光回線用語

SCコネクタが必要?延長光ケーブルの作り方

投稿日:

部屋の模様替えなどで家具を動かすのに、
光回線のONUを置く位置を変えたいといったこともあると思います。

しかし光コンセントとONUを繋ぐ光ケーブルの長さが決まっており、
ONUを移動させたくても移動させられないなんてこともあるんですよね。

また光コンセントが電気のコンセントなんかと一体になっていると、
ふとした拍子に引っ掛けて光ケーブルを断線させてしまうなんてこともあります。

電気コードなら家電量販店で延長コードを買ってくれば良いですが、
光ケーブルはどうやったら延ばすことができるのかよく分かりません。

かと言って回線事業者やプロバイダに光ケーブルの延長をお願いすると、
結構な費用がかかってしまいそうな気もします。

断線となると自力ではどうしようもなく、多少修理費がかかろうと回線事業者や
プロバイダに修理を依頼せざるをえないと思っちゃいますよね。

ところが実はよく知らないだけで、
光ケーブルを延ばしたり交換するのってそれほど難しくありません。

そこで光ケーブルを延ばしたり交換したりする方法について、詳しく見ていきましょう。

光コンセントとONUを繋ぐのが「光ケーブル」

フレッツ光やフレッツ光回線を使う光コラボレーション、auひかり、NURO光といった
光回線を自宅で使っている場合は、宅内に「光コンセント」が設置されているはずです。

電気のコンセントや電話のモジュラージャックと一体になっている場合もあれば、
エアコンダクトを利用して光ケーブルを引き込んでいる場合などは光ローゼットと
言われる単体の光コンセントがエアコン周辺に設置されています。

この光コンセントと光回線の終端装置である「ONU」を繋いでいるのが
「光ケーブル」となります。

ちなみに、インターネットを使うのにONUとWi-Fiルーターやパソコンを繋いでいる
ケーブルは「LANケーブル」、ひかり電話を使うのにONUと電話機を繋いでいるのは
「モジュラーコード」です。

「SCコネクタ付き光ケーブル」で簡単に延長・交換

Amazonなどのネット通販でケーブルの両端に「SCコネクタ」の付いた光ケーブルを
購入すれば、光コンセントとONUを繋ぐ光ケーブルを簡単に延長したり交換したり
することができます。

あとは回線事業者やプロバイダに、光コンセントとONUを繋ぐ光ケーブルが
断線したことを伝えると新しい光ケーブルを送ってもらえます。

家電量販店やパソコンショップだとSCコネクタ付きの光ケーブルを置いていないことも
あるようなので、ネット通販や回線事業者などで購入するのが確実です。

価格はピンからキリまでですが、安いものだと長さ3mで数百円程度、
高いものでも5,000円ぐらいまでで買えますよ。

回線事業者やプロバイダに新しい光ケーブルを送ってもらう場合は、3,000円ぐらいです。

「SCコネクタ付き」というのがポイントで、
中にはSCコネクタの付いていない光ケーブルも売られていることがあります。

SCコネクタが付いていない光ケーブルだと、
別途SCコネクタも用意して自分でSCコネクタを取り付けなければいけません。

専用の工具も必要ですし、SCコネクタ付きの光ケーブルの作り方も簡単ではないので、
間違ってもSCコネクタの付いていない光ケーブルを買わないようにしましょう。

延長する場合は今使っている光ケーブルよりも長いものを、断線で交換したい場合は
今使っている光ケーブルと同じ長さのものをネット通販で購入します。

購入した光ケーブルが届いたら、今使っている光ケーブルを外して購入した
新しい光ケーブルを光コンセントとONUに差し込むだけです。

SCコネクタ付き光ケーブルを自作するには専用工具が必要ですが、
光ケーブルを交換するだけなら特に工具などは必要無いので誰でも簡単にできますよ。

光ケーブルを交換する際に気を付けること

自分で光ケーブルを交換する場合に注意することは
 ・光ケーブルを折り曲げない
 ・光コンセントの差込口や光ケーブルの先端を覗き込まない
の2点です。

まず「光ケーブルを折り曲げない」ですが、光ケーブルは少し硬くあまり弾力性が
ありませんからちょっと力を入れて折り曲げるだけでポキッと折れてしまいます。

折れると言っても木の枝のように細かく折れるわけではありませんが、
光ケーブルを中心を通る光ファイバーが折れてしまうんですね。

耐圧仕様で多少折り曲げても大丈夫なものもありますが、光ファイバーが折れると
役に立たないので光ケーブルの取り扱いには注意した方が良いですね。

なので光ケーブル無理やり引っ張ったり、
家具などの下や間に挟んだりしないようにしましょう。

光ケーブルを折り曲げない以上に注意しないといけないのが、
2つ目の「光コンセントの差込口や光ケーブルの先端を覗き込まない」ということです。

光ケーブルの中心を通る光ファイバーは、
目には見えないレーザー光線のような光を発しています。

光ファイバーが発する光を直視すると、
失明の危険性は低いですが目に悪影響を及ぼします。

光ケーブルを交換する際にSCコネクタの差し込む方向を確認するのに、
光コンセントの差込口を覗き込んでしまいがちなので注意しましょう。

また小さいお子さんは目線が低く、光コンセントのようなものに興味を持ちやすいです。

ですから家の中に小さいお子さんが居る場合は、
光ケーブルを交換する際には特に注意した方が良いですよ。

自分で交換できるのは光コンセントとONUを繋ぐ光ケーブルだけ

光ケーブルが断線すると当然インターネットは使えなくなりますし、
ひかり電話を利用している場合には固定電話もFAXも使えなくなってしまいます。

プライベートで使っているだけなら気長に修理を待っても良いですが、
自営業などで仕事でも使っているとなるとすぐにでも交換しなければいけません。

とは言え、
あくまで自力で交換できるのは光コンセントとONUを繋ぐ光ケーブルのみです。

建物最寄りの電柱や電信柱から電話線の配管などを通して、宅内に引き込まれて
光コンセントに繋がっている光ケーブルを自力で交換することはできません。

仕事で使っているのですぐに交換したい気持ちは分かりますが、
電柱や電信柱から光コンセントまでの光ケーブルが断線した場合には
回線事業者やプロバイダに連絡して修理をお願いしましょう。

