ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

OCN光からドコモ光への乗り換えが事業者変更で手軽に

投稿日:

フレッツ光のプロバイダだ「OCN」だったから、光コラボレーションが始まったときに
フレッツ光からOCN光に乗り換えたというケースも多いんじゃないでしょうか。

光回線単体で考えると、フレッツ光からOCN光に乗り換えることで
光回線の料金は安くなるのでお得はお得です。

しかし通信費全体で考えると、スマホとのセット割がある「ドコモ光」とか
「ソフトバンク光」の方がお得だったりするんですね。

これまではOCN光からドコモ光のような光コラボレーション同士の乗り換えは、
フレッツ光から光コラボレーションへの「転用」のように手軽にはできませんでした。

ところが2019年7月1日から「事業者変更」という形で、光コラボレーション同士の
乗り換えが転用と同じように手軽にできるようになったんです。

そこでOCN光からドコモ光に事業者変更で乗り換える手順と、
事業者変更で乗り換える際に注意すべきことなどを詳しく見ていきたいと思います。

事業者変更でOCN光からドコモ光への乗り換えも工事不要に

通常光回線の乗り換えでは、今使っている光回線を解約して、
乗り換え先の光回線と契約するという手順を踏まないといけません。

場合によっては解約する回線の撤去が求められ、
新しい光回線の開通工事と合わせて2回の回線工事が必要になることもあります。

当然その分費用がかかりますし、回線工事のタイミングによっては
自宅で光回線が使えない期間も生まれてしまうんですね。

これまで光コラボレーション同士の乗り換えでは、
同じフレッツ光回線を使うにも関わらず、こうした通常の乗り換え手続きが必要でした。

ところが2019年7月1日からは光コラボレーション同士も「事業者変更」で、
フレッツ光から光コラボレーションへの転用と同じように、
大掛かりな工事無しで乗り換えることができるようになったんです。

要するに事業者変更が可能となったことで、手間とお金と時間をかけずに
光コラボレーション同士の乗り換えができるようになるというわけなんですね。

ちなみに光コラボレーション同士だけでなく、
光コラボレーションからフレッツ光も事業者変更による乗り換えが可能です。

事業者変更はどうやって申し込む?

単にOCN光を解約してドコモ光を申し込むだけでは、
事業者変更による乗り換えにはなりません。

まず、乗り換え元のOCN光で「事業者変更承諾番号」を発行してもらいます。

フレッツ光から光コラボレーションへ転用する際に「転用承諾番号」、MNPでスマホの
キャリア変更する際に「MNP予約番号」を発行してもらうのと同じです。

転用承諾番号のようにネットで取得できればラクなんですが、2019年7月現在
OCN光では事業者変更承諾番号の発行は電話(0120-506506)のみの受付と
なっています。
(IP電話でフリーダイヤルが利用できない場合は050-3786-0506(有料))

光コラボレーション事業者には事業者変更の申し込みに対して説明義務が課されており、
電話で承諾番号を取得する際には事業者変更に関する注意事項などを聞かないと
いけません。

合わせて事業者変更を考え直すように促されたりもするでしょうから、
事業者変更承諾番号を取得するのに電話だと数十分かかる恐れもあります。

事業者変更承諾番号を取得したら、それを使って事業者変更でドコモ光に申し込みます。

ドコモ光は新規ならネットから申し込むこともできますが、
事業者変更の場合はドコモショップか電話での申し込みとなっています。

後はOCN光とドコモ光で回線の切り替え工事が実施されれば事業者変更が完了、
自宅でドコモ光が使えるようになります。

Wi-Fiルーターを使っている場合には、事業者変更で回線が切り替わったら
Wi-Fiルーターの設定を変更しなければいけません。

ただしドコモ光のプロバイダとしてOCNを継続して利用する場合には、
Wi-Fiルーターの設定変更は不要です。

ちなみに事業者変更では、回線がドコモ光に切り替わった時点で自動的にOCN光は
解約となるので、改めてOCN光で解約手続きを行う必要はありませんよ。

事業者変更でもすぐに回線が切り替わるわけじゃない

OCN光で事業者変更承諾番号を取得してドコモ光に事業者変更を申し込んだら、
すぐに回線が切り替わってドコモ光が使えるようになるというわけではないんです。

事業者変更が工事不要と言っても、最寄りの電信柱から宅内に光ケーブルを
引き込むなどのいわゆる「派遣工事」が不要なだけです。

光コラボレーション事業者側の回線切り替え工事は必要で、事業者変更を
申し込んでから切り替え工事が実施されるまで2週間前後かかるみたいですね。

乗り換え元の光コラボレーションの違約金や解約月の料金(日割り計算)にも
関わってくるので、切り替え工事の実施日はしっかりチェックしておいた方が良いですよ。

事業者変更にはいくらぐらい費用がかかる?

