光回線用語

光ローゼットとは?光コンセントとは違う?

投稿日:

フレッツ光など光回線を自宅に開通させる際、
宅内に「光ローゼット」という機器が設置されることがあります。

光回線を開通すると宅内に「光コンセント」が設置されるというのは聞いたことが
あるかもしれませんが、光ローゼットが設置されるというのはあまり聞いたことが
ないですよね。

そこで、
 ・光ローゼットとはどういう機器なのか?
 ・どういう場合に光ローゼットが設置されるのか?
 ・光ローゼットを設置するメリット
などについて詳しく見ていきましょう。

光ローゼットは光コンセントの中の1つ

「光ローゼット」というのはあまり聞き慣れないので、
特別な条件下で設置される特別な機器と思ってしまいますよね。

確かに光ローゼットは、
ONUなどのように光回線が自宅に開通したら必ず設置される機器ではありません。

宅内に光ケーブルをどうやって引き込んでいるかで光ローゼットを設置するか
どうかが決まるものの、特別な役割を持つ機器というわけでもないんですね。

実は光ローゼットは光コンセントの1つであり、エアコンのダクト穴や別途壁に穴を
開けて光ケーブルを宅内に引き込んだ際に設置されることがある機器です。

光コンセントには
 ・光アウトレット
 ・光ローゼット
の2種類あります。

主に、電話線の配管などを利用して壁の中を通すことで配線を露出させないように
光ケーブルを引き込んだ場合に設置されるのが「光アウトレット」です。

光アウトレットは壁に埋め込む形で設置され、電気のコンセントや
電話のモジュラージャックなどと一体型になっていることも多いですね。

一方光ローゼットは、先にも書いたようにエアコンのダクト穴や別途壁に穴を開けて
光ケーブルを引き込んだ場合に主に設置されます。

なので光ローゼットが設置される場合は、
宅内に引き込んだ光ケーブルが露出しているケースが多くなっています。

余談ですが、光ケーブルは硬くてあまり弾性が無いので、
曲げたりすると簡単にポキッと折れて内部で断線してしまいます。

光ローゼット設置で光ケーブルが露出している場合は、
光ケーブルを保護する意味でも配線カバーなどを取り付けた方が良いと思います。

光アウトレットは壁に埋め込む形で設置されますが、
光ローゼットは壁にビス留めする形で設置します。

ただ光ローゼットをビスでしっかりと固定せずに、両面テープなどで簡易的に固定したり、
全く固定せずに電気の延長コードのように置いて使われることも多いみたいですね。

光ローゼットだとONUの置き場所が自由に決められる

光アウトレットは壁に埋め込めますし、
宅内に引き込んだ光ケーブルが露出していません。

一方光ローゼットは後付け感が丸出しですし、
光ケーブルも露出しているので見た目では光アウトレットには敵いません。

しかし光ローゼットは固定しなくても良いので、固定されている光アウトレットに比べて
部屋のレイアウトを邪魔しないようにONUが設置できるんです。

固定されている光アウトレットだとあまり離れた位置にONUを置くことは難しく、
必然的にONUの置き場所が決まってしまいます。

固定しなくても良い光ローゼットだと、光ケーブルを長めにしてもらうこともできるので、
部屋の好きな位置にONUを置くことができるわけです。

光回線のONUはあまりスタイリッシュなフォルムじゃないので、部屋のレイアウトに
こだわっている場合には光アウトレットよりも光ローゼットの方が良かったりしますね。

光ローゼットが設置されていると開通工事なしで光回線が使える?

