ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

au光からドコモ光へ転用や事業者変更で乗り換えられる?

投稿日:

自宅に光回線を導入した当時は光コラボレーションという選択肢が無く、
「フレッツ光」より料金の安い「au光」を選んだというケースも多いんじゃないでしょうか。

その後光コラボレーションが解禁となり、
ドコモスマホとのセット割が利用できる「ドコモ光」への乗り換えを検討した
「au光を使っているドコモユーザー」も居ると思います。

2019年7月に「事業者変更」という乗り換えシステムが利用できるようになったことで、
au光からドコモ光への乗り換えも手軽にできるようになると淡い期待を抱いている
au光ユーザーも多いかもしれません。

しかし実際のところau光からドコモ光へは事業者変更による乗り換えはできず、
現状でも通常の乗り換え手続きが必要なんです。

そこでau光から光コラボレーションであるドコモ光への乗り換え手順を
詳しく見ていくとともに、乗り換える際に注意すべきことや乗り換えで発生する
デメリットなども合わせて紹介したいと思います。

au光からドコモ光へ乗り換える

先にも書いたように、au光からドコモ光への乗り換えは「転用」や「事業者変更」で
手軽にというわけにはいきません。

au光を解約・撤去して、
ドコモ光を契約・開通するという通常の乗り換え手続きが必要となります。

乗り換えの手順としては、
まず乗り換え先であるドコモ光に新規で申し込み、開通工事の日程調整を行います。

ドコモ光の開通工事日が決まったら、
その工事日の直前か直後に撤去工事が行われるようにau光で解約の手続きをします。

要するにau光からドコモ光への乗り換えでは、先に乗り換え先のドコモ光を
開通させてから乗り換え元のau光を解約・撤去するというわけです。

ドコモ光に限らず光コラボレーションでは、申し込んでから開通工事が実施されるまで
早くても3週間、遅いと1か月以上かかります。

そのためau光の解約・撤去→ドコモ光の申し込みという順番で手続きすると、
場合によっては1か月以上自宅で光回線が使えないことになってしまいます。

なので乗り換えに伴って光回線が使えない期間を生じさせないように、
先にドコモ光を開通させてからau光を解約・撤去するというわけなんですね。

au光からドコモ光への乗り換えにかかる費用は?

ドコモ光へ乗り換えることでドコモスマホとのセット割が利用できるようになると言っても、
au光からドコモ光に乗り換えるのに高額な費用がかかるのでは台無しです。

では実際にau光からドコモ光へ乗り換えるのには、
いくらぐらい費用がかかるのでしょうか?

au光からドコモ光への乗り換えで発生する主な費用としては
 ・au光の違約金
 ・au光の撤去工事費用
 ・ドコモ光の契約事務手数料
 ・ドコモ光の開通工事費
などが挙げられます。

まず「au光の違約金」ですが、戸建てだとau光の契約期間によって
 ・2年契約・・・9,500円
 ・3年契約・・・15,000円
と違約金の金額が変わります。

マンションなどの集合住宅の場合は2年契約が基本で違約金は7,000円ですが、
「タイプG」で利用している場合は違約金は9,500円です。

次に「au光の撤去工事費用」ですが、これはau光を導入した時期によって金額や
工事自体の要不要も違っています。

2018年2月28日までにau光を申し込んでいると、解約時の撤去工事は必須ではなく、工事費も10,000円となります。

ところが2018年3月1日以降の申し込みだと、解約時には撤去工事が必須で、
工事費用も28,800円と高額になっています。

なので2018年3月1日以降に3年契約で申し込んでいると、
au光を解約するだけで40,000円以上かかってしまうわけです。

これにドコモ光の契約事務手数料3,000円、開通工事費として
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
がプラスされるので、場合によってはau光からドコモ光へ乗り換えるのに
60,000円以上かかることもあるんですね。

au光の撤去やドコモ光の開通にかかる工事費はどうしようもないですから、
せめて違約金だけでも払わなくて良いようにau光の更新月に乗り換え手続きを
行いたいですね。

au光の開通工事費の支払いが残っていると一括精算

au光からドコモ光に乗り換える時点で、au光の開通工事費の分割払いが
終わっていない場合には残債を一括で精算しなければいけません。

au光の開通工事費は
 ・戸建て・・・37,500円
 ・集合住宅・・・30,000円
で、ドコモ光に比べると高額となっています。

そのため分割払いの残り回数によっては、
結構な金額を一括で精算することになってしまいます。

特に戸建ては分割払いが60回なので、2年や3年の契約期間満了時点で解約しても
工事費の支払いが残っている可能性が高いんですね。
(集合住宅の分割払いは24回)