光回線の乗り換え費用で一番大きな割合を占めるのが「開通工事費」ですから、
派遣工事が不要となる事業者変更では通常の乗り換えよりも費用は抑えられます。

とは言え、
事業者変更するのに実際いくらぐらいの費用がかかるのかは気になるところですよね。

OCN光からドコモ光への乗り換えではOCN光で事業者変更承諾番号を取得しますが、
この事業者変更承諾番号を発行してもらうのにまず3,000円の手数料がかかります。

それから事業者変更でドコモ光に申し込む際に、
契約事務手数料としてやはり3,000円が必要となります。

OCN光からドコモ光への回線切り替え工事に関しては、
現状では基本的に工事費は発生しないようです。

ただ100Mプランを1Gプランに変更するなど、事業者変更でも工事費が発生する
ケースがあるので、事前に乗り換え先の事業者で確認しておきましょう。

これだけで済めば良いんですが、事業者変更の時期によっては乗り換え元の
光コラボレーションの違約金と工事費の精算が発生する恐れがあります。

OCN光からドコモ光へ事業者変更する際、
OCN光が更新月でなければ11,000円の違約金が発生します。

さらにOCN光の開通工事費の支払いが残っている場合には、
事業者変更でドコモ光に乗り換える時点で一括精算しないといけません。

また月の途中などOCN光からドコモ光へ切り替わるタイミングによっては、
OCN光の料金を日割り計算で払うことになります。

OCN光の開通工事費は
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
ですから、OCN光開通から1年以内の事業者変更などといったことでもない限りは、
工事費の残債はそれほど大きな金額にはならないと思います。

ただOCN光の契約期間は2年で、工事費の分割払いは30回ですから、
更新月の事業者変更しても工事費の精算が発生する恐れがあります。

OCN光で事業者変更承諾番号を取得するのに3,000円、事業者変更でドコモ光に
申し込むのに3,000円、さらに月の終わりピッタリに回線を切り替えるのは難しいので
OCN光の日割り計算料金は少なくとも払うことになると思います。

これだけなら10,000円以内に収まる可能性が高いですが、
OCN光の違約金・開通工事費の精算も発生すると事業者変更の費用が
20,000円以上なることも十分に考えられますよ。

ただしドコモ光では事業者変更による乗り換えで、
10,000円分のdポイントが貰えるキャンペーンが行われています。

ドコモ光以外でも事業者変更でキャッシュバックが貰えるキャンペーンを行っている
光コラボレーションもあります。

事業者変更先をこうした現金代わりのポイントやキャッシュバックが貰える
光コラボレーションにすることで、事業者変更にかかる費用を相殺することも可能ですね。

転用では違約金・開通工事費の精算は発生しない

フレッツ光から光コラボレーションへの転用と光コラボレーション同士の事業者変更の
大きな違いの1つが、先にも書いた違約金と開通工事費の精算です。

転用の場合、
フレッツ光が更新月であるかどうかに関わらず違約金は発生しないことになっています。

またフレッツ光の開通工事費の分割払いが終わっていない場合も、
支払いが転用先に引き継がれるだけで、転用時点で一括精算する必要はありません。

事業者変更では違約金も開通工事費の精算も発生するので、
転用よりも事業者変更の方が費用が嵩む恐れがあるんですね。

OCN光からドコモ光へ事業者変更する際に注意すべきことは?

