ソフトバンクエアー

SoftBankAirが遅いときはどうすれば直る?

投稿日:

自宅のインターネット回線として、
光回線の代わりに「SoftBankAir」を利用しているという人も多いと思います。

光回線は開通工事が必要なため使えるようになるまで時間がかかりますが、
SoftBankAirはコンセントに繋ぐだけなので申し込んだらすぐに使えるようになります。

また面倒な設定も不要ですから、機械が苦手という人には
光回線より簡単に使えるSoftBankAirの方が向いていたりします。

ただSoftBankAirは、光回線のように光ケーブルを使った有線通信ではなく、
電波を使った無線通信です。

そのため光回線に比べると通信が不安定になりやすく、
通信速度が遅くなってしまうことも少なくありません。

SNSやネットサーフィンぐらいなら少々通信が不安定でも我慢できますが、
動画は通信速度遅いと快適に見られませんし、
オンラインゲームなどは通信が安定しないと不利になってしまいます。

そこでSoftBankAirの通信が不安定あるいは通信速度が遅いといった場合の原因と
対処法を紹介しましょう。

SoftBankAir本体のランプを見れば通信速度が遅い原因が大体分かる?

SoftBankAirの端末にはいくつかのランプが付いています。

実は端末に付いているどのランプが、
 ・点いているか消えているか
 ・点灯しているか点滅しているか
 ・何色が点灯しているか
などによって通信が不安定になったり通信速度が遅くなったりする原因を
推測することができるんです。

例えば「Status」というランプは、SoftBankAir端末が起動しているかどうかを表しており、
正常に起動していればランプが緑色に点灯します。

ランプの色は緑色だけど点滅している場合は「起動中」であり、
この状態ではインターネットに繋がりません。

なのでStatusのランプが点滅している場合は、
点灯に変わるまで待って接続すれば良いだけです。

「LTE」のランプが点滅あるいは点いていない場合

機種によって多少違うかもしれませんが、
Statusの下に「LTE」というランプがあると思います。

このLTEのランプはSoftBankAirの電波状況を表しており、
 ・緑色が点灯・・・電波状況は良好
 ・緑色が点滅・・・電波が状況が少し悪く、繋がりにくい
 ・赤色が点滅・・・圏外になっており、電波が入っていない
 ・消灯・・・正常に作動していない
といった感じになっています。

SoftBankAirの電波状況は、
Statusの上にある「LEVEL」ボタンを押すことでも確認することができます。

LEVELボタンを押し、その上にある3つランプが
 ・3つとも緑色で点灯・・・電波状況は良好
 ・2つが緑色で点灯・・・電波が少し弱い
 ・1つが緑色で点灯・・・電波が弱い
 ・1つが赤色で点灯・・・圏外
という具合です。

もしLTEランプが緑色で点灯しているのに通信速度が遅い、
繋がりにくいといった場合には、LEVELボタンでも電波状況を確認してみましょう。

電波状況が良くないならSoftBankAirの置く位置を変える

先にも書いたように、SoftBankAirは電波を使って基地局と通信しているため、
どうしても光回線に比べると不安定になりがちです。

またSoftBankAirで利用している電波の周波数の関係で、
屋内や地下では電波が弱くなる傾向があります。

電波は周波数が高いほど、直進性が強くなって通信速度は速くなるんですが、
壁などの障害物を通り抜けにくくなってしまいます。

一方周波数が低いと、通信速度は上がりませんが、
壁を通り抜けたり障害物を回り込んだりして進むことができるようになります。

SoftBankAirで使われている電波は2.1~3.5GHzで、
700~900MHzの電波が使えるスマホに比べると電波の周波数が高くなっています。

そのため主に屋内で使うSoftBankAirは、光回線どころかスマホと比べても通信が
不安定になったり通信速度が遅くなったりしやすいわけです。

LTEランプが点滅してSoftBankAirの電波状況が良くない場合には、
端末を置く位置を変えてみると良いですよ。

部屋の中央付近にSoftBankAirの端末を置いているなら窓際に、
窓際に置いているなら別の窓際に移動させてみましょう。

なるべく目立たないように、TVの裏だとかキャビネットの中などに
SoftBankAirの端末を置いている場合もあるかもしれません。

TVやキャビネットの仕切り板などが障害物となりSoftBankAirの電波が
入りにくくなっていることもあるので、できれば障害物となりうるものの近くに
SoftBankAir端末を置かない方が良いですね。

