ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

JCOMからドコモ光に乗り換える手順は?費用は?

投稿日:

「JCOM」はケーブルテレビサービスがメインですが、
セットでインターネットも利用できるようになっています。

有料放送とインターネット回線をそれぞれ単独で契約するよりも、
JCOMでセットにした方が料金的にはお得です。

でもインターネット回線として考えると、
通信速度が遅いこともあって使い勝手が光回線より良くなかったりするんですよね。

そこで通信速度の速い「ドコモ光」への乗り換えを検討しているなんてケースも
結構多いんじゃないでしょうか?

そこでJCOMからドコモ光へ乗り換える方法と、
乗り換える際に注意しないといけないことなどを詳しく説明していきましょう。

JCOMからドコモ光への乗り換えは通常の手続きが必要

2015年に光コラボレーションのサービスが開始され、
NTTのフレッツ光からドコモ光など光コラボレーションへの乗り換えが「転用」という形で
手軽にできるようになりました。

さらに2019年7月1日からは、「事業者変更」で光コラボレーション同士あるいは
光コラボレーションからフレッツ光への乗り換えが転用と同じように手軽になります。

なのでJCOMからドコモ光への乗り換えも、転用や事業者変更で手軽にできると勘違いしている場合もあるかもしれません。

結論から言うと、JCOMからドコモ光へは転用や事業者変更で乗り換えることはできず、
通常の乗り換え手続きが必要です。

転用や事業者変更だと、回線の撤去や開通にかかる工事が不要なので、
手間もお金もかけずに光回線を乗り換えることができます。

ところがJCOMからドコモ光への乗り換えではJCOMの解約・撤去とドコモ光の
契約・開通が必要で、転用や事業者変更に比べると手間とお金と時間がかかります。

JCOMからドコモ光へ乗り換える手順としては、
まず乗り換え先であるドコモ光で申し込み手続きを行います。

ドコモ光の開通工事日が決まったらJCOMで解約手続きを行い、
JCOMの解約・撤去日をドコモ光の開通工事日よりも後に設定します。

ドコモ光を開通させてからJCOMを解約・撤去することで、
自宅でインターネット回線が使えない期間を作らずに済むんですね。

JCOMからドコモ光への乗り換えにかかる費用は?

JCOMからドコモ光への乗り換える際に発生する可能性がある費用としては
 ・JCOMの違約金
 ・JCOMの撤去費用
 ・ドコモ光の契約事務手数料
 ・ドコモ光の開通工事費
などが挙げられます。

まずJCOMの違約金ですが、JCOMはケーブルテレビやインターネットだけでなく
 ・電話
 ・電力
 ・ガス
などのサービスも行っています。

さらにインターネットサービスも
 ・12Mコース
 ・120Mコース
 ・320Mコース
 ・1Gコース(一部地域のみ)
 ・光1Gコース(戸建てのみ、利用できない地域もある)
などのプランに分かれています。

またサービスによって契約期間を1年と2年から選べたりして、
JCOMの利用形態は100数十種類にも及ぶんですね。

JCOMでは利用形態によって違約金の金額が3,500~20,000円と変わるので、事前に
自分がJCOMでどういうサービスを利用しているか確認しておいた方が良いですよ。

次にJCOMを解約すると回線の撤去工事が必要で、
その工事費として9,800円払うことになります。

乗り換え先のドコモ光側で発生するのが、契約事務手数料の3,000円と
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
の開通工事費です。

JCOMの違約金次第ではありますが、場合によってはJCOMからドコモ光に
乗り換えることで50,000円以上かかってしまう恐れがあります。

JCOMの違約金は更新月に解約すれば払わずに済みますから、
少しでも乗り換え費用を抑えるためには更新月に解約したいところですね。

JCOMで電話サービスを利用しているなら「アナログ戻し」費用も

JCOMでは「JCOM PHONE」という電話サービスも行っており、
NTTのアナログ電話に比べると基本料金や通話料が安くなっています。

なのでテレビやインターネットとセットで、
自宅の固定電話としてJCOM PHONEを使っているというケースも多いと思います。

インターネット回線をJCOMからドコモ光に乗り換えるとなると、
当然固定電話もJCOM PHONEからドコモ光のひかり電話に乗り換えることになります。

JCOM PHONEからひかり電話に乗り換えた際に電話番号が変わっても良いなら
問題ありませんが、電話番号を引き継ぎたいという場合には「アナログ戻し」という
手続きをしなければいけません。

