ソフトバンク光

ソフトバンク光は引っ越しの際は解約するしかない?

投稿日:

自宅でソフトバンク光を使っていて何らかの理由で引っ越すとなった場合、
引っ越し先でソフトバンク光を継続して使うか心機一転乗り換えるか悩むところですよね。

また引っ越し先でソフトバンク光を継続して使うにしても、
引っ越し手続きをするのか一旦解約して再契約するのかといった選択もあります。

別の光回線に乗り換える場合は、
単純に料金を比較して乗り換えるのがお得かどうか検討することができます。

ところがソフトバンク光を継続して使うとなった場合には、引っ越し手続きをするのと
解約・再契約とではどちらがお得なのかちょっと分かりにくいですよね。

そこで引っ越し先でソフトバンク光を継続して使う場合、引っ越し手続きと
解約・再契約それぞれの手続きと費用について詳しく見ていきましょう。

引っ越し先を決める前に、まずエリア確認

引っ越し先でソフトバンク光を継続して使いたいと思っても、
引っ越し先がソフトバンク光の対応エリアでなければ使うことができません。

なので引っ越し手続きをするにしても解約・再契約するにしても、
ソフトバンク光を継続して利用するのであれば、まずは引っ越し先が
ソフトバンク光に対応しているかどうかを確認しましょう。

ソフトバンク光はNTTのフレッツ光回線を使う光コラボレーションですから、
NTT東日本もしくは西日本の公式サイトで対応エリアを確認することができます。

フレッツ光はほぼ日本全国で使えるので、言い方は悪いですが、
引っ越し先がよほどの僻地でもない限りは対応エリア外ということはないと思いますよ。

ただ対応エリア内でも、
場所によっては電柱が近くに無くて開通工事が難しいということも無いとは言えません。

また建物によっては、すでにauひかりなど別の光回線が開通しており、
新たにソフトバンク光の回線を引くことを大家さんや管理会社が許可してくれない
といったことも考えられます。

ですから引っ越し先を決める前に、その物件がフレッツ光の対応エリア内にあることを
確認した上で、実際にソフトバンク光を使うことができるのかどうかまで
確認しておいた方が良いですよ。

ソフトバンク光の対応エリア外で乗り換えざるをえないなら

エリア確認をした結果、
引っ越し先ではソフトバンク光が利用できないということも無いとは言えません。

そうすると他の光回線に乗り換えざるをえないわけですが、
ソフトバンクスマホを使っている場合には他の光回線に乗り換えることでセット割が
利用できなくなってしまいます。

たとえ乗り換えたことで光回線自体の料金が安くなったとしても、
セット割が利用できなくなってスマホ代と合わせた通信費全体では高くなってしまうかも
しれません。

かと言って、乗り換えた光回線とセット割が利用できるスマホにキャリア変更する
というのも面倒ですよね。

そこで引っ越し先が対応エリア外でソフトバンク光を乗り換えざるをえない場合には
 ・NURO光
 ・SoftBankAir
のいずれかを使うという方法があります。

「NURO光」は、ソフトバンク光以外で唯一ソフトバンクスマホとのセット割が
利用できる光回線となっています。

「SoftBankAir」は、ソフトバンクが提供する工事不要コンセントに挿すだけで使える
据え置き型のWi-Fiサービスで、こちらもソフトバンクスマホとのセット割が利用できます。

ですから引っ越し先でソフトバンク光が使えない場合は、
このいずれかに乗り換えることでソフトバンクスマホはそのままで引き続きセット割が
利用できるというわけです。

ただNURO光は対応エリアが関東・東海・関西のみで、SoftBankAirもスマホの
LTE回線やモバイルルーターのWiMAXに比べると対応エリアが狭くなっています。

なのでソフトバンク光の対応エリア外で、
NURO光やSoftBankAirが使える可能性は低いと思います。

ソフトバンク光の引っ越し手続き

引っ越し先が対応エリア内であることを確認したら、
ソフトバンク光の引っ越し手続きを行います。

手続きの先に引っ越し先での開通工事の日程を調整するので、
引っ越し日の1~2か月前に手続きしておきましょう。

これぐらい日数的に余裕を持って手続きをしておかないと、回線工事が間に合わずに
引っ越し後しばらくはソフトバンク光が使えないことになってしまいます。

ソフトバンク光の引っ越し手続きは
 ・ソフトバンクの公式サイト
 ・サポートセンター(電話)
 ・ソフトバンクショップ
のいずれかでできます。

電話やソフトバンクショップは混んでいることも多く、手続き自体には時間は
かからないものの手続きの順番が回ってくるまで長い時間待たされることがあります。

ですから、引っ越し手続きで分からないことや不安なことが無いのであれば
公式サイトが一番スムーズですね。

ただし、
 ・NTT東日本とNTT西日本のエリアを跨ぐ引っ越し
 ・ひかり電話(N)とホワイト光電話の両方を利用
のいずれかの場合は、電話でしか手続きができないので注意してください。

