事業者変更Q&A

光コラボ同士の事業者変更は2019年7月から可能に

投稿日:

「料金が安い」「スマホとのセット割がある」などメリットの多い光コラボレーションですが、
数少ない不満として他の光コラボレーションやフレッツ光への乗り換えが
簡単にできないということが挙げられます。

フレッツ光から光コラボレーションへは「転用」で、
大掛かりな開通工事などをせずに比較的簡単に乗り換えることができます。

ところが光コラボレーション同士や光コラボレーションからフレッツ光への乗り換えでは、
乗り換え元の回線を解約撤去して新しい回線を契約開通するという通常の手続きが
必要だったんですね。

童謡の歌詞の行きはよいよい帰りは何とやらではありませんが、フレッツ光から
光コラボレーションへは簡単に乗り換えられても逆は簡単に行かないということで、
光コラボレーションへの乗り換えを躊躇っている場合も多いんじゃないでしょうか。

それが2019年7月からは、
「事業者変更」という形で光コラボレーション同士や光コラボレーションから
フレッツ光への乗り換えが転用と同じように手軽にできるようになります。

そこで事業者変更の手順や事業者変更するメリット・デメリット、
さらには事業者変更と転用の違いなどについて詳しく見ていきましょう。

事業者変更の手順は?

事業者変更の手続きですが、フレッツ光から光コラボレーションへの転用や
スマホでMNPによるキャリア変更と同じような流れとなっています。

まず現在利用している光コラボレーション事業者に事業者変更による回線乗り換えを
伝え、「事業者変更承諾番号」を発行してもらいます。

次に新しく利用したいと考えている光コラボレーション事業者で、
先に発行してもらった事業者変更承諾番号を使って申し込みをします。

後は回線事業者側で回線の切り替え工事が行われれば乗り換え完了、
自宅で新しく申し込んだ光コラボレーションが利用できるようになります。

事業者変更の手続き自体は簡単なんですが、1つ注意しておかないといけないのが
「事業者変更承諾番号には有効期限がある」ということです。

フレッツ光から光コラボレーションへ転用する際の「転用承諾番号」やスマホでキャリア変更する際の「MNP予約番号」と同じで、
事業者変更承諾番号の有効期限は発行から15日間となっています。

ですから事業者変更承諾番号を取得したら、15日以内に乗り換え先の
光コラボレーションなりフレッツ光で申し込み手続きをしないといけないんですね。

乗り換え先や乗り換え時期などがちゃんと決まってから、
事業者変更承諾番号を取得するようにしましょう。

事業者変更承諾番号の取得方法(ネットや電話など)は
光コラボレーション事業者によって違うでしょうから、
現在利用している光コラボレーション事業者に確認してください。

事業者変更承諾番号の取得は自分で行うべし

光回線をプロバイダや代理店などで新規で申し込むと、必要書類の提出と開通工事の
日程を調整以外の面倒な手続きはプロバイダや代理店がほとんどやってくれます。

転用やMNPによるキャリア変更をしたことが無い場合は、事業者変更もプロバイダや
代理店がほとんどの手続きを行ってくれると思っているかもしれません。

しかし事業者変更承諾番号の発行手続きは、
ユーザー自身が行わなければいけないんです。

乗り換え先の回線事業者やプロバイダ、代理店などがユーザーに代わって
事業者変更承諾番号の発行手続きを行ってくれないですし、
そもそもユーザー本人以外は承諾番号発行の手続きを行うことができません。

なので事業者変更承諾番号の発行手続きは、ユーザー自身が行うことになります。

事業者変更するのに費用はどれぐらいかかる?

事業者変更で光コラボレーションの乗り換えが手軽になるのは良いんですが、
どれぐらい費用がかかるのかも気になるところですよね。

いくら手軽でも数万円もの費用がかかるのであれば、
少々通信品質に不満があっても事業者変更を諦めるなんてことにもなりかねません。

事業者変更そのものにかかる費用としては
 ・乗り換え先の契約事務手数料
 ・回線の切り替え工事費用
ぐらいでしょうか。

光コラボレーション事業者によっては、
事業者変更承諾番号を発行するのに手数料が発生することもあるかもしれません。

事業者変更では、乗り換え先だけでなく乗り換え元である光コラボレーション事業者や
プロバイダの違約金も払わないといけません。

さらに乗り換え元である光コラボレーションの開通工事費の分割払いが
残っている場合は、事業者変更の時点で一括精算することになります。

契約事務手数料は恐らく3,000円程度、回線の切り替え工事費用は2,000円程度、
承諾番号発行手数料が必要としても3,000円程度といったところです。

そこに光コラボレーション事業者とプロバイダの違約金、工事費の一括精算が加わると
金額が20,000円30,000円となってしまうことも十分に考えられますね。

事業者変更にかかる手数料や工事費はどうしようもありませんが、
乗り換え元の違約金や工事費はゼロにすることが可能です。

工事費の分割払いが終わるまで待って更新月に事業者変更すれば、
違約金も工事費の精算もなく、数千円程度の費用で済みますよ。

事業者変更でも初期契約解除制度が利用できるが・・・

事業者変更も「初期契約解除制度」の対象となっているので、
契約してから8日以内であれば違約金無しで解約することができます。
(契約書面を受け取った日を初日として8日以内)

