事業者変更Q&A

ソフトバンク光で事業者変更承諾番号を取るには?

投稿日:

利用していたプロバイダが「Yahoo!BB」だったので、ソフトバンクユーザーでもないのに
フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えた、なんてこともあるかもしれません。

反対に、ソフトバンクユーザーだからソフトバンク光の方がお得だったのに、
プロバイダに勧められるがまま別の光コラボレーションに乗り換えた、
といったこともあるんじゃないでしょうか。

これまでは光コラボレーションであるソフトバンク光に乗り換えてしまうと、
再度別の光コラボレーションに乗り換えたり、フレッツ光に戻したりすることは
簡単にできませんでした。

しかし2019年7月から「事業者変更」が可能になり、光コラボレーション同士あるいは
光コラボレーションからフレッツ光への乗り換えが転用と同じように手軽になります。

なのでこれからは通常の乗り換え手続きを踏まなくても、
ソフトバンク光から別の光コラボレーションに乗り換えたり、反対に
別の光コラボレーションからソフトバンク光にのりかえることができるようになるんです。

そこでソフトバンク光から別の光コラボレーションへなど事業者変更する手順と、
事業者変更する際に注意すべきことなどについて詳しく見ていきたいと思います。

事業者変更は「事業者変更承諾番号」の取得から

ソフトバンク光を解約して別の光コラボレーションに申し込むという通常の乗り換え
手続きでは、事業者変更にはなりません。

事業者変更でソフトバンク光から別の光コラボレーションに乗り換える場合には、
まず「事業者変更承諾番号」を取得しなければならないんです。

フレッツ光から光コラボレーションへの転用の際に「転用承諾番号」、
MNPでスマホのキャリア変更する際に「MNP予約番号」が必要になるのと同じです。

ソフトバンク光から別の光コラボレーションに事業者変更する場合は、
ソフトバンク光に事業者変更承諾番号を発行してもらいます。

事業者変更承諾番号を取得したら、
それを使って乗り換えたい光コラボレーションに申し込みます。

あとは回線事業者側で回線の切り替え工事が実施されれば手続きは完了、
自宅の光回線がソフトバンク光から別の使いたい光コラボレーションに替わります。

回線が切り替わると自動的にソフトバンク光は解約となるので、
改めてソフトバンク光で解約手続きを行う必要はありません。

別の光コラボレーションからソフトバンク光に事業者変更する場合は、
事業者変更承諾番号の取得が別の光コラボレーション、
事業者変更の申し込み先がソフトバンク光に変わるだけで手順は同じです。

転用やMNPでスマホのキャリア変更と流れはほとんど同じですし、
初めてでもそんなに難しくないですよ。

事業者変更にかかる費用は?

事業者変更にかかる費用ですが、
2019年6月の段階ではまだはっきりしたことは分かっていません。

ただフレッツ光から光コラボレーションへの転用の場合と同じようになる可能性が
高いと思われます。

転用の場合、光コラボレーションと契約する際の契約手数料が3,000円、
回線の切り替え工事の工事費が2,000円の合わせて5,000円です。

なので事業者変更でも同じぐらいになると思いますが、場合によっては
事業者変更承諾番号の発行手数料として3,000円ほどかかるかもしれません。

いずれにしても、事業者変更そのものにかかる費用としては
10,000円以内に収まる可能性が高いんじゃないでしょうか。

事業者変更承諾番号はどうやって取得する?

