ソフトバンク光

おうちのでんわで自宅の固定電話料金が大幅に安くなる!?

投稿日:

スマホ・携帯電話の普及によってすっかり影が薄くなったとは言え、
まだまだ固定電話を必要としている人も少なくないと思います。

とは言え、NTTのアナログ電話だと設置するのに40,000円近いお金がかかりますし、
基本料金だけで月1,700円、通話料も安くありません。

通信費が固定電話代だけの頃ならそれでも良かったかもしれませんが、スマホに
自宅のインターネット回線と最近は家計に占める通信費の割合が増えています。

ですから固定電話を使うにしても、安い料金で設置・利用できるものが良いですよね。

そこで最近注目を集めているのが、ソフトバンクの「おうちのでんわ」というサービスです。

ではソフトバンクの「おうちのでんわ」というのはどういったサービスなのか、
NTTのアナログ電話に比べてどれほどお得なのかを詳しく見ていきましょう。

ソフトバンクの「おうちのでんわ」ってどんなサービス?

ソフトバンクの「おうちのでんわ」は、
ソフトバンクのLTE回線を使った固定電話サービスです。

スマホと同じLTE回線を使うんですから、
「スマホと同じぐらい料金が高いんじゃないの?」と思っちゃいますよね。

ところが「おうちのでんわ」は、
 ・契約事務手数料・・・800円
 ・電話番号利用登録料・・・1,000円
の合計1,800円で設置することができます。

NTTのアナログ電話を設置するのに36,000円の費用がかかりますから、
「おうちのでんわ」ならその20分の1で済むんですね。

「おうちのでんわ」の利用には「でんわユニット」という専用の機器が必要で、
その機器を購入するのに16,740円(税込)の費用がかかります。

ただでんわユニットの購入には月月割が適用され、
同じ金額分の割引が受けられるので実質無料で購入することができます。

「おうちのでんわ」の設定は簡単で、
でんわユニットが手元に届いたらコンセントに繋いで電源を入れます。

次に電話機のケーブルを壁のモジュラージャックから外して、
でんわユニットに繋げれば設定終了です。
(今使っている電話機でOK)

光回線やスマホのように面倒な設定が必要ありませんから、
機械に詳しくない人やお年寄りでも簡単に使い始めることができますよ。

詳しくは後述しますが、ソフトバンクスマホやSoftBankAirを使っていると
「おうちのでんわ」の料金がお得になることはあります。

しかしソフトバンクスマホやSoftBankAirのオプションではありませんから、
ソフトバンクのサービスを一切利用していなくても「おうちのでんわ」だけで
利用することが可能です。

またソフトバンクのLTE回線を使うとは言っても、固定電話の電話番号が「090」や
「080」などで始まる携帯電話番号になることはありません。

アナログ電話で使っていた「03」などの市外局番で始まる電話番号を、
「おうちのでんわ」にそのまま引き継ぐことも可能です。

ただしアナログ電話で使っている電話番号を引き継ぐ場合は、
2,000円の「電話番号継続登録料」がNTTから請求されます。

おうちのでんわは基本料金も通話料も安い

「おうちのでんわ」は設置費用が安いだけでなく、
基本料金や通話料もアナログ電話より安くなっています。

「おうちのでんわ」の基本料金は月980円で、
NTTのアナログ電話よりも月700円以上安いんですね。

アナログ電話から「おうちのでんわ」に切り替えれば、
基本料金だけでも年間8,000円以上節約することになりますよ。

通話料は全国一律3分7.99円で、
 ・おうちのでんわ
 ・BBフォン
 ・ホワイト光電話
との通話は無料です。

さらにソフトバンクのスマホ・携帯電話との通話も無料ですし、
ソフトバンク以外のスマホ・携帯電話へかけた場合の通話料は1分16円となります。

アナログ電話の通話料は
 ・市内・・・3分8.5円
 ・県内市外・・・3分20~40円
 ・県外・・・3分20~80円
 ・ドコモスマホ・・・1分20円
 ・au、ソフトバンクスマホ・・・1分40円
となっています。
(「県内市外」と「県外」は通話先との距離によって料金が変わる)

市内の通話だと大きな差にはなりませんが、
県外との通話だと最大10分の1まで通話料を抑えることができるんですね。

自宅の固定電話でよく通話するという人は、
アナログ電話より「おうちのでんわ」を使った方が断然お得です。

ソフトバンクスマホやSoftBankAirとセットだとさらにお得に

「おうちのでんわ」だけで利用してもお得なんですが、
ソフトバンスマホやSoftBankAirなどとセットにするとさらに料金がお得になるんです。

ソフトバンクスマホなどとセットにすることで「でんわまとめて割」が適用され、
基本料金が通常より480円安い月500円で利用できるようになります。

さらに「おうちのでんわ」には
 ・番号表示サービス(月400円)
 ・キャッチ電話サービス(月300円)
 ・着信転送サービス(月500円)
 ・番号通知リクエストサービス(月200円)
 ・着信お断りサービス(月200円)
といった有料オプションも用意されています。