引っ越し先でソフトバンク光の開通工事

引っ越し手続きが済んだら、
手続きの際に調整した日程で引っ越し先での回線の開通工事が行われます。

引っ越し先の物件にフレッツ光の回線が開通しておらず、
光コンセントも設置されてない場合は、当然作業員が来る「派遣工事」が行われます。

回線が開通していて光コンセントも設置されている場合は、
基本的には作業員が来ない「無派遣工事」となります。

ただし回線が開通していて光コンセントも設置されているのに、
新築などで初めて光回線を使う場合には派遣工事が必要です。

またマンションなど集合住宅で、部屋に光コンセントがあるけど回線は共有部までで
部屋まで来ていない場合も派遣工事が行われます。

派遣工事だと宅内に入って作業しますから、
ソフトバンク光の契約者もしくは建物の管理者などが立ち会わないといけません。

賃貸住宅や集合住宅だと大家さんや管理会社の人が代わりに立ち会ってもらうことも
できますが、戸建ての持ち家だと自らが立ち会いにいかざるをえないこともあります。

工事内容によって
 ・未開通、光コンセントなしの派遣工事・・・24,000円
 ・開通、光コンセントありの派遣工事・・・9,600円
 ・開通、光コンセントありの無派遣工事・・・2,000円
の工事費が発生します。
(土日祝日は3,000円プラス)

しかし2019年6月現在ソフトバンク光では、引っ越し後も継続してソフトバンク光を
利用する場合には工事費が無料となるキャンペーンが行われています。

解約するわけじゃないので当然違約金は発生しませんから、
今ならソフトバンク光の引っ越し手続きは無料でできてしまうんですね。

ただNTT東日本とNTT西日本のエリアを跨ぐ引っ越しや
 ・ひかり電話(N)
 ・ホワイト光電話
 ・ソフトバンク光TV
を利用している場合は別途費用が発生します。

ちなみにONUなどNTTからレンタルしている機器は、引っ越し前に使っていたものは
返却して引っ越し先では新しい機器をレンタルすることになります。

BBユニットなどソフトバンク光でレンタルしている機器は、
引っ越し先でもそのまま使うことになるので、忘れずに持って行きましょう。

引っ越し元の撤去工事はしなくても良い?

引っ越し先の物件で開通工事が必要なのは当然ですが、
じゃあ引っ越し元の回線は撤去しなくても良いのでしょうか?

引っ越し元が賃貸住宅や集合住宅で、大家さんや管理会社から引っ越し時に回線の
撤去が義務付けられている場合は当然撤去工事を行わないといけません。

戸建ての持ち家や賃貸住宅・集合住宅でも大家さんや管理会社から撤去が
義務付けられていないのであれば、別に回線をそのままにしておいても問題ありません。

撤去工事も開通工事と同様に宅内で作業するので、立ち会いが必要となります。

遠方への引っ越しで撤去工事への立ち会いが難しいというのであれば、
撤去しなくても良いんじゃないでしょうか。

賃貸住宅や集合住宅だと、
契約者の代わりに大家さんや管理会社が撤去工事に立会ってくれることもあります。

一旦解約して、ソフトバンク光を再契約する

引っ越し手続きを取らずに、引っ越し元で使っているソフトバンク光を一旦解約して、
引っ越し先で新たにソフトバンク光を契約するという方法もあります。

こちらの場合は、通常の解約と新規申込の手続きを行うことになります。

新規申込はソフトバンク光の公式サイトや電話でできますが、
解約手続きは電話のみとなっています。

ソフトバンク光に限らずサポートセンターの電話は混雑していることが多く、
ソフトバンク光では電話をかけた日の6営業日以降でないと解約できません。

要するにサポートセンターに電話をかけて解約を申し出ても、
実際に解約となるのは早くても1週間先ということです。

月末に解約を申し出ると実際に解約できるのが翌月となり、
1か月分の料金が余分に発生することになってしまうので、
引っ越し日が決まったらできるだけ早く電話をかけた方が良いですね。