事業者変更承諾番号の取得方法についても、
2019年6月段階でははっきり分かりません。

こちらも転用のケースを参考にすると、
 ・光コラボレーション事業者の公式サイト
 ・電話
で取得できるようになると思われます。

ソフトバンク光は、ひょっとするとソフトバンクショップで事業者変更承諾番号の発行を
受け付けてもらえるかもしれません。

ソフトバンクショップやドコモ光ならドコモショップで事業者変更承諾番号が
取得できるようになる可能性はありますが、さすがに家電量販店では取得できません。

取得方法はまだ分かっていないものの、
事業者変更承諾番号の取得について現時点でハッキリ分かっていることもあります。

それは
 ・契約者でないと事業者変更承諾番号が取得できない
 ・事業者変更承諾番号の有効期限は15日間
ということです。

転用承諾番号やMNP予約番号もそうですが、事業者変更承諾番号は基本的に
光コラボレーションの契約者本人でないと取得することができません。

ですから代理店や乗り換え先のプロバイダなどに、承諾番号の取得を含めた一切の
事業者変更手続きを代行してもらうといったことはできないんですね。

また事業者変更承諾番号は取得した日から15日間しか有効期限がなく、
発行から15日以上経過した承諾番号は無効となります。

承諾番号を取得してから乗り換え先を検討していては有効期限を過ぎてしまう恐れが
あるので、前もって乗り換え先を決めてから承諾番号を取得するようにしましょう。

事業者変更は初期契約解除制度による解約が可能

迷いながらもソフトバンク光から別の光コラボレーションへの事業者変更を決断したけど
やっぱり止めたい、なんてこともあるかもしれません。

事業者変更は「初期契約解除制度」の対象となっているので、
契約から8日以内であれば違約金無しで解約することが可能です。

ただし訪問販売などに適用される「クーリングオフ」と違って、
初期契約解除制度では一切費用をかけずに解約することはできません。

初期契約解除制度で支払わなくても良いのは、
事業者変更先の光コラボレーションの違約金のみです。

事業者変更にかかった
 ・契約事務手数料
 ・回線の切り替え工事費
は払わないといけませんし、
契約から解約までの利用料金も日割り計算で請求されることもあります。

また初期契約解除制度では、あくまで事業者変更で乗り換えた先の
光コラボレーションを違約金無しで解約できるだけです。

事業者変更をリセットして、事業者変更前の状態に戻せるわけじゃありません。

初期契約解除制度で解約してソフトバンク光に戻したい場合は、
再度ソフトバンク光を新規契約することになります。
(当然通常の開通工事も必要)

事業者変更で注意すべきこととは?

先の「事業者変更承諾番号は契約者でないと取得できない」「事業者変更承諾番号の
有効期限は15日間」以外にも事業者変更では注意すべきことがいくつかあります。

一番注意しておかないといけないのは
 ・違約金
 ・工事費の残債
の取り扱いです。

フレッツ光から光コラボレーションへの転用では、
フレッツ光が更新月であろうとなかろうと違約金は発生しません。

またフレッツ光の開通工事費を分割払いにしていて払い終わっていなくても、
転用の時点で一括精算する必要がありません。

例えばフレッツ光の開通工事費が30回払いで、20回払った段階でソフトバンク光に
転用したとすると残りの10回分はソフトバンク光で払うことになります。

ところが事業者変更では、乗り換え元の光コラボレーションが更新月でない場合には
違約金が発生してしまいます。

そして開通工事費の分割払いが終わっていないと、
事業者変更の時点でその残債を一括精算しなければいけません。

ソフトバンク光から別の光コラボレーションに事業者変更する場合、
ソフトバンク光が更新月でないと
 ・2年契約・・・9,500円
 ・5年契約・・・15,000円
の違約金が発生します。

さらにソフトバンク光のプロバイダであるYahoo!BBでプレミアム会員になっていると、
Yahoo!BBの違約金3,000円もプラスされます。
(事業者変更先で引き続きYahoo!BBを使うなら不要)

ソフトバンク光の開通工事費は24,000円と光コラボレーションとしては少し高めで、
最大60回まで分割払いの回数を選ぶことができます。

なので5年契約で工事費の分割払いを60回にしていて、
最初の更新月を待たずに事業者変更すると違約金と工事費の精算で
20,000円以上になってしまう恐れもあります。

それにYahoo!BBの違約金や事業者変更にかかる費用をプラスすると、
場合によってはソフトバンク光から別の光コラボレーションに事業者変更するのに
30,000円以上かかることもありえます。

ですから事業者変更する際には、現在利用している光コラボレーションの違約金と
工事費の残債をしっかりとチェックしておき、できれば工事費を払い終わってから
更新月に事業者変更した方が良いですね。

事業者変更でオプションサービスが使えなくなることも

事業者変更でソフトバンク光から別の光コラボレーションに乗り換えると、
ソフトバンク光で利用しているオプションサービスが使えなくなる恐れもあります。

フレッツ光から光コラボレーションへの転用では、光回線サービスの提供元は
変わるものの、回線自体はNTTのものを引き続き利用します。

なのでフレッツ光でNTTが提供していたオプションサービスは、
転用先の光コラボレーションでも利用することができます。

ところがソフトバンク光から別の光コラボレーションへの事業者変更では、
ソフトバンク光との契約関係が無くなるので、
ソフトバンク光が提供しているオプションサービスが利用できなくなるわけです。

