事業者変更Q&A

事業者変更承諾番号の取り方は?その際に注意することは?

投稿日:

2015年に光コラボレーションが開始され、フレッツ光から光コラボレーションへの
乗り換えが「転用」という形で簡単にできるようになりました。

しかし光コラボレーションから別の光コラボレーションへ乗り換えたり、
フレッツ光に戻したりするのは転用というわけにはいかなかったんですね。

転用で光コラボレーションに乗り換えたは良いけど、別の光コラボレーションが
もっとサービス内容が良かったということも十分にありえます。

また光コラボレーションに乗り換えたことで、以前使っていたフレッツ光よりも
通信速度が遅くなったり不安定になったりといったことも無いとは言えません。

そうなった場合に、簡単に別の光コラボレーションに乗り換えたり
フレッツ光に戻したりができないので、光コラボレーションの利用自体を躊躇う
なんてこともあるんじゃないでしょうか。

ところが2019年7月からは「事業者変更」という新しく始まるサービスを利用することで、
光コラボレーションから別の光コラボレーションあるいはフレッツ光への乗り換えが
転用同様に手軽にできるようになります。

そこで事業者変更の方法や事業者変更と転用の違い、
さらに事業者変更を利用するメリットなどについて詳しく見ていきたいと思います。

事業者変更の手順は転用と同じ?

事業者変更の方法ですが、NTT東日本・西日本や各光コラボレーション事業者の
公式サイトにその流れが記載されています。

通常の乗り換え手続きのように、単に今利用している光コラボレーションを解約して、
別の光コラボレーションやフレッツ光に申し込むだけでは事業者変更にはなりません。

まず現在利用している光コラボレーション事業者に事業者変更を利用して
別の光コラボレーション又はフレッツ光へ乗り換えることを伝え、
「事業者変更承諾番号」を発行してもらいます。

次に別の光コラボレーションあるいはフレッツ光を、
先に発行された事業者変更承諾番号を使って申し込みをします。

後は光コラボレーション事業者あるいはNTTが回線の切り替え工事を行うことで
手続きは完了、自宅で新しい光コラボレーション又はフレッツ光が使えるようになります。

回線の切り替え工事が完了した時点で乗り換え元の光コラボレーションは自動的に
解約となるので、別途解約の手続きをする必要はありません。

現在利用している事業者に番号を発行してもらい、
それを使って新しい事業者に申し込むという流れは
 ・フレッツ光から光コラボレーションへの転用
 ・スマホのMNPによるキャリア変更
と同じです。

また事業者変更承諾番号を使って光コラボレーションやフレッツ光に申し込む場合、
事業者によっては申し込み方法が限られる場合があります。

例えば「ドコモ光」の場合、通常の新規申し込みはオンラインで手続きができますが、
事業者変更申し込みは「ドコモショップ」か「インフォメーションセンター(電話)」での
受付となっています。

他の光コラボレーション事業者でも、
事業者変更の申し込みはオンラインでできない可能性があるので注意しましょう。

事業者変更承諾番号の取り方は?

2019年6月現在、あまりポジティブなことじゃないからなのか、
各光コラボレーション事業者の公式サイトに事業者変更承諾番号の取り方に関する
情報はほとんど掲載されていません。

NTTでの転用承諾番号、携帯キャリアでのMNP予約番号取得を参考にすると、
 ・公式サイト
 ・電話
で取ることになるんじゃないでしょうか。

ドコモ光やソフトバンク光などは、ひょっとするとキャリアショップで
事業者変更承諾番号が取れるようになるかもしれません。

NTTで転用承諾番号を取る際には
 ・お客さまID
 ・ひかり電話または契約者の連絡先電話番号
 ・契約者名
 ・フレッツ光を利用している場所の住所
 ・フレッツ光の料金支払方法
などが必要です。