「回線の切り替えには2週間前後かかる」「事業者変更では違約金・開通工事費の
精算が発生する恐れがある」など、先にも注意すべき点をいくつか挙げました。

しかしOCN光からドコモ光へ事業者変更する際には、
これら以外にも注意すべきことがいくつかあります。

まずOCN光からドコモ光に事業者変更することで、
光回線自体の料金が高くなってしまうということです。

OCN光の料金が
 ・戸建て・・・5,100円
 ・集合住宅・・・3,600円
なのに対して、ドコモ光の料金は
 ・戸建て・・・5,200円または5,400円
 ・集合住宅・・・4,000円または4,200円
となっています。

OCN光からドコモ光に乗り換えることで、戸建てだと月100~300円、
マンションなど集合住宅だと月400~600円料金が高くなってしまいます。

ちなみにドコモ光でもOCNをプロバイダとして使うことができ、ドコモ光のプロバイダを
OCNにすることでWi-Fiルーターが設定変更なしで使えるなど多少手間が省けます。

ただドコモ光のプロバイダをOCNにすると、
 ・戸建て・・・5,400円
 ・集合住宅・・・4,200円
と高い方の料金になるので、
OCN光からの事業者変更ではより割高感が増してしまいます。
フレッツ光から光コラボレーションへの転用では、
転用先に関わらず料金が安くなる可能性が高いです。

ところが光コラボレーション同士の事業者変更では、OCN光からドコモ光のように
乗り換え先によってはかえって料金が高くなることもあるので要注意です。

ただしドコモ光ではドコモスマホとのセット割が利用できるので、
ドコモのスマホユーザーならOCN光からドコモ光に乗り換えることで通信費全体は
安くなる可能性が高いです。

アナログ戻ししなくてもひかり電話の電話番号が引き継げる

基本料金や通話料がアナログ電話より安いということで、
自宅の固定電話をOCN光のひかり電話にしていることも多いと思います。

これまでは、ひかり電話を利用している場合、OCN光からドコモ光への乗り換えでは
そのまま電話番号を引き継ぐことができませんでした。

OCN光を解約する前にひかり電話を一度アナログ電話に戻し、
OCN光解約ドコモ光開通後に改めてひかり電話に切り替えるという
「アナログ戻し」の手続きを踏まないと電話番号が引き継げなかったんですね。

ところが事業者変更での乗り換えでは、アナログ戻しをしなくても、
そのままでひかり電話の電話番号を引き継ぐことが可能です。

なのでひかり電話の電話番号を変えたくないからと言っても、事業者変更の手続き前にひかり電話をNTTのアナログ電話に戻しておく必要はありませんよ。

ただしソフトバンク光の「ホワイト光電話」など、
光コラボレーションで利用しているひかり電話の種類によっては、
事業者変更でもアナログ戻しをしないと電話番号が引き継げないケースもあります。

ひかり電話を利用していて事業者変更後も電話番号を変えたくない場合は、
事前にアナログ戻し無しで電話番号の引き継ぎが可能かどうか確認しておきましょう。

アナログ戻しは誰でもできるわけじゃない!?

先に書いたように、光コラボレーション同士の事業者変更でもひかり電話の電話番号を
引き継ぐのにアナログ戻しが必要な場合もあります。

ただ誰でもアナログ戻しができるというわけではなく、「NTTがアナログ電話用に
発番した電話番号」を使っている場合しかアナログ戻しができません。

アナログ電話用でもNTT以外が発番した番号や、
NTTが発番した番号でもひかり電話用だとアナログ戻しはできないんですね。

OCN光からドコモ光への事業者変更では、基本的に
 ・NTTがアナログ電話用に発番した番号
 ・NTT以外がアナログ電話用に発番した番号
 ・ひかり電話用に発番した番号
のどれでもアナログ戻し無しでひかり電話の電話番号の引き継ぎができます。

ただひかり電話でアナログ戻しができない電話番号を使っており、
事業者変更で電話番号を引き継ぐのにアナログ戻しが必要だと、
事業者変更に伴ってひかり電話の電話番号が変わってしまいますよ。

事業者変更承諾番号は契約者じゃないと取得できない

代理店を通して光回線の新規でも申し込むと、
プロバイダの手配など面倒な手続きを代行してくれることがあります。

それと同じように、OCN光からドコモ光への事業者変更でも代理店や乗り換え先の
ドコモ光が面倒な手続きを代行してくれるんじゃないかという期待を抱いていることも
あるかもしれません。