アナログ電話からひかり電話あるいは転用や事業者変更の場合はひかり電話同士でも
電話番号の引き継ぎができますが、JCOM PHONEからひかり電話へは
直接電話番号を引き継ぐことができません。

なのでJCOM PHONEを一旦アナログ電話に戻して、アナログ電話からひかり電話に
切り替えることでJCOM PHONEからひかり電話に電話番号を引き継ぐというわけです。

ただアナログ戻しができるのは、「NTTがアナログ電話用に発番した電話番号」を使っている場合だけです。

JCOM PHONE用に発番された電話番号を使っているとアナログ戻しはできず、
JCOMからドコモ光へ乗り換えることで固定電話の電話番号が変わってしまいます。

アナログ戻しにも手数料や回線の切り替え工事が必要で、
大体数千円から10,000円程度の費用がかかってしまいます。

先のJCOMからドコモ光への乗り換え費用と合わせると60,000円ほどに
なってしまうので、乗り換えの際は慎重に検討した方が良いですね。

ドコモ光はプロバイダサイトや代理店サイトで申し込むとお得?

ドコモ光の申し込み先には
 ・ドコモ光公式サイト
 ・ドコモショップ
 ・ドコモインフォメーションセンター(電話)
 ・ドコモ光のプロバイダサイト
 ・代理店サイト
などがあります。

この内「ドコモ光公式サイト」「ドコモショップ」「ドコモインフォメーションセンター」での
申し込みでは、公式特典である10,000円分のdポイントしか貰えません。
(特典のポイント数は2019年7月現在)

ところが「プロバイダサイト」や「代理店サイト」では独自のキャンペーンが行われている
場合があり、公式特典とは別にキャッシュバックなどが貰えるチャンスがあるんです。

例えばドコモ光のプロバイダの1つである「GMOとくとくBB」で申し込むと、
最大20,000円のキャッシュバックが公式特典にプラスして貰えます。

先にも書いたように、JCOMからドコモ光への乗り換えでは場合によっては
60,000円以上の費用がかかることがあります。

そこでキャッシュバックなどの独自特典が貰えるプロバイダサイトや代理店サイトから
申し込めば、公式特典と合わせて乗り換え費用の負担を軽くすることができますよ。

JCOM撤去前にドコモ光を開通すると壁に穴が開く!?

JCOMからドコモ光へ乗り換える手順として、
ドコモ光が開通してからJCOMを解約・撤去した方が良いと先に書きました。

こうすることで、インターネット回線の乗り換えに伴って自宅でインターネットが
使えない期間を作らずに済ませることができます。

ただこの手順だと、場合によっては家の壁に穴を開けないといけなくなる恐れもあります。

ドコモ光など光回線の開通工事では、
最寄りの電柱や電信柱から宅内に光ケーブルを引き込みます。

この際、電話の配線穴やエアコンのダクト穴に光ケーブルを通して引き込み、
壁に穴を開けないようにするのが一般的です。

ところがJCOM撤去前にドコモ光の開通工事を行うと、電話の配線穴やエアコンの
ダクト穴がJCOMの回線を引き込むのに使われてしまっている可能性があります。

そのため物理的にドコモ光の光ケーブルを通すスペースが無く、
光ケーブルを宅内に引き込むのに壁に穴を開けざるをえなくなることがあるわけです。

持ち家なら良いですが、借家だと大家さんや管理会社に壁に穴を開けることを
拒否されることも十分に考えられます。

なので自宅でインターネットが使えない期間が生まれても、JCOM解約・撤去→
ドコモ光契約・開通の手順で手続きしないといけないかもしれません。

「光1Gコースon auひかり」ならドコモ光への事業者変更可能?

