ソフトバンク光

ソフトバンクからドコモに乗り換える光回線もスマホも

投稿日:

2019年7月から、光コラボレーション同士あるいは光コラボレーションから
フレッツ光への乗り換えが「事業者変更」という形で手軽にできるようになります。

これを機に、自宅の光回線を「ソフトバンク光」を「ドコモ光」に乗り換えようと
考えている人も少なくないと思います。

でもどうせ光回線をソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるなら、
スマホもソフトバンクからドコモに乗り換える方がお得です。

とは言え、光コラボレーション同士の事業者変更は新しい制度だけに
どういう手順で手続きするのかよく分からなかったりしますよね。

スマホも「電話番号を変えずに乗り換えられる方法があるみたいだけど、
どうすれば良いのか分からない」ということもあるかもしれません。

そこでソフトバンク光からドコモ光への事業者変更の手順と、
ソフトバンクからドコモへのスマホの乗り換えの手順について詳しく見ていきましょう。

ソフトバンク光からドコモ光へ事業者変更するには

ソフトバンク光からドコモ光への事業者変更する場合には
 ・ソフトバンク光で「事業者変更承諾番号」を取得
 ・ドコモ光で事業者変更を申し込む
 ・ソフトバンク光からドコモ光への回線切り替え工事の実施
 ・Wi-Fiルーターなどの設定変更
という手順で手続きや作業を行うことになります。

まず「事業者変更承諾番号の取得」ですが、2019年6月現在、各光コラボレーション
事業者でどういった形で承諾番号発行の手続きを行うかが発表されていません。

なのでソフトバンク光でも、「My SoftBank」でできるのか、
サポートセンターに電話をかけるのか、それともソフトバンクショップに行くのか、
どうすれば承諾番号が発行してもらえるのかは現状では分かりません。

スマホの「MNP予約番号」の発行状況からすると、恐らくサポートセンターへの電話と
ソフトバンクショップでの発行となるんじゃないでしょうか。

電話か店頭で事業者変更承諾番号を取得しないといけないとなると、
ちょっと面倒なことになるかもしれないですね。

ソフトバンク光側からするとユーザーが減ってしまうことになるわけですから、
当然ある程度の引き留め作業が行われます。

ただでさえ事業者変更承諾番号の発行の際には、事業者変更の注意点などを
ユーザーに説明する義務が光コラボレーション事業者側にあります。

事業者変更に関する説明に引き留め工作が加わることで、実際に承諾番号を
発行してもらうまでに結構な時間がかかってしまう恐れがあるんですね。
(場合によっては数十分かかることも)

事業者変更承諾番号取得から15日以内に申し込むべし

ソフトバンク光で事業者変更承諾番号を貰ったら、
それを使ってドコモ光に事業者変更の申し込みを行います。

新規の場合はインターネットでも申し込みができますが、ドコモ光の公式サイトを
見る限り事業者変更の場合は電話かドコモショップでの申し込みとなるようです。

ドコモ光へ事業者変更の申し込みをする際に注意することは、
事業者変更承諾番号を取得してから15日以内に申し込むということです。

スマホのMNP予約番号やフレッツ光からの転用承諾番号と同じで、
事業者変更承諾番号の有効期限は15日間しかありません。

発行から15日以上経過すると承諾番号は無効となり、
事業者変更の申し込みをするには再度発行の手続きからやり直しとなってしまいます。

ですからソフトバンク光からドコモ光へ事業者変更する際は、前もってではなく
ドコモ光に申し込む日から逆算して承諾番号を取るようにした方が良いんですね。

事業者変更ですぐにドコモ光が使えるわけではない

事業者変更の申し込みをしたらすぐにドコモ光が使えるようになるわけではなく、
回線の切り替え工事が実施されないとドコモ光は使えません。

工事とは言え作業員が自宅に来ることは無く、
いわゆる「無派遣工事」なので当然立ち会いも不要です。

開通工事ほどではないにしても、事業者変更の申し込みをしてから
回線の切り替え工事が行われるまでには多少時間がかかります。

フレッツ光からの転用では2週間ぐらいかかっているので、恐らく事業者変更でも
同じぐらいの日数はかかるものと思っておいた方が良いんじゃないでしょうか。

また事業者変更の無派遣工事には、
これも転用の場合と同じで2,000円ぐらいの工事費がかかるものと思われます。

Wi-Fiルーターなどの設定変更はユーザー自身が行う

回線の切り替え工事が終われば自宅でドコモ光が使えるようになるわけですが、
Wi-Fiルーターを使っている場合にはその設定も変更しないといけません。

Wi-Fiルーターの機種によっては、
パソコンのインターネットブラウザからWi-Fiルーターの設定画面に入って、
といったちょっと面倒な作業をすることになります。

機械が苦手でWi-Fiルーターの設定に自信が無いという場合は、電話や遠隔操作、
訪問によるサポートが受けられる「ネットトータルサポート」(月額500円)への加入も
検討しましょう。

しかしソフトバンク光からドコモ光への事業者変更で、
必ずしもWi-Fiルーターの設定変更が必要になるわけではありません。

回線を乗り換えてもプロバイダが同じであれば、
設定変更しなくてもWi-Fiルーターがそのまま使えます。

ですからソフトバンク光からドコモ光に事業者変更しても、プロバイダを
「Yahoo!BB」のままにしておけばWi-Fiルーターの設定変更は不要ということです。

ただドコモ光の指定プロバイダにYahoo!BBが含まれておらず、
ドコモ光のプロバイダをYahoo!BBにすると料金が割高になってしまいます。

事業者変更と転用の違いは?