ただサポートやセキュリティのオプションサービスは、多少内容が違うかもしれませんが
事業者変更先でも提供されているので、ソフトバンク光のサービスが使えなくなっても
大きな問題ではありません。

問題は「メール」で、事業者変更でプロバイダも変えてしまうとプロバイダメールの
アドレスも変わってしまいます。

事業者変更先がフレッツ光ならプロバイダとしてYahoo!BBが使えるので、
ソフトバンク光から事業者変更してもメールアドレスが変えずに済ませることもできます。

別の光コラボレーションだとプロバイダが決まっていることも多く、
メールアドレスを変えずに済ませるのは難しいと思います。

またプロバイダによっては、
月数百円程度の料金を払うことでメールサービスだけ使い続けることも可能です。

しかしYahoo!BBでは、プロバイダサービスを利用しないことには
メールサービスも利用できないようになっています。

なのでソフトバンク光から別の光コラボレーションに事業者変更すると、
メールアドレスが変わってしまう可能性が高いんですね。

事業者変更は光コラボレーション同士か光コラボレーションからフレッツ光だけ

事業者変更によって、
あらゆる光回線の乗り換えが手軽になると勘違いしている場合もあるかもしれません。

事業者変更で乗り換えが手軽になるのは、
 ・光コラボレーション→光コラボレーション
 ・光コラボレーション→フレッツ光
の乗り換えだけです。

光コラボレーション以外の
 ・auひかり
 ・NURO光
 ・電力会社系光回線
との乗り換えには通常の手続きが必要で、手軽にはなりません。

例えばソフトバンク光からフレッツ光や光コラボレーションのドコモ光などへの
乗り換えは事業者変更で、大掛かりな開通工事不要で乗り換えられます。

しかしソフトバンク光からauひかりやNURO光などへの乗り換えでは、
ソフトバンク光を解約してauひかりやNURO光を申し込んで開通工事を行うという
通常の手続きが必要なんですね。

特にauひかりは、同じ大手携帯キャリアが提供するソフトバンク光やドコモ光と違って
光コラボレーションではないので注意しましょう。

事業者変更では「アナログ戻し」は不要

違約金の発生やオプションサービスが使えなくなるなどネガティブの注意点だけでなく、
事業者変更にはポジティブの注意点もあります。

光回線のオプションとして「ひかり電話」を使っている場合、通常の乗り換え手続きでは
「アナログ戻し」という手続きを行わないと電話番号の引き継ぎができませんでした。

例えばソフトバンク光から別の光コラボレーションへ乗り換える場合、これまでは
まずソフトバンク解約前にひかり電話を一旦NTTのアナログ電話に戻します。

別の光コラボレーションに乗り換え後、アナログ電話を再度ひかり電話に切り替える
という手続きを取らないことにはひかり電話の電話番号が変わってしまいました。

このアナログ戻しの手続きには、多少のお金と手間がかかるだけでなく、
「特定の電話番号でないとダメ」という制約があります。

アナログ戻しが可能なのは、
「NTTがアナログ電話用に発番した電話番号」を使っている場合のみです。

なのでひかり電話用に発番された番号やNTT以外が発番した番号を使っている
場合には、光回線を乗り換えると必然的に電話番号も変わってしまうわけです。

しかし事業者変更での乗り換えでは、アナログ戻しの手続きを取らなくても
ひかり電話の電話番号を引き継ぐことができます。

NTTがアナログ電話用に発番した番号はもちろん、ひかり電話用やNTT以外が
発番した番号でも事業者変更だとそのままで引き継げるんですね。

事業者変更にかかる必要はキャッシュバックで相殺可能?

2019年7月になると、各光コラボレーション事業者や代理店では
お得に事業者変更できるキャンペーンなどが行われる可能性があります。

事業者変更による乗り換えで一定期間利用料金が割引されたり、キャッシュバックや
現金代わりに使えるポイントが貰えたりといったことがあるかもしれません。

こうしたキャンペーンを利用することで、契約手数料や回線の切り替え工事費など
事業者変更にかかる費用を相殺することも可能です。

事業者変更にかかる費用は数千円程度ですから、
10,000円以上のキャッシュバックが貰えれば十分相殺できます。

ただ個人で利用する光回線の申し込みで、
高額キャッシュバックを貰うのは難しくなっています。
(有料オプション利用などの条件が付く)

なので事業者変更元の違約金や工事費の精算が発生して、
事業者変更にかかる費用が20,000円30,000円となると
キャッシュバックだけで相殺するのは難しいかもしれないですね。

-事業者変更Q&A

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.