初期契約解除制度は、契約者が解約を申し出ると、光コラボレーション事業者側は
受け入れなければならないようなシステムになっています。

ただ初期契約解除制度を利用する際に注意しないといけないのは、
「払わなくて良いのは違約金だけ」ということです。

訪問販売などを対象にした「クーリングオフ」では、契約や商品購入などにかかった
一切の費用を消費者側は払わなくて良いようになっています。

ところが初期契約解除制度で支払いが免除されるのは違約金のみで、
契約にかかった事務手数料、回線工事費、契約から解約までの利用料金などは
払わないといけないんですね。

また初期契約解除制度を利用して解約したからと言って、
事業者変更がリセットされるわけではありません。

あくまで乗り換え先の光コラボレーションなりフレッツ光を解約するだけで、
事業者変更前に利用していた光コラボレーションに戻すことまではできません。

事業者変更前に利用していた光コラボレーションに戻す場合でも、
通常の新規契約の手続きを行うことになります。
(当然開通工事も必要)

それから事業者変更では、転用の場合と同じように回線の切り替え工事に
少なくとも2週間程度はかかると思われます。

なので事業者変更で乗り換えた先に光コラボレーションなりフレッツ光の通信品質を
確かめてからでは、初期契約解除制度を利用して解約することはできないんですね。

「転用」と「事業者変更」の違いは?

フレッツ光から光コラボレーションへ乗り換えるのを「転用」、光コラボレーションから
他の光コラボレーションあるいはフレッツ光へ乗り換えるのを「事業者変更」と言います。

名称だけでなく、転用と事業者変更にはいくつかの違いがあります。

乗り換えに際して、回線の切り替え工事だけで大掛かりな開通工事が不要という点は
転用でも事業者変更でも同じです。

大きな違いとしてまず挙げられるのが、先にも少し書いた「違約金」です。

転用では、フレッツ光が契約期間中であってもフレッツ光の違約金は
発生しないことになっています。
(プロバイダの違約金は発生する場合も)

ところが事業者変更では、乗り換え元の光コラボレーションが更新月でない限りは
違約金が発生してしまいます。

光コラボレーションの違約金は、2年契約だと9,500円のところが多く、3年5年と
契約期間が長くなると違約金も比例して15,000円20,000円と高くなったりします。

違約金が発生することで思った以上に事業者変更に費用がかかったなんてことにも
なりかねないので、事業者変更は更新月を狙った方が良いと思いますよ。

事業者変更では工事費の残債は引き継がれない

フレッツ光から光コラボレーションへの転用では、フレッツ光の開通工事費の
分割払いが残っていると乗り換え先の光コラボレーションに残債が引き継がれます。

要するに転用の時点で開通工事費の残りを一括精算する必要が無く、
乗り換え先で残りの工事費を分割で払い続けることになるわけです。

ところが事業者変更では、
乗り換え元の開通工事費の残債は乗り換え先に引き継ぐことができません。

なので乗り換え元の光コラボレーションで開通工事費の分割払いが
残っている場合には、事業者変更を行う時点で残債を一括精算することになります。

ソフトバンク光(24,000円)など光コラボレーションの中には比較的開通工事費が高い
ところもあり、そういった光コラボレーションを利用している場合には
一括精算する工事費が嵩んでしまう恐れもあります。

光コラボレーション事業者によっては、
「契約期間は2年、開通工事費の分割払いは36回」など更新月と工事費の
分割払い終了時期が一致しない場合もあるので注意しましょう。

一部のオプションサービスが使えなくなる

光コラボレーションでセキュリティやサポートなどのオプションサービスを
利用していることもあると思いますが、
事業者変更することで一部のオプションサービスが使えなくなる恐れもあるんです。

フレッツ光から光コラボレーションへ転用では、
NTTが提供しているオプションサービスを引き続き利用することができます。

ところが事業者変更では、NTTが提供しているオプションサービスは引き継げますが、
乗り換え元の事業者やプロバイダが提供しているオプションサービスは
使えなくなります。

セキュリティやサポートは、乗り換え先の事業者やプロバイダでも同じような内容の
オプションが利用できる可能性が高いです。

問題はメールオプションで、プロバイダメールのアドレスが変わってしまいます。

プロバイダメールのアドレスは当然プロバイダが発行しているものであり、
利用するプロバイダが変わるとメールのアドレスも変わります。

光コラボレーションからフレッツ光への事業者変更であれば、
引き続き同じプロバイダが利用できるのでプロバイダメールのアドレスも引き継げます。

しかし光コラボレーションから別の光コラボレーションへの事業者変更では、
同じプロバイダが使えない可能性が高いですから、
プロバイダメールのアドレスも変わってしまう恐れがあるんですね。

事業者変更が可能になるメリットは?