解約・再契約だと開通工事費が無料にならない

一旦解約して再契約する場合でも、引っ越し手続きを行った場合と同様に、
引っ越し先で回線の開通工事が行われます、

開通工事にかかる費用も引っ越し手続きを行った場合と同じで
 ・未開通、光コンセントなしの派遣工事・・・24,000円
 ・開通、光コンセントありの派遣工事・・・9,600円
 ・開通、光コンセントありの無派遣工事・・・2,000円
となります。

引っ越し手続きを行った場合は、2019年6月現在、
開通工事費が無料になるキャンペーンが適用されます。

ところがソフトバンク光を新規契約した場合には、工事費無料のキャンペーンが
行われていないため工事費は全額自分で負担しないといけません。
(分割払いは可能)

ちなみに他の光回線からの乗り換えでソフトバンク光と新規契約する場合だと、
工事費相当のキャッシュバックが貰えるので工事費が実質無料となります。

更新月以外の解約だと違約金も発生

引っ越し先で再契約する前に引っ越し元でソフトバンク光を一旦解約するわけですから、
更新月以外の解約となると違約金も発生してしまいます。

ソフトバンク光の違約金は、
 ・5年契約・・・15,000円
 ・2年契約・・・9,500円
となっています。

ソフトバンク光のプロバイダである「Yahoo!BB」でプレミアム会員になっている場合は、
Yahoo!BBの違約金3,000円も払わないといけません。

また引っ越し元でソフトバンク光を開通した際の工事費の分割払いが残っている場合は、
解約の時点で一括精算することになります。

ソフトバンク光の利用期間によっては、
10,000円以上の工事費が残っていることも十分に考えられます。

なので条件次第ではありますが、
引っ越しに伴ってソフトバンク光を解約・再契約する場合には
 ・引っ越し先の開通工事費
 ・引っ越し元の違約金
 ・引っ越し元の開通工事費の残債精算
で数万円の費用がかかってしまう恐れもあるんですね。

新規申込なら代理店でキャッシュバックが貰える

ここまでだと解約・再契約の方が費用がかかるので損といった感じですが、
実は一概に損と言えない点もあります。

引っ越し手続きを行った場合にはキャッシュバックを貰うチャンスはありませんが、
再契約だ代理店のキャッシュバックが貰えるチャンスがあるんです。

ソフトバンク光の代理店の中には、有料オプション加入などの条件無しソフトバンク光の
契約だけで30,000円40,000円のキャッシュバックが貰えるところがあります。

代理店でキャッシュバックを貰うことで、引っ越し先の開通工事や引っ越し元の
解約・工事費の残債精算などで発生する費用を相殺することができるんですね。

引っ越しの時期がソフトバンク光の更新月と上手く合えば解約に伴う違約金は
発生しませんし、工事費の残債が無ければ精算する必要もありません。

そうすると費用が発生するのは引っ越し先での開通工事だけですから、
キャッシュバックで相殺してもお金が手元に残ることになります。

キャッシュバックを貰わないのであれば引っ越し手続きをした方がお得ですが、
キャッシュバックを貰うなら引っ越しを機に解約・再契約した方がお得になる可能性が
高いですよ。

 


ドコモショップや公式サイトからドコモ光に申し込むと損します!

 

なぜかというと・・

15,000円のキャッシュバックをドブに捨てることになるからです!

 


>>(限定)15,000円キャッシュバックのドコモ光

 

他社の光コラボからドコモ光に事業者変更で乗り換えするなら
GMOとくとくBBというプロバイダのサイトから申し込んだほうがお得になります。

 
もちろんドコモショップやドコモ公式サイトから申し込む場合と同じドコモ光が使えます。
プロバイダがGMOとくとくBBというプロバイダになるだけの違いです。

※ちなみにこのプロバイダはドコモ光のタイプAで選択できるプロバイダです。

ドコモショップでのキャンペーンやドコモ公式サイトでのキャンペーン
で宣伝しているdポイントプレゼントはもちろん対象となります。

 

このプロバイダがすごいのは、このようなドコモ公式の特典にプラスして

独自のキャッシュバック(15,000円)がもらえる所です!

 



 

さらに高性能WIFIルーターがずっと無料でレンタルできる独自の特典もあります。

ドコモ光をドコモショップで申し込むのは特典が少なく損しますので、ぜひこちらのサイトから
申し込むことをおすすめします!

 

-ソフトバンク光

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.