JCOMには「光1Gコースon auひかり」というインターネットのプランがあります。

通常JCOMのインターネットサービスは、
ケーブルテレビの回線でインターネットを使います。

そのため通信速度が光回線より遅くなってしまうんですが、
光1Gコースはケーブルテレビ回線ではなく「auひかり」の光ケーブルを使った
インターネットサービスです。

なのでauひかりやドコモ光と同じように、
通信速度が最大1Gbpsでインターネットができるというわけなんですね。

ケーブルテレビ回線を使うJCOMから光ケーブルを使うドコモ光への乗り換えは、
転用や事業者変更というわけにはいきませんでした。

じゃあ光ケーブルを使う光1Gコースon auひかりからドコモ光への乗り換えは、
転用や事業者変更が可能なのでしょうか?

「転用」はフレッツ光から光コラボレーションへ、「事業者変更」は光コラボレーション同士
あるいは光コラボレーションからフレッツ光へ乗り換える際に利用できるシステムです。

大手携帯キャリアが提供する光回線サービスということで、auひかりはドコモ光や
ソフトバンク光と同じ光コラボレーションの1つだと勘違いされがちです。

しかしauひかりは元々東京電力の「TEPCO光」であり、
フレッツ光回線ではなく独自の回線を使ってサービスを提供しています。

そのためフレッツ光からauひかりへ転用で乗り換えることはできませんし、auひかりと
光コラボレーションであるドコモ光との間の乗り換えも事業者変更にはなりません。

なのでJCOMの光1Gコースon auひかりからドコモ光への乗り換えでは、
通常の乗り換え手続きが必要なんですね。

JCOMからドコモ光への乗り換えで注意すべきことは?

解約金などの費用がかかることや事業者変更による乗り換えができないなど、
JCOMからドコモ光への乗り換えで注意すべきことをすでにいくつか挙げましたが、
それ以外にも注意しないといけないことがあるんです。

例えば、ドコモ光は光コラボレーションとしては珍しくプロバイダが選べるように
なっていますが、プロバイダ選びを間違えるとかえって通信速度がJCOMより
遅くなってしまうかもしれません。

ドコモ光に限らず光回線では、「v6プラス」(同じ方式のサービスを含む)に対応した
プロバイダでないと通信速度が上がらないことがあります。

そのためJCOMで1Gコースや光1Gコースon auひかりを使っている場合、
ドコモ光のプロバイダがv6プラス非対応だと、回線を乗り換えたことでかえって
通信速度が遅くなってしまうかもしれないわけです。

ちなみにドコモ光のプロバイダでv6プラス又は同じ通信方式に対応しているのは
 ・GMOとくとくBB
 ・IC-net
 ・@nifty
 ・ANDLINE
 ・SIS
 ・Tigers-net
 ・DTI
 ・@TCOM
 ・BIGLOBE(IPv6オプション)
 ・OCN(v6アルファ)
 ・ドコモnet(v6アルファ、transix)
 ・ぷらら(v6エクスプレス、transix)
の12社です。(ドコモ光で使えるプロバイダは全部で24社)

auスマートバリューが適用されなくなる

JCOMは「auスマートバリュー」の対象回線であり、
auスマホと一緒に使うことでセット割が適用されます。

当然ドコモ光はauスマートバリューの対象回線ではありませんから、
JCOMからドコモ光へ乗り換えることでauスマートバリューが適用されなくなります。

JCOMからドコモ光へ乗り換えるのに伴ってスマホもauからドコモに
キャリア変更するなら、ドコモ光とドコモスマホでセット割が利用できます。

もしインターネット回線は乗り換えたい、
でもスマホはキャリア変更したくないという場合には、auスマートバリューが適用される
光コラボレーションへの乗り換えを検討するのも1つの方法です。

auスマートバリューの対象となっている光コラボレーションは
 ・ビッグローブ光
 ・So-net光
 ・@nifty光
などがあります。

ちなみに、「コミュファ光」や「eo光」といった電力会社系光回線も
auスマートバリューの対象回線となっています。

-ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.