例えば戸建てで2年契約満了時点でドコモ光に乗り換えるとすると、更新月で違約金は
不要でも、開通工事費の分割払い36回分22,500円を一括で払うことになります。

工事費の精算額によっては、au光からドコモ光への乗り換え費用が
70,000円にも80,000円にも上ってしまいます。

ですから違約金が発生しないように更新月に手続きするのとともに、
工事費の分割払いが残っていないかどうかもチェックしておかないといけませんよ。

au光からレンタルしている機器は解約時に返却すべし

光回線の終端装置である「ONU」は、au光に限らず、
基本的に回線事業者からレンタルする形になっています。

ONUだけでなく、au光でひかり電話を利用している場合には「ホームゲートウェイ」も
レンタル機器ですし、人によってはau光からWi-Fiルーターをレンタルしていることも
あります。

こうしたONUなどau光からレンタルしている機器、さらにそれに付随するケーブルなど
全て、au光を解約した時点で返却しなければいけません。

解約に伴って回線の撤去工事を行う場合には、
工事業者にONUは持って帰ってもらうことができます。

撤去工事を行わない場合や工事を行う場合でもONU以外の機器については、
au光から送られてくる着払い伝票を使って返却すればOKです。

レンタル機器を返却しないと、利用期間や機器によって金額は違うものの、
最大で18,200円の違約金が請求されます。

レンタル機器未返却による違約金という払わなくても良いお金によって
乗り換え費用が嵩むのも馬鹿らしいので、解約時には忘れず返却しましょう。

au光を撤去せずにドコモ光を開通させると壁に穴が開く!?

au光からドコモ光へ乗り換える際の手順として、
先にドコモ光を開通させてからau光を解約・撤去する方が良いと先に書きました。

こうすることで光回線の使えない期間ができないわけですが、
この手順だと家の壁に穴を開けることになってしまうかもしれません。

光回線の開通工事では、固定電話の配線穴やエアコンのダクト穴を利用し、
最寄りの電柱や電信柱から宅内に光ケーブルを引き込む際に壁に開けずに済ませる
というのが一般的です。

しかしau光を撤去せずにドコモ光を開通させると、
固定電話の配線穴やエアコンのダクト穴にはau光のケーブルが残ったままで
物理的にドコモ光のケーブルを通すスペースが無いことがあるんですね。

そうすると、ドコモ光のケーブルを宅内に引き込むのに
別途壁に穴を開けざるをえないというわけです。

持ち家なら自分が決断するだけで良いですが、賃貸住宅だと大家さんや管理会社が
壁に穴を開けることを許してくれないことも十分に考えられます。

なので壁に穴を開けたくない場合には、多少光回線が使えない期間が生じるとしても、
先にau光を撤去してからドコモ光を開通させるようにしましょう。

au光からドコモ光に乗り換える際に注意すべきことは?

au光からドコモ光に乗り換える際に注意しないといけないのは、
光回線の料金が高くなる恐れがあるということです。

ドコモ光の料金は
 ・戸建て・・・5,200円又は5,400円
 ・集合住宅・・・4,000円又は4,200円
です。

ちなみに戸建て・集合住宅でそれぞれ2種類料金があるのは、プロバイダによる違い
だけで、料金が高い方が通信速度が速いとか繋がりやすいといったことはありません。

それに対してau光の料金は
 ・戸建て・・・5,100円(2年目5,000円、3年目以降4,900円)
 ・集合住宅・・・3,800円
となっています。

僅か月100~200円程度の差ではありますが、
au光からドコモ光に乗り換えることで料金が高くなってしまうんですね。

ただし集合住宅では建物内のau光契約戸数などによって料金が月4,100円になる
こともあり、この場合はドコモ光に乗り換えることで反対に料金が安くなります。

auスマートバリューが使えなくなる

au光とauスマホを一緒に使うと「auスマートバリュー」
、au光とWiMAXのモバイルルーターを一緒に使うと「auスマートバリューmine」
というセット割が適用されます。

当たり前ですがドコモ光はauスマートバリュー(mine)の対象回線ではないので、
au光からドコモ光に乗り換えることで使えなくなってしまいます。

ドコモユーザーならドコモ光に乗り換えることでセット割が適用されて、
光回線自体の料金が高くなったとしても通信費全体で見ればお得です。

ところがauスマホやWiMAXのモバイルルーターを使っている場合には、
ドコモ光に乗り換えることで光回線の料金は高くなるセット割は無くなるで通信費が
跳ね上がってしまう恐れもあります。

もしauスマホやWiMAXのモバイルルーターを使っているのであれば、ドコモ光でなく
 ・ビッグローブ光
 ・@nifty光
 ・So-net光
などauスマートバリュー(mine)の対象となっている光コラボレーションに
乗り換えた方が良いですよ。

「アナログ戻し」無しでひかり電話の電話番号が引き継げる!?

