコモ光以外だとプロバイダを選べないのが当たり前と言っても良いぐらいです。

例えば
 ・ビッグローブ光・・・BIGLOBE
 ・@nifty光・・・@nifty
 ・So-net光・・・So-net
などのように、
使えるプロバイダが決まっている光コラボレーションがほとんどなんですね。

なのでドコモ光かADSLで利用しているプロバイダが提供している光コラボレーションを
選ばないと、プロバイダが変わってしまうので注意しましょう。

ADSLを解約する前にドコモ光を申し込む

対応エリアとプロバイダを確認したら、いよいよ乗り換え手続きに入っていきます。

ADSLから光回線への乗り換えに限らず、
インターネット回線を乗り換える際には「乗り換え先に申し込んでから乗り換え元を
解約する」という順番で手続きを行うことが重要です。

ADSLはアナログ電話回線を使うので大掛かりな開通工事が必要無く、
早ければ申し込んでから1週間ほどで開通します。

ところが光回線は、最寄りの電柱や電信柱から光ケーブルを宅内に引き込むなどの
工事が必要なため、ADSLよりも開通に時間がかかります。

申し込む時期などによって変わりますが、ドコモ光などの光コラボレーションの場合は
少なくとも3週間から1か月ぐらいはかかると思った方が良いですね。

もしADSLを先に解約してしまうと、場合によっては1か月以上自宅で
インターネット回線が使えないといった状況になってしまいます。

ドコモ光が開通するまではADSLが使えるように、先にドコモ光を申し込んでおいて、
開通する前後にADSLを解約するようにした方が良いというわけです。

ADSLからドコモ光への乗り換えでかかる費用は?

ADSLからドコモ光へ乗り換える際に発生する費用ですが、
ADSLの提供元がNTTとYahoo!BBで多少変わります。

NTTのADSLを使っている場合は、契約期間の縛りが無いので違約金は不要で
 ・プロバイダの違約金
 ・ドコモ光の契約事務手数料
 ・ドコモ光の開通工事費
となります。

「プロバイダの違約金」については、プロバイダによって金額は違うものの、
場合によっては10,000円以上になることもあります。

ただADSL同様に契約期間に縛りが無く、
解約時に違約金が発生しないプロバイダも少なくありません。

ドコモ光の契約事務手数料は3,000円で、開通工事費は
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
なので、プロバイダの違約金が不要だと乗り換え費用は20,000円前後で収まります。

Yahoo!BBのADSLを利用している場合は、
ADSLの解約に9,500円の違約金が発生します。

基本的にプロバイダの違約金は不要ですが、Yahoo!BBでプレミアム会員に
なっているとYahoo!BBの解約に伴って3,000円の違約金が発生します。

なのでYahoo!BBのADSLからドコモ光への乗り換えでは、
30,000円以上の費用がかかってしまう恐れがあるんですね。

ドコモ光は公式で申し込むと損?

ドコモ光の申し込み先には
 ・ドコモ光公式サイト
 ・ドコモショップ
 ・ドコモインフォメーションセンター(電話)
 ・ドコモ光のプロバイダサイト
 ・代理店サイト
などがあります。

どこで申し込んでもドコモ光の使い勝手は同じなんですが、
公式サイトやドコモショップ、電話で申し込むのはあまりオススメできません。

ドコモ光では、新規申込で10,000円相当のdポイントが貰えるキャンペーンが
行われています。(2019年7月現在)

この公式特典はどこで申し込んでも貰えるんですが、
公式サイト・ドコモショップ・電話での申し込みだと公式特典しか貰えません。

ドコモ光のプロバイダや代理店で申し込むと、
公式特典にプラスアルファの特典が貰えることがあるんです。

例えばドコモ光のプロバイダである「GMOとくとくBB」では、ドコモ光新規申込で
最大20,000円のキャッシュバックが貰える独自キャンペーンが行われています。

この独自キャンペーンの特典は公式特典とは別に貰えるので、
GMOとくとくBBで申し込むと合計で30,000円分の特典が貰えることになるわけです。

先にも書いたように、
ADSLからドコモ光へ乗り換えるのに20,000~30,000円の費用がかかります。

公式特典だけだと乗り換え費用の負担が軽くなるだけですが、
プロバイダや代理店の特典も加わると乗り換え費用を全額相殺することも可能です。

なのでドコモ光は、キャッシュバックなどが貰える独自キャンペーンを行っている
プロバイダや代理店で申し込む方がお得なんですね。

ADSLの解約は自分で

開通工事が終わりドコモ光が開通したら、
NTTやYahoo!BBなどADSLの提供元でADSLの解約手続きを行います。

フレッツ光から光コラボレーションへの「転用」や光コラボレーション同士の
「事業者変更」では、回線が切り替わった段階で自動的に乗り換え元の光回線は
解約となります。