恐らく事業者変更承諾番号の取得でも同じようなものが必要になる可能性が
高いですから、事前に用意しておいた方が良いですよ。

事業者変更承諾番号は契約者でないと取得できない

光コラボレーションに限らず光回線の新規申込では、
プロバイダや代理店が面倒な手続きは代行してくれたりしますよね。

必要書類を揃えて簡単な申し込み書類を提出することと開通工事の日程調整をする
ぐらいで、あとは全てプロバイダや代理店が行ってくれます。

これと同じノリで、事業者変更も代理店や乗り換え先の光コラボレーション事業者が
全て手続きしてくれると思っている場合があるかもしれません。

しかし事業者変更承諾番号の取得手続きについては、
契約者本人でないとできないようになっています。

承諾番号取得後の手続きは代理店や乗り換え先が行ってくれるでしょうが、
承諾番号の取得は自分で手続きしないとダメなんですね。

事業者変更承諾番号の有効期限は15日間

事業者変更承諾番号の取得手続きでもう1つ注意しないといけないのが、
事業者変更承諾番号の有効期限が15日間しかないということです。

事業者変更承諾番号を取得したら15日以内に、
乗り換え先の光コラボレーションやフレッツ光に申し込まないといけません。

取得から15日以上経過した承諾番号は無効となり、
事業者変更を行うにはもう1度承諾番号を取得するところから始めることになります。

前もって承諾番号だけ取得してそれから乗り換え先を検討する、
といったことをしていると承諾番号が無効になってしまう可能性が高いですよ。

承諾番号取得→事業者変更の申し込みは速やかに行わないといけませんから、
しっかりと乗り換え先を決めてから事業者変更承諾番号を取るようにしましょう。

事業者変更でも初期契約解除制度による解約は可能

事業者変更は純粋な新規契約ではないものの、
「初期契約解除制度」を利用して解約することが可能となっています。

事業者変更で光コラボレーションやフレッツ光に申し込みをしても、
契約から8日以内(契約書面を受け取った日を初日とする)であれば
違約金無しで解約できるということです。

訪問販売などを対象として「クーリングオフ」では、
解約はもちろん契約や商品購入などで発生する一切の金銭を払う必要がありません。

ところが初期契約解除制度で支払う必要が無いのは違約金のみで、
 ・契約事務手数料
 ・開通工事費用
 ・解約までの利用料金
などは払う必要があります。

解約までの利用料金は日割りなので大した金額にはなりませんが、
契約事務手数料が3,000円ほど、事業者変更の回線切り替え工事費が2,000円ほどで
合わせると5,000~6,000円ぐらいは払うことになるんじゃないでしょうか。

また初期契約解除制度では、あくまで事業者変更で乗り換えた先の光コラボレーション
ないしフレッツ光を解約するだけです。

一旦リセットされて事業者変更前の状態に戻るわけではなく、事業者変更前に
使っていた光コラボレーションを再度使うには新規契約をしなければいけません。

転用と事業者変更では何が違う?