ひかり電話を利用している場合、au光からドコモ光へ乗り換えるのに伴って
「アナログ戻し」という手続きを取らないと電話番号が変わってしまうと思われがちです。

確かに光回線の乗り換えに伴ってアナログ戻しが必要になるケースもありますが、
au光からドコモ光への乗り換えでは「番号ポータビリティー」によってアナログ戻しを
しなくても電話番号が引き継げるようになっています。

アナログ戻しが必要だと、au光を解約する前にひかり電話を一旦アナログ電話に戻し、
ドコモ光に乗り換えた後に再度ひかり電話に切り替えるといった手続きを取らないと
いけません。

電話番号を引き継ぐためとは言え、手間がかかりますし、
数千円から10,000円程度の費用もかかってしまいます。

au光からドコモ光への乗り換えではその手間とお金がかからないわけですから、
アナログ戻し無しでひかり電話の電話番号が引き継げるのはポジティブな意味で
注意しておくことですね。

番号ポータビリティーの手続きはドコモ光が代行してくれるので、申し込み時に
番号ポータビリティーを利用して電話番号を引き継ぐ旨を伝えておきましょう。

ただしau光からドコモ光への乗り換えで番号ポータビリティーが利用できるのは、
「NTTが発番したアナログ電話用の電話番号」を使っている場合のみです。

もしひかり電話用としてau光が発番した番号を使っている場合は、
番号ポータビリティーで番号を引き継ぐことはできません。

またアナログ戻しもできませんから、ひかり電話用の番号を使っている場合には
au光からドコモ光へ乗り換えることで電話番号が変わってしまいます。

ドコモ光はプロバイダか代理店で申し込んだ方がお得

au光からドコモ光に乗り換える際、ドコモ光の申し込み先としては
 ・ドコモ光公式サイト
 ・ドコモショップ
 ・ドコモインフォメーションセンター(電話)
 ・ドコモ光のプロバイダサイト
 ・代理店サイト
などがあります。

ドコモ光では新規申込で10,000円相当のdポイントが貰えるキャンペーンが
行われており、申し込み先に関係なくこの公式特典は貰うことができます。

ところがプロバイダサイトや代理店サイトでは、
公式キャンペーンとは別に独自のキャンペーンが行われていることがあります。

例えば「GMOとくとくBB」というプロバイダのサイトでは、
最大20,000円のキャッシュバックが貰える独自キャンペーンが行われています。

GMOとくとくBBのサイトで申し込んでも公式のdポイントは貰えますから、
独自キャンペーンのキャッシュバックと合わせて30,000円分の特典が貰えることに
なります。

先にも書いたように、
au光からドコモ光への乗り換えでは数万円の費用がかかることもあります。

そこでGMOとくとくBBのように独自キャンペーンを行っているプロバイダや代理店を
通してドコモ光に申し込むことで、乗り換えにかかる費用負担を軽くすることができる
というわけです。

「ドコモ光はプロバイダや代理店で申し込んだほうがお得」と言うよりも「ドコモ光は
プロバイダや代理店で申し込まないと損」ぐらいに思った方が良いかもしれませんよ。

 


ドコモショップや公式サイトからドコモ光に申し込むと損します!

 

なぜかというと・・

15,000円のキャッシュバックをドブに捨てることになるからです!

 


>>(限定)15,000円キャッシュバックのドコモ光

 

他社の光ギガからドコモ光に事業者変更で乗り換えするなら
GMOとくとくBBというプロバイダのサイトから申し込んだほうがお得になります。

 
もちろんドコモショップやドコモ公式サイトから申し込む場合と同じドコモ光が使えます。
プロバイダがGMOとくとくBBというプロバイダになるだけの違いです。

※ちなみにGMOとくとくBBはドコモ光のタイプAで選択できるプロバイダです。

ドコモショップでのキャンペーンやドコモ公式サイトでのキャンペーン
で宣伝しているdポイントプレゼントはもちろん対象となります。

 

GMOとくとくBBがすごいのは、このようなドコモ公式の特典にプラスして

GMOとくとくBB独自のキャッシュバック(15,000円)がもらえる所です!

 



 

さらに高性能WIFIルーターがずっと無料でレンタルできる独自の特典もあります。

ドコモ光をドコモショップで申し込むのは特典が少なく損しますので、ぜひこちらのサイトから
申し込むことをおすすめします!

 

-ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.