台風など自然災害が原因で光ケーブルが断線していると、
回線事業者やプロバイダが無償で光ケーブルを交換してくれることもありますよ。

光ケーブルが断線しているかどうか確認するには?

光ケーブルが断線するとインターネットが使えなくなりますが、
インターネットが使えなくなったからと言って光ケーブルが断線しているとは限りません。

光回線の終端装置であるONUにはいくつかのランプが付いており、
どのランプが付いているか消えているかで、インターネットが使えなくなった原因を
推し量ることができます。

まず「認証」もしくは「AUTH」というランプが消えている場合は、
ONU自体に何らかの不具合が発生してインターネットが使えなくなっています。

光ケーブルを含めたケーブル類が断線しているわけではないので、
ケーブルを交換しても改善は期待できません。

認証(AUTH)ランプが消えている場合は、電源コードを抜いて一旦ONUの電源を
落としてしばらく放置してから、再度電源コードを挿してONUを再起動してみましょう。

光回線が開通してからONUの電源を入れっぱなしということも多いと思います。

ONUの電源を入れっぱなしにしていると、
キャッシュなど一時的に保存しているデータが「通信のゴミ」となって溜まり、
通信速度を落としたり光回線へ接続しにくくなることがあるんです。

再起動することでONU内に溜まった通信のゴミが一掃されて、
繋がりやすくなったり通信速度がアップしたりしますよ。

UNIランプが消えている

ONUの「UNI」のランプが消えている場合も、インターネットに繋がらなくなります。

UNIのランプは、
ONUとWi-Fiルーターあるいはパソコンなどの機器との接続状況を表しています。

そのUNIのランプが消えているということは、ONUとWi-Fiルーターあるいは
パソコンなどの機器を繋ぐLANケーブルに異常が発生しているということです。

LANケーブルが断線している恐れもありますし、何かの拍子にLANケーブルが
抜けてしまいちゃんと挿さっていないことも考えられます。

またちゃんと挿さっていても、LANケーブルが接触不良を起こしてちゃんと接続できていないことも無いとは言えません。

なのでUNIのランプが消えていたら、まずはLANケーブルがちゃんと挿さっているかを
確認し、ちゃんと挿さっている場合は何度か挿し直してみましょう。

ちゃんと挿さっている、何度挿し直してもUNIのランプが付かない場合は、
断線している可能性が高いのでLANケーブルを交換しましょう。

電源ランプが消えている

「電源」もしくは「POWER/FAIL」のランプは、ONUの電源の状態を表しています。

このランプが消えているということは、
ONUにコンセントからちゃんと給電できていないことになります。

電源コード(特にコンセントに挿す側)は先のLANケーブルのように簡単に外れない
構造になっていないので、コードを引っかけるなどちょっとしたことで
外れやすくなっています。

ONUの電源コードがちゃんと挿さっているにも関わらず、電源(POWER/FAIL)の
ランプが付いていない場合は電源コードもしくはコンセントに問題があります。

別のコンセントの差込口にONUの電源コードを差し替えても電源ランプが付かないなら、
電源コードが断線している可能性が高いと思います。

ONUの電源コードを挿していたコンセントに、別の機器の電源コードを挿しても
使えない場合はコンセント側に問題が発生している可能性が高いです。

ONUによっては、LANケーブルや光ケーブルのように
市販の電源コードに交換することができない場合もあります。

なので電源コードに問題がある場合は、
回線事業者やプロバイダに連絡して交換してもらうのが一番確実です。

コンセント側に問題がある場合は、
漏電などの心配もあるので早めに電器屋さんなどに連絡して修理してもらいましょう。

光回線ランプが消えている

「光回線」のランプは、ONUの電源が入っていてインターネットが使える状態に
なっていると常時点灯しています。

この光回線のランプが消えているということは、
ONUと光ケーブルがきちんと接続できていないことになります。

光ケーブルが抜き挿しできるなら、
ONUから一旦光ケーブルを抜いて挿し直してみましょう。

それでも光回線のランプが付かない場合は、
光ケーブルが断線している可能性が高いです。

ただ光コンセントとONUを繋ぐ光ケーブルが断線しているのか、電柱や電信柱から
光コンセントまでの光ケーブルが断線しているのかまでは分かりません。

とりあえずは光コンセントとONUを繋ぐ光ケーブルを交換してみて、
光回線のランプが付くかどうか確認しましょう。

光コンセントとONUを繋ぐ光ケーブルを交換して光回線のランプが付けばそれで良し、
それでも付かない場合は電柱や電信柱から光コンセントまでの光ケーブルが
断線しているので回線事業者やプロバイダに修理を依頼するしかありません。

ちなみに回線事業者やプロバイダに光ケーブルの修理を依頼すると、
担当者の出張費に交換する光ケーブルの実費で10,000~20,000円ぐらいかかります。

-光回線用語

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.