先にも書いたようにLEVELボタンを押せば電波状況が確認できますから、
SoftBankAir端末のベストな位置を探すのに活用しましょう。

「SIM」ランプが赤色で点灯もしくは点いていない場合

LTEランプの下に「SIM」のランプがありますが、
これはSoftBankAirに挿入されているSIMカードの読み込み状況を表しています。

SIMランプが緑色で点灯していればSIMカードが正常に読み込めていますが、
赤色で点灯したりランプが点いてない場合はSIMカードが正常に読み込めていません。

SIMカードが読み込めていないと、
結構重大な不具合が発生しているんじゃないかとちょっと焦ってしまいますよね。

確かに何らかの不具合がSIMカードやSoftBankAir端末に発生して、
SIMカードが読み込めなくなっている恐れもあります。

ただスマホでもそうですが、端末に衝撃などが加わると接続不良が発生して
SIMカードを上手く読み込めなくなることがあります。

単なる接続不良であれば、SIMカードを挿し直すか端末を再起動すれば正常に
読み込めるようになる可能性が高いです。

SoftBankAir端末には電源ボタンが無いので、
SIMカードが読み込めていない場合はコンセントを抜いて一旦電源を落とします。

できれば電源を落としたまま1分ほど放置し、コンセントに繋いで再起動すれば
接続不良が解消されて正常にSIMカードが読み込めるようになるはずです。

再起動でも正常にSIMカードが読み込めない場合は、
端末の電源を落としてからSIMカードを挿し直してみましょう。
(内蔵でSIMカードの抜き差しができない機種もある)

端末の再起動、SIMカードの挿し直しでも解消されない場合は、SIMカードか端末に
何らかの不具合が発生している恐れがあるので、サポートセンターに連絡してください。