フレッツ光から光コラボレーションへ乗り換える「転用」、光コラボレーションから
別の光コラボレーションあるいはフレッツ光へ乗り換えるのが「事業者変更」です。

回線の切り替え工事のみで大掛かりな開通工事が不要など共通する部分も多く、
手続き上は単に乗り換え元と乗り換え先が違うだけと言えなくもありません。

しかし金銭面においては転用と事業者変更で違いがあり、
転用では不要だった費用が事業者変更では必要となることもあります。

例えば「違約金」ですが、フレッツ光が更新月でなくても転用での乗り換えであれば
フレッツ光の違約金は発生しないようになっています。

それから「開通工事費の残債」は、転用だとフレッツ光の開通工事費の分割払いが
残っていても精算する必要はなく、転用先の光コラボレーションに引き継がれます。

フレッツ光の開通工事費を30回分割で払っていて、2年経過したところで転用したと
すると、残りの6回分を転用先の光コラボレーションで支払うことになるわけです。

ところが事業者変更では、乗り換え元が更新月以外だと違約金が発生しますし、
開通工事費の残債が残っている場合は一括精算しなければいけません。

光コラボレーションでも
 ・ソフトバンク光
 ・ビッグローブ光
 ・So-net光
などフレッツ光よりも開通工事費が高めに設定されているところもあります。

こうした光コラボレーションを利用していて、工事費の残債が残っている状態で
事業者変更すると工事費の精算で10,000円以上払うことになります。

その上に違約金、契約事務手数料、回線の切り替え工事費なども加わると
事業者変更にかかる費用が20,000円30,000円に上ってしまうことも十分考えられます。

事業者変更の費用はキャッシュバックやポイントで相殺する

光コラボレーションの事業者によっては、乗り換えでキャッシュバックや現金代わりに
使えるポイントが貰えるキャンペーンが行われています。

キャッシュバックなどのキャンペーンを行っていない光コラボレーションでも、
プロバイダや代理店を通して申し込むことでキャッシュバックなどが貰えることが
あります。

20,000円30,000円となると厳しいかもしれませんが、10,000円ぐらいなら
十分に相殺できるだけのキャッシュバックやポイントが貰える可能性があります。

事業者変更で費用が嵩みそうな場合には、キャッシュバックやポイントが貰える
プロバイダや代理店で申し込むのも1つの方法ですよ。

事業者変更が可能になるとどんなメリットがある?

これまではフレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えは比較的簡単にできましたが、
その逆あるいは光コラボレーション同士の乗り換えは簡単じゃありませんでした。

別の光コラボレーションでお得なサービスあるいは自分が使いたいサービスが
開始されても簡単に乗り換えられないので、光コラボレーションの利用には
それなりの覚悟が必要でした。

しかし事業者変更によってフレッツ光に戻したり、別の光コラボレーションに手軽に
乗り換えられるようになることで、お得なサービス・自分に合ったサービスを求めて
事業者を渡り歩くことができるようになります。

そうするとNTTを含めた事業者間の競争も激しくなり、
よりお得なサービス多様なサービスが登場する可能性も高くなるんですね。

事業者変更開始でひかり電話ユーザーが一番恩恵を受ける?

基本料金や通話料が安くなるということで、
光コラボレーションとともに「ひかり電話」を利用しているケースも多いと思います。

これまでは、光コラボレーションのみを利用している場合よりも光コラボレーション+
ひかり電話を利用している場合の方が回線の乗り換えが難しかったんです。

手続きが難しいといったことではなく、ひかり電話を利用していると光コラボレーションを
乗り換えることで電話番号が変わってしまうんです。

これまでひかり電話の電話番号は、フレッツ光から光コラボレーションへ転用する場合
しかそのまま引き継ぐことができませんでした。

光コラボレーションからフレッツ光あるいは光コラボレーションへ乗り換える場合は、
ひかり電話の電話番号が変わってしまう恐れがあったんです。

転用以外でひかり電話の引き継ぐには、乗り換え元の光コラボレーションを解約する
前にひかり電話を一旦アナログ電話に戻し、乗り換え先の開通後に再度ひかり電話に
切り替えるいわゆる「アナログ戻し」という作業をしなければなりません。

アナログ戻しには多少の手数料もかかりますし、
何よりひかり電話→アナログ電話→ひかり電話と切り替える手続きが面倒です。

またアナログ戻しができるのは
NTTがアナログ電話用に発番した電話番号を使っている場合のみで、
ひかり電話用やNTT以外が発番した番号はアナログ戻しができません。

なのでNTTがアナログ電話用に発番した番号以外を使っている場合には、
光回線を乗り換えることで電話番号が必然的に変わってしまうわけです。

ところが事業者変更が可能になることで、アナログ戻しをしなくても、転用の場合と
同じようにそのままでひかり電話の電話番号を引き継ぐことができるようになります。

もちろんNTTがアナログ電話用に発番した番号以外の電話番号を使っている場合でも、
そのままで引き継げます。

これまではひかり電話を利用していることが光コラボレーション乗り換えのハードルを
さらに上げていましたが、事業者変更が可能になるとそのハードルが一気に
下がることになるんですね。

-事業者変更Q&A

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.