しかしADSLから光回線への乗り換えでは、
光回線が開通したからと言って自動的にADSLが解約とはなりません。

また乗り換え先であるドコモ光などの事業者が、
ユーザーに代わって乗り換え元のADSLを解約してくれることも無いんですね。

自分で解約しないとADSLの契約は継続となって料金が発生し続けるので、
ドコモ光が開通したら速やかにADSLは解約しましょう。

ADSLを解約したら、レンタル機器の返却も忘れずに

ADSLでは、
アナログ信号とデジタル信号を相互に変換する「モデム」という機器を使います。

このモデムは基本的にNTTやYahoo!BBなどADSLの提供元から
レンタルしているので、解約時には当然返却しなければいけません。

モデムだけでなく、
Wi-Fiルーターなどオプションなどでレンタルしている機器も返却する必要があります。

光回線だと、解約に伴って回線の撤去工事が行われる場合には、
工事業者に返却が必要な機器を持って帰ってもらうこともできます。
(持って帰ってもらえない機器もある)

しかしADSLの解約では回線の撤去工事は行われないので、
レンタル機器は全て自分で返却しないといけないんですね。

ADSLを解約すると着払い伝票などが送られてくるはずなので、
機器を返却するのに基本的にお金はかかりません。

ただし期限までに返却が完了しないと違約金を請求されるので、
着払い伝票などが届いたらすぐに返却するようにしましょう。

またモデムなどの機器だけでなく、
それに付随するケーブルなども忘れずに返却しないといけませんよ。

ADSLからドコモ光への乗り換えで固定電話はどうなる?

ADSLはアナログ電話回線を使ったインターネットサービスですから、
ADSLユーザーの多くは固定電話としてアナログ電話を利用していると思います。

アナログ電話を利用している場合には、
インターネット回線がADSLからドコモ光に変わったとして特に影響を受けません。

当然電話番号は変わりませんし、FAXなどもそのまま引き続き使えます。

またドコモ光へ乗り換えるのを機にひかり電話を利用する場合でも、
電話番号はそのまま引き継ぐことができます。

光回線同士の乗り換えでは電話番号を引き継ぐのに「アナログ戻し」が必要など
といったこともありますが、ADSLから光回線への乗り換えでは固定電話については
あまり気にすることは無いと思いますよ。

ひかり電話にはアナログ電話には無いデメリットがある?

ひかり電話はアナログ電話に比べて基本料金も通話料も安いですから、
どうせドコモ光に乗り換えるなら固定電話もひかり電話に変えた方がお得です。

ただひかり電話には、
「停電時に使えない」というアナログ電話には無いデメリットがあります。

アナログ電話は電話線を通して給電されているので、
電話線が通じている限りは停電していても電話をかけたり受けたりすることができます。

ところがひかり電話は、
光ケーブルから給電は受けられないのでコンセントで給電することになります。

そのため停電になるとコンセントから給電が受けられなくなり、
電話をかけることも受けることもできなくなってしまうんです。

最近はスマホや携帯電話があるから良いですが、
2018年に北海道で発生した地震に因る大規模停電のように停電が長期間に
及ぶ場合には緊急通報すらままならないといった事態に陥る恐れもあります。

2018年の北海道のようなケースは稀だと思いますが、
ひかり電話の利用には多少リスクがあるということは覚えておいた方が良いですね。

 


ドコモショップや公式サイトからドコモ光に申し込むと損します!

 

なぜかというと・・

15,000円のキャッシュバックをドブに捨てることになるからです!

 


>>(限定)15,000円キャッシュバックのドコモ光

 

他社の光コラボからドコモ光に事業者変更で乗り換えするなら
GMOとくとくBBというプロバイダのサイトから申し込んだほうがお得になります。

 
もちろんドコモショップやドコモ公式サイトから申し込む場合と同じドコモ光が使えます。
プロバイダがGMOとくとくBBというプロバイダになるだけの違いです。

※ちなみにこのプロバイダはドコモ光のタイプAで選択できるプロバイダです。

ドコモショップでのキャンペーンやドコモ公式サイトでのキャンペーン
で宣伝しているdポイントプレゼントはもちろん対象となります。

 

このプロバイダがすごいのは、このようなドコモ公式の特典にプラスして

独自のキャッシュバック(15,000円)がもらえる所です!

 



 

さらに高性能WIFIルーターがずっと無料でレンタルできる独自の特典もあります。

ドコモ光をドコモショップで申し込むのは特典が少なく損しますので、ぜひこちらのサイトから
申し込むことをおすすめします!

 

-ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.