光コンセントが設置されている物件では、
開通工事なしで光回線が使えると一般的に言われていたりします。

光アウトレットや光ローゼットが設置されているということは、少なくとも建物最寄りの
電柱や電信柱から宅内に光ケーブルが引き込まれていることになります。

ですから通常の光回線の開通工事のように、
最寄りの電柱や電信柱から光ケーブルを引き込む工事は必要ありません。

ただ光回線の事業者側で、ユーザーの登録をして、既に宅内で引き込まれている
光ケーブルを使って通信ができるようにしてもらわないといけないんですね。

なので光アウトレットや光ローゼットといった光コンセントが設置されている場合でも、
回線事業者側の工事が必要ですし、工事費も発生します。

とは言え、通常の開通工事に比べるとはるかに工事費は安いですし、
開通までにかかる日数も短くて済みます。

通常の光回線の開通工事にかかる工事費は、比較的安いNTTのフレッツ光で
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
となっており、
工事費の高いauひかりやNURO光だと30,000円40,000円となることもあります。

ところが光コンセント設置済みの場合は、作業員が自宅に来て
何か作業をするといったことが無いので、工事費は2,000円ほどとなります。

また開通までにかかる日数も、
通常の開通工事だと1か月ぐらい待つことを覚悟しないといけません。

しかし光アウトレットや光ローゼットがあれば、申し込んでから大体2週間ぐらい、
遅くとも1か月以内には開通します。

光ローゼットが設置されている物件でも、開通工事なしというわけにはいきませんが、
設置されていない物件よりはお金も時間もかけずに光回線が使えるようになりますよ。

光アウトレットや光ローゼットがあっても開通工事が必要になることがある?

引っ越し先の物件に光アウトレットや光ローゼットが設置されていても、
必ずしも回線事業者側の工事だけで光回線が開通できるとは限りません。

光アウトレットや光ローゼットが既にある物件でも、
光回線の利用には通常の開通工事が必要になることもあります。

まず1つは、
 ・auひかり
 ・NURO光
 ・コミュファ光、eo光などの電力会社系光回線
を利用する場合です。

使える状態で物件に設置されたままになっている光アウトレットや光ローゼットは、
基本的にNTTのものです。

なのでNTTの光回線サービスであるフレッツ光やフレッツ光回線を使う
光コラボレーションなら、物件に設置されている光アウトレットや光ローゼットを
そのまま使うことができます。

ところがauひかりなどのフレッツ光とは別の回線を使う光回線サービスでは、
NTTが設置した光アウトレットや光ローゼットをそのまま使うことはできないんですね。

ですから光アウトレットや光ローゼットが設置されている物件でも、
auひかりやNURO光などを開通させる場合には通常の開通工事が必要となります。

auひかり、NURO光、電力会社系光回線で無派遣工事は無い

フレッツ光や光コラボレーションは、光アウトレットや光ローゼットが設置されている
物件では作業員が来ないいわゆる「無派遣工事」で開通させることができます。

15,000~18,000円ほどかかる派遣工事に対して無派遣工事は2,000円ほどで済むので、
光アウトレットや光ローゼットがあることで初期費用を抑えられるわけです。

じゃあ
 ・auひかり
 ・NURO光
 ・電力会社系光回線
も、対応した光アウトレットや光ローゼットが設置されている物件では
無派遣工事になるんでしょうか?

結論から言うと、フレッツ光や光コラボレーション以外の光回線では
基本的に無派遣工事になることはありません。

まずauひかりは、解約あるいは引っ越しによって移転した場合には
回線設備の撤去が義務付けられています。

フレッツ光や光コラボレーションは解約時などに回線設備の撤去が
義務付けられていないので、前入居者が使っていた光アウトレットや光ローゼットが
そのまま残っているケースが少なくありません。

ところがauひかりは、その物件でauひかりを使わなくなった時点で撤去しないと
いけないので、前入居者がauひかりを使っていたとしてもauひかり用の
光アウトレットや光ローゼットが残っていることは無いんですね。

NURO光は解約時などに撤去する義務は無いので、フレッツ光同様に前入居者が
使っていたNURO光ようの光アウトレットや光ローゼットが残っている可能性があります。

しかしNURO光開通の際には「例外なく開通工事が必要」となっており、
前入居者が使っていた光アウトレットや光ローゼットが残っていても、
それをそのまま使うことはできません。

コミュファ光やeo光などの電力会社系光回線では、
基本的に光アウトレットや光ローゼットが使われません。

建物最寄りの電柱や電信柱から引き込んだ光ケーブルを、
直接ONUに接続する形になっています。

ですから前入居者が使っていた電力会社系光回線用の光アウトレットや光ローゼットが
残っているなんてことはありえないんですね。

ということで、フレッツ光や光コラボレーション以外の光回線では光アウトレットや
光ローゼットの有る無しに関係無く、通常通りの開通工事が行われるわけです。

新築物件だと光アウトレットがあっても開通工事が必要?