光コラボレーション同士あるいは光コラボレーションからフレッツ光への事業者変更が
可能になることには、どういったメリットがあるのでしょうか?

1つには、回線の乗り換えに手間と費用がかからないということがあります。

これまで光コラボレーション同士や光コラボレーションからフレッツ光への
乗り換える場合には、通常の乗り換え手続きが必要でした。

現在利用している光コラボレーションを解約し、必要に応じて回線を撤去、
乗り換え先の光コラボレーションなりフレッツ光なりを新規契約して回線を
開通させないといけなかったわけです。

回線の開通工事にはそれなりの費用がかかりますし、
何より立ち会いが必要なのがネックとなります。

開通工事が平日だと学校や仕事を休まないといけませんし、
土日だと追加料金が発生する上に開通工事実施までに相当な日数がかかります。
(土日は工事業者の日程を抑えにくい)

それが事業者変更が可能になることで、工事費は2,000円程度で済みますし、
回線の切り替え工事だけで作業員が来ることはないので立ち会う必要もありません。

ひかり電話の電話番号が簡単に引き継げる

それからひかり電話を利用している場合には、
事業者変更だと電話番号がそのままで引き継げるというメリットもあります。

固定電話の電話番号はこれまで
 ・アナログ電話⇔ひかり電話
 ・フレッツ光のひかり電話→光コラボレーションのひかり電話
のいずれかの場合のみそのままで引き継ぐことが可能でした。

なので光コラボレーションから別の光コラボレーションあるいはフレッツ光への
乗り換えでは、ひかり電話の電話番号がそのままでは引き継げなかったんです。

現在利用している光コラボレーションを解約する前に一旦ひかり電話をアナログ電話に
戻し、別の光コラボレーションあるいはフレッツ光に乗り換えた後、再度ひかり電話に
切り替えるといった作業をしないと電話番号が変わってしまったんですね。

またこの作業ができるのは「NTTがアナログ電話用に発番した」電話番号を
使っている場合のみで、
 ・ひかり電話用に発番された電話番号
 ・NTT以外が発番した電話番号
を使っている場合は、
光回線を乗り換えることで問答無用に電話番号が変わってしまいます。

ところが事業者変更が可能になることで、
光コラボレーションから別の光コラボレーションあるいはフレッツ光への乗り換えでも、
そのままでひかり電話の電話番号の引き継ぎができるようになります。

NTTがアナログ電話用に発番した電話番号を使っている場合だけでなく、
ひかり電話用やNTT以外が発番した電話番号ももちろんそのままで引き継げますよ。

固定電話の電話番号が変わるのって、
スマホや携帯電話の番号が変わる以上に面倒だったりします。

なのでアナログ電話に一旦戻すという作業をしなくても電話番号が引き継げるのは、
ひかり電話ユーザーにとっては決して小さくないメリットなんですね。

 


ドコモショップや公式サイトからドコモ光に申し込むと損します!

 

なぜかというと・・

15,000円のキャッシュバックをドブに捨てることになるからです!

 


>>(限定)15,000円キャッシュバックのドコモ光

 

他社の光コラボからドコモ光に事業者変更で乗り換えするなら
GMOとくとくBBというプロバイダのサイトから申し込んだほうがお得になります。

 
もちろんドコモショップやドコモ公式サイトから申し込む場合と同じドコモ光が使えます。
プロバイダがGMOとくとくBBというプロバイダになるだけの違いです。

※ちなみにこのプロバイダはドコモ光のタイプAで選択できるプロバイダです。

ドコモショップでのキャンペーンやドコモ公式サイトでのキャンペーン
で宣伝しているdポイントプレゼントはもちろん対象となります。

 

このプロバイダがすごいのは、このようなドコモ公式の特典にプラスして

独自のキャッシュバック(15,000円)がもらえる所です!

 



 

さらに高性能WIFIルーターがずっと無料でレンタルできる独自の特典もあります。

ドコモ光をドコモショップで申し込むのは特典が少なく損しますので、ぜひこちらのサイトから
申し込むことをおすすめします!

 

-事業者変更Q&A

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.