回線の切り替え工事だけで手軽に回線が乗り換えられると言えば、
フレッツ光から光コラボレーションへの「転用」ですよね。

ではフレッツ光から光コラボレーションへの転用と、光コラボレーション同士あるいは
光コラボレーションからフレッツ光への事業者変更では何が違うのでしょうか?

基本的なシステムは同じで、ざっくり言えば
 ・フレッツ光→光コラボレーション・・・転用
 ・光コラボレーション→光コラボレーション・・・事業者変更
  光コラボレーション→フレッツ光
と乗り換え元と乗り換え先によって名称が変わるだけです。

ただ細かい点では色々と違いがあり、
その中でも注意しないといけないのが「違約金」と「工事費の残債」の取り扱いです。

フレッツ光から光コラボレーションへの転用では、
フレッツ光が契約期間中であっても違約金は発生しません。

また転用時点でフレッツ光の開通工事費の分割払いが残っている場合でも
一括精算する必要は無く、転用先に分割払いが引き継がれます。

ところが事業者変更の場合は、
乗り換え元の光コラボレーションが契約期間中であれば違約金が発生します。

ソフトバンク光からドコモ光への事業者変更だと、ソフトバンク光の違約金が9,500円、
さらにプロバイダのYahoo!BBでプレミアム会員になっていると
Yahoo!BBの違約金3,000円も払わないといけません。

さらに乗り換え元の開通工事費の分割払いが残っていると、
事業者変更の時点で一括精算することになります。

フレッツ光からソフトバンク光に転用している場合は開通工事費の支払いが
残っていないと思いますが、ソフトバンク光を新規で開通した場合には工事費が
残っている可能性もあります。

ソフトバンク光の開通工事費は24,000円とちょっと高めなので、
場合によっては先の違約金と合わせて20,000円以上払うことになるかもしれません。

乗り換え先のドコモ光で、
無派遣工事費と事務手数料合わせて5,000円ぐらいかかるのは仕方ありません。

しかし乗り換え元のソフトバンク光に20,000円も払うのはもったいないので、
更新月に事業者変更するなど少しでも費用を抑えたいですね。

スマホのソフトバンクからドコモへの乗り換え

続いてスマホをソフトバンクからドコモに乗り換えるんですが、
やはりキャリア変更してもスマホの電話番号が変わるのは避けたいですよね。

プライベート用でも友人や親戚など、仕事でも使っている場合には取引先など
関係各所にスマホの電話番号が変わったことを周知しなければいけません。

色々な契約や手続きにスマホの電話番号を使っている場合には、
それらの変更手続きも必要となります。

このようにスマホの電話番号が変わると何かと面倒ですし、
仕事でも使っているなら取引先などに迷惑をかけることにもなってしまいます。

そこで「MNP」を利用して電話番号を変えずに、
ソフトバンクからドコモに乗り換えたいところですよね。

MNPによる乗り換えの手順は
 ・ソフトバンクで「MNP予約番号」を取得
 ・ドコモでMNPによる申し込み手続き
とこれだけです。

乗り換え元で乗り換えに必要な番号を貰って、それを使って乗り換えに
申し込むというのはソフトバンク光からドコモ光への事業者変更と同じです。

ただソフトバンク光からドコモ光への事業者変更では
回線の切り替え工事が必要でしたが、スマホでは工事不要なので乗り換えに
手間と時間がかからないんですね。

ちなみにソフトバンクでは、
スマホの料金1,000円につき5ポイントのTポイントが貰えるようになっています。

通常スマホの料金支払で貯まるポイントはキャリア変更で消滅してしまうんですが、
ソフトバンクの料金支払で貯まったTポイントはキャリア変更しても消滅しないんですね。

ただしドコモスマホやドコモ光の料金支払で貯まるdポイントをTポイントに交換したり、
反対にTポイントをdポイントに交換するといったことはできません。

ソフトバンクのMNP予約番号取得は電話かソフトバンクショップで

事業者変更承諾番号のところでも書きましたが、
ソフトバンクでMNP予約番号を取得するには
 ・サポートセンターに電話をかける
 ・ソフトバンクショップに足を運ぶ
のいずれかの方法しかありません。

「My SoftBank」でMNP予約番号が取得できるのはいわゆるガラケーユーザーのみで、
スマホユーザーは電話か店頭で取得することになります。

ソフトバンクにMNP予約番号を発行してもらうと、3,000円の手数料が発生しますし、
場合によっては違約金9,500円と端末代の残債の一括精算も必要です。

ですから事業者変更の場合と同様に、
乗り換え元であるソフトバンクに数万円の費用を払うことになるかもしれません。

ドコモでも同じ端末を使うなら「SIMロック解除」も必要

ソフトバンクからドコモにキャリアを乗り換えても、
スマホは買い替えずにそのまま使いたいという場合もあると思います。

ただソフトバンクやドコモ、auのキャリアが販売しているスマホには
SIMロックがかかっており、そのままでは別のキャリアのSIMカードに挿し替えて
使うことはできません。

なのでソフトバンクでSIMロックを解除する手続きをしてからでないと、
ドコモのSIMカードに挿し替えて使うことができないわけです。

SIMロック解除は
 ・My SoftBank
 ・ソフトバンクショップ
のいずれかで手続きすることができます。

My SoftBankでは24時間手続き可能で手数料も発生しませんが、
ソフトバンクショップだと店舗の営業時間のみの受付で3,000円の手数料が必要です。

使っている端末がiPhoneだとSIMロック解除の手続きをするだけでOK、
AndroidスマホはSIMカード挿し替え時に手続きで発行される
「SIMロック解除コード」の入力することでSIMロックが解除されます。

-ソフトバンク光

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.