戸建て・集合住宅に関わらず新築物件では、
光アウトレットが標準装備されていることがあります。

光アウトレットが設置されているということは、フレッツ光回線が宅内に
引き込まれているので作業員が来る開通工事は不要ってことになりますよね。

前に入居者が居る中古物件では、光アウトレットや光ローゼットが設置されていると
作業員が来る大掛かりな開通工事は不要になる可能性が高いです。

ところが前に入居者の居ない新築物件の場合は、
光アウトレットが設置されていても作業員が来る開通工事が必要になることもあります。

新築物件では、フレッツ光回線の開通工事を行わずに光アウトレットだけ
前もって設置していたりするんですね。

要するに光アウトレットが設置されているだけで、宅内に光ケーブルが
引き込まれていないので通常の開通工事が必要になるというわけです。

中古物件で光アウトレットや光ローゼットがあるとラッキーですが、新築物件では
光アウトレットが設置されているからといって必ずしもラッキーとは言えないんですね。

光アウトレットや光ローゼットの差込口を覗いてはいけない!

中古物件で前入居者が使っていた光アウトレットや光ローゼットが残っている場合、
必要な機器が一式送られてきて自分でONUを設置することがあります。

付属の光ケーブルを使ってONUを光アウトレットや光ローゼットに接続するわけですが、
方向を確認するために光アウトレットなどの差込口を覗き込んでしまいがちです。

しかし光アウトレットや光ローゼットの差込口あるいは光ケーブルの先端を、
絶対に覗き込んではいけません。

光ケーブルの中心には0.5mmほどの光ファイバーが通っているんですが、
この光ファイバーは人間の目には見えないレーザー光線のような光を発しています。

光ファイバーが発するレーザー光線のような光を直視すると、
失明する危険性は低いものの目に悪影響を及ぼします。

「ダメ」と言われると見たくなる気持ちは分かりますが、
確実に後悔することになるので絶対に光アウトレットや光ローゼットの差込口、
光ケーブルの先端を覗き込んじゃダメですよ。

小さいお子さんは壁の穴やケーブルに興味を持ちますから、
小さいお子さんの居る家庭では特に注意してください。

 


ドコモショップや公式サイトからドコモ光に申し込むと損します!

 

なぜかというと・・

15,000円のキャッシュバックをドブに捨てることになるからです!

 


>>(限定)15,000円キャッシュバックのドコモ光

 

他社の光コラボからドコモ光に事業者変更で乗り換えするなら
GMOとくとくBBというプロバイダのサイトから申し込んだほうがお得になります。

 
もちろんドコモショップやドコモ公式サイトから申し込む場合と同じドコモ光が使えます。
プロバイダがGMOとくとくBBというプロバイダになるだけの違いです。

※ちなみにこのプロバイダはドコモ光のタイプAで選択できるプロバイダです。

ドコモショップでのキャンペーンやドコモ公式サイトでのキャンペーン
で宣伝しているdポイントプレゼントはもちろん対象となります。

 

このプロバイダがすごいのは、このようなドコモ公式の特典にプラスして

独自のキャッシュバック(15,000円)がもらえる所です!

 



 

さらに高性能WIFIルーターがずっと無料でレンタルできる独自の特典もあります。

ドコモ光をドコモショップで申し込むのは特典が少なく損しますので、ぜひこちらのサイトから
申し込むことをおすすめします!

 

-光回線用語

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.