先のひかり電話の電話番号引き継ぎなど代行してもらえる手続きもありますが、
事業者変更承諾番号の取得に関しては代行してもらうことはできないんです。

転用承諾番号やMNP予約番号もそうですが、
事業者変更承諾番号の発行手続きができるのは基本的に契約者のみとなっています。

OCN光のように事業者変更承諾番号の発行手続きが電話のみだと、
口頭で解約を伝えるのも同じであり、ちょっと気まずいですけどね。

事業者変更承諾番号の有効期限は15日間

事業者変更承諾番号には有効期限があり、
発行から15日が経過すると無効になってしまいます。

なのでOCN光で事業者変更承諾番号を取得したら、
どんなに遅くとも2週間以内にはドコモ光に申し込まないといけないわけです。

OCN光で事業者変更承諾番号を取得してから15日以上経過すると、
ドコモ光に事業者変更で乗り換えるには再度OCN光で事業者変更承諾番号を
取得するところからやり直しとなります。

事業者変更承諾番号を取得してから乗り換え先を検討するのではなく、しっかりと
検討して乗り換え先を決めてから事業者変更承諾番号を取得するようにしましょう。

初期契約解除制度に因る解約も可能だが・・・

事業者変更による光回線の乗り換えは「初期契約解除制度」の対象となっており、
契約から8日以内であれば違約金無しで解約することが可能です。

例えばOCN光からドコモ光へ事業者変更による乗り換え手続きを行ったものの、
ドコモ光との契約から8日以内であれば違約金無しでドコモ光を解約できるということ
なんですね。

ただ初期契約解除制度による解約が可能なのは、
「契約書類を受け取った日を初日として8日以内」です。

事業者変更では、乗り換え先の光コラボレーションから契約書類が先に送られてきて、
それから回線の切り替え工事が実施されます。

なので回線の切り替え工事が実施された段階では、
契約書類を受け取ってから8日以上経過しており、
初期契約解除制度による解約ができなくなっていることも十分に考えられます。

OCN光からドコモ光に事業者変更して実際にドコモ光を使ってみてから
初期契約解除制度を利用してドコモ光を解約するということはできない可能性が
高いですね。

また初期契約解除制度による解約で免除されるのは違約金のみで、
その他事業者変更にかかる費用は全て払わないといけません。

OCN光で事業者変更承諾番号を発行するのに必要な手数料や、
ドコモ光に事業者変更で申し込む際の事務手数料、OCN光の違約金や
工事費の残債も当然払うことになります。

さらにドコモ光の契約から解約までの数日間の利用料金(日割り計算)も請求されます。

初期契約解除制度は訪問販売や通信販売を対象にした「クーリングオフ」と似ている
ものの、クーリングオフよりは支払いが免除される部分が少ないで注意しましょう。

また初期契約解除制度では、
あくまで事業者変更先の光コラボレーションが解約できるだけです。

OCN光からドコモ光に事業者変更して初期契約解除制度でドコモ光を解約したからと
言って、事業者変更前のOCN光と契約している状態に戻せるわけではありません。

初期契約解除制度でドコモ光を解約してOCN光に戻すのであれば、
再度OCN光を新規で申し込むことになります。

 


ドコモショップや公式サイトからドコモ光に申し込むと損します!

 

なぜかというと・・

15,000円のキャッシュバックをドブに捨てることになるからです!

 


>>(限定)15,000円キャッシュバックのドコモ光

 

他社の光コラボからドコモ光に事業者変更で乗り換えするなら
GMOとくとくBBというプロバイダのサイトから申し込んだほうがお得になります。

 
もちろんドコモショップやドコモ公式サイトから申し込む場合と同じドコモ光が使えます。
プロバイダがGMOとくとくBBというプロバイダになるだけの違いです。

※ちなみにこのプロバイダはドコモ光のタイプAで選択できるプロバイダです。

ドコモショップでのキャンペーンやドコモ公式サイトでのキャンペーン
で宣伝しているdポイントプレゼントはもちろん対象となります。

 

このプロバイダがすごいのは、このようなドコモ公式の特典にプラスして

独自のキャッシュバック(15,000円)がもらえる所です!

 



 

さらに高性能WIFIルーターがずっと無料でレンタルできる独自の特典もあります。

ドコモ光をドコモショップで申し込むのは特典が少なく損しますので、ぜひこちらのサイトから
申し込むことをおすすめします!

 

-ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.