でんわまとめて割の適用条件をクリアしていれば、
これらの有料オプション2つ(組み合わせ自由)が合わせて月280円で利用できます。

例えば「番号表示サービス」と「着信転送サービス」だと通常は月900円かかりますが、
でんわまとめて割適用で2つ合わせて月280円で使えちゃうというわけです。

ソフトバンスマホやSoftBankAirだけでなく
 ・ワイモバイルスマホ
 ・ポケットWiFi(ソフトバンク・ワイモバイル)
なども「おうちのでんわ」とセットにすることででんわまとめて割が適用されます。

ただしでんわまとめて割が適用されるのは、
「おうちのでんわ」と対象サービスの契約名義が同一の場合だけです。

例えば4人家族で、「おうちのでんわ」の契約名義が夫だとすると、
ソフトバンクスマホやSoftBankAirを夫名義で契約していないと
でんわまとめて割が適用されないということです。

「おうちのでんわ」の名義が夫でSoftBankAirの名義が妻や子供だと、
「おうちのでんわ」とSoftBankAirの利用場所が同じであってもでんわまとめて割は
適用されません。

おうちのでんわのデメリットは?

設置費用も基本料金も通話料も安いという金銭的メリットに目を奪われがちですが、
「おうちのでんわ」にもデメリットはもちろんあります。

まずデメリットとして1つ挙げられるのが、「停電時には使えない」ということです。

NTTのアナログ電話は電話線から電気を供給されているので、
停電時でも電話をかけたり受けたりすることができます。
(ナンバーディスプレイなどが使えなくなることはある)

ところが「おうちのでんわ」のでんわユニットにはバッテリーが内蔵されていませんから、
コンセントから給電されていないと電話をかけることも受けることもできなくなって
しまいます。

2018年の北海道のように地震に因る大規模停電が発生し、
長時間復旧しない場合には「おうちのでんわ」を使っていると緊急時でも連絡手段が
無いということになりかねません。

また「おうちのでんわ」はソフトバンクのLTE回線を使った固定電話サービスですから、
ソフトバンクの電波が入らないことには使えません。

ソフトバンクのスマホが使えるエリアなら問題無いと思いますが、地下や高層階など
対応エリア内でも自宅の位置によっては電波が入りにくくなることもあります。

ソフトバンクのスマホを使っていて、外ではよく繋がるんだけど自宅だと電波が弱くなる
といった場合には注意した方が良いかもしれませんね。

おうちのでんわにすることで使えなくなるサービスも

自宅の固定電話を「おうちのでんわ」にすることで、
アナログ電話で使えていたサービスが使えなくなることもあります。

例えば、都市ガスなどで自宅のガスを切り忘れている場合に緊急連絡してくれる
サービスがありますが、これは「おうちのでんわ」では利用できなくなります。

また高齢者や体が不自由な人が一人暮らしをしている場合、ボタン1つ押すだけで
消防署などに緊急通報ができるシステムを利用していることがありますが、
これも「おうちのでんわ」では使えません。

あまり使っている人は多くないかもしれませんが、玄関のインターホンを電話機と繋ぐ
(電話機でインターホン対応ができる)「ドアホン」も使えなくなってしまいます。

それから「セコム」や「アルソック」などのホームセキュリティで、不審者が自宅に
侵入した際の警備会社への緊急通報にアナログ電話を利用していることがあります。

この場合も「おうちのでんわ」にすることで緊急通報ができなくなりますが、
ホームセキュリティの緊急通報は電話回線を使わずに行うこともできます。

なのでホームセキュリティを利用していて「おうちのでんわ」も利用する際には、
契約している警備会社に緊急通報のシステムの見直しを相談しましょう。

それからクレジットカードの信用照会端末も「おうちのでんわ」では使えないので、
飲食店などクレジットカード決済を導入している場合は注意しないといけません。

それ以外にも
 ・ホームエレベーター
 ・ホームテレホン
 ・水道検針サービス
 ・電話回線を使ったガス検針サービス
なども「おうちのでんわ」にすることで使えなくなります。

アナログ電話→おうちのでんわで電話番号が変わることも

アナログ電話から「おうちのでんわ」に切り替えても、
電話番号を引き継ぐことは可能です。

ただし電話番号が引き継げるのには条件があり、その条件を満たしていない場合には
「おうちのでんわ」に切り替えることで電話番号が変わってしまいます。

電話番号が引き継げる条件は、「NTTの電話加入権を購入している」ということです。

先にNTTのアナログ電話を設置する際には36,000円かかると書きましたが、
これが実質的に電話加入権の購入費用となっています。
(名目は「施設設置負担金」)

NTTのアナログ電話でも、設置の際に施設設置負担金を必要としない「ライトプラン」
だと電話加入権を取得することができないので電話番号の引き継ぎができません。

またKDDIなどNTT以外のアナログ電話を利用している場合も、
「おうちのでんわ」に電話番号が引き継げません。

NTTのライトプランを利用している場合は、
後から施設設置負担金を支払うことで電話加入権を取得することができます。

親や祖父母の代から同じアナログ電話を使っているなら、電話加入権を取得している可能性が高いです。

もし電話加入権の有無が分からないという場合は、
NTTに直接問い合わせれば教えてもらえますよ。

このように「おうちのでんわ」にはデメリットも決して少なくありません。

使う人によっては料金が安いというメリットをデメリットが上回ってしまうことも
十分に考えられます。

なので「料金が安いから」と飛びつくのではなく、しっかりとメリットデメリットを
検討した上で「おうちのでんわ」を利用するかどうかを決めましょう。

-ソフトバンク光

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.