「Wi-Fi」のランプが点いていない場合

SIMランプの下に「Wi-Fi」と表示されたランプがありますが、
これはWi-Fiが使えるか否かを表しています。

緑色で点灯していればWi-Fiが使える状態であり、
ランプが点灯しないとWi-Fiが無効となっています。

これは光回線でWi-Fiルーターを使っている時にも、Wi-Fiルーターの電源が
入っているのにWi-Fiが繋がらないといったことがちょくちょくあります。

何年もWi-Fiルーターを使っている場合には、単にWi-Fiルーターの調子が
悪いことも多く、大抵はWi-Fiルーターを再起動することで解消されます。

なのでSoftBankAirでWi-Fiが無効になっている場合も、
SoftBankAirを再起動すれば解消される可能性があります。

Wi-Fiのランプが緑色で点灯しているにも関わらずWi-Fiが繋がらない場合は、
スマホやパソコンなど接続する側の機器に問題が発生しているかもしれません。

スマホやパソコンのWi-Fiを接続し直すか、
一度スマホやパソコンを再起動してみると良いかもしれないですよ。

SoftBankAirを再起動してもWi-Fiランプが点灯しない場合は、
端末の設定をリセットして初期化するしかありません。

SoftBankAir端末の底面にリセットボタンがあるので、
5秒以上長押しして端末を初期化しましょう。

SoftBankAirのWi-Fiが不安定なら

Wi-Fiのランプが緑色で点灯しているにも関わらず、
どうもSoftBankAirのWi-Fiが不安定ということもあるかもしれません。

SoftBankAirでは
 ・2.4GHz
 ・5GHz
という2つのWi-Fi電波が使えるようになっています。

2.4GHzは、5GHzに比べると家の壁や床といった障害物の影響を受けにくく
SoftBankAir端末から離れた場所でも繋がりやすくなっています。

ただ2.4GHzの電波は電子レンジやコードレス電話機など一般的な電化製品にも
使われており、電波干渉を受けやすいという弱点があります。

一方5GHzは、一般的な電化製品にはあまり使われていませんから
電波干渉を受ける心配はほとんどありません。

ただ2.4GHzに比べて壁や床など障害物の影響を受けやすく、
SoftBankAir端末から離れた場所では繋がりにくくなってしまいます。

ですから、SoftBankAir端末を置いている部屋でWi-Fiを使う場合は5GHz、
別の部屋で使う場合は2.4GHzと家の中でも場所によって電波を使い分けることで
Wi-Fi接続が安定しますよ。

オンライントレードやオンラインゲームなど、少しでも通信が不安定になると困る
という場合にはLANケーブルを使って有線接続するという方法もあります。

SoftBankAir端末の背面にはLANポートがあるので、
LANケーブルを使うことでパソコンなどと有線接続することができます。

パソコンやゲーム機は有線接続できますが、
スマホやタブレットはそのままでは有線接続できないのが痛いところですが・・・。

「Power」ランプが赤色で点灯している場合

縦に並んだランプの一番下に「Power」のランプがあり、
これはSoftBankAir端末の電源が入っているかどうかを表しています。

通常はSoftBankAir端末の電源を入れると赤色で点灯し、
しばらくすると緑色へと変化します。

ところが端末の再起動もしていないのにPowerランプが赤色で点灯していたり、
電源を入れた後赤色のままで緑色に変化しない場合は、
端末に何らかの不具合が発生している恐れがあります。

端末を再起動して緑色で点灯するようになればそれで良いですが、
再起動しても赤色のままの場合は端末が故障している可能性が高いです。

端末が故障しているとユーザー側でできることはないので、
速やかにサポートセンターに連絡しましょう。

SoftBankAir端末の交換にお金はかかる?

SoftBankAirの端末は購入するかレンタルするかの二択です。

端末をレンタルしている場合は、レンタル料が発生するので多少利用料金が
高くなりますが、ユーザーの過失による故障でなければ無償で交換してもらえます。

端末を床に落とした、水に濡らしたなどユーザーの過失によって故障した場合は、
レンタルでも16,000円の交換費用が発生します。
(古い機種だと9,500円)

端末を購入している場合でも、1年間のメーカー保証が付いているので、購入から
1年以内でなおかつユーザーの過失による故障でなければ無償での交換となります。

購入から1年以上経過しているあるいはユーザーの過失による故障だと、
実費で新しい端末を購入しなければなりません。

しかし「Yahoo!BB基本サービス」のプレミアムプランに加入していると
「あんしん補償」という特典が付くので、利用回数無制限でプレミアムプランを
利用している限りずっと端末を無償で交換してもらえます。
(当然端末が故障していないと交換してもらえません)

ただし故障した端末を返却しないと、33,000円の補償金を払わないといけなくなります。

盗難や紛失で端末を返却できない場合は、警察などの公的機関に届け出た上で
 ・届出機関名
 ・届出年月日
 ・受理番号
の提出が必要です。

通信障害やメンテナンスが原因のことも

SoftBankAirの通信が不安定だったり通信速度が遅かったりするのは、
何も端末側の問題だけではありません。

2018年12月のように、ソフトバンクの回線そのものに大規模な通信障害が
発生していることも無いとは言えません。

全国的な通信障害でなくても、
自宅周辺の限られた地域で通信障害が発生していることも考えられます。

それから、基地局などで定期的あるいは緊急のメンテナンス作業が行われている
可能性もあります。

基地局などでメンテナンス作業が行われる場合は、
よほど緊急の場合を除いては事前にメールなどで知らせてくれるはずです。

なので過去のメールでメンテナンス情報を見逃していないか確認し、
メンテナンスのメールが来ていない場合はサポートセンターに連絡して通信障害の
有無を聞いてみると良いですよ。

-ソフトバンクエアー

Copyright© 光コラボ同士の乗り換えで得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.