ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

光ギガからドコモ光へ事業者変更でどうなる?

投稿日:

「料金は他の光コラボレーションより高いしスマホとのセット割も無いし、
『光ギガ』から『ドコモ光』にでも乗り換えたいぁ」なんて考えていませんか?

でも光ギガからドコモ光のように光コラボレーション同士の乗り換えは、
「転用」になりません。

かと言って普通に乗り換えたんでは、同じ回線を使うにも関わらず光ギガの撤去と
ドコモ光の開通という2度の工事が必要で手間もお金もかかってしまいます。

なので多少の不便さは我慢して光ギガを使い続けているという場合も、
少なくないんじゃないでしょうか。

しかし2019年7月から光コラボレーションの「事業者変更」が可能となり、
光コラボレーション同士や光コラボレーションからフレッツ光への乗り換えが
転用と同じように手軽にできるようになるんです。

そこで事業者変更の手順と、光ギガからドコモ光に事業者変更する場合の
メリット・デメリットについて詳しく見ていきたいと思います。

「事業者変更」とは?「転用」とどう違う?

事業者変更の手順やメリットなどを見ていく前に、
同じような乗り換え制度である「転用」との違いについて簡単に見ておきます。

大掛かりな回線工事無しに光回線事業者が乗り換えられるという点では、
転用も事業者変更も同じです。

転用と事業者変更の大きな違いの1つは、
「乗り換え元の事業者」と「乗り換え先の事業者」です。

転用は、NTTの「フレッツ光」から光ギガやドコモ光などの「光コラボレーション」へ
乗り換えることを指します。

一方事業者変更は、光ギガからドコモ光など光コラボレーション同士あるいは
光コラボレーションからフレッツ光への乗り換えが対象なんですね。

転用はお金がかからないが、事業者変更はお金がかかる?

転用と事業者変更の違いとして、「違約金」と「工事費の残債」も挙げられます。

実際にフレッツ光から光ギガに転用したことがあるなら分かると思いますが、
転用の場合は契約期間中であってもフレッツ光の違約金は発生しません。

またフレッツ光の開通工事費の分割払いが残っている場合も、転用時に
一括精算する必要は無く、転用先に分割払いを引き継いでもらうことができます。

なので転用だと、
ほとんど費用をかけずにフレッツ光を解約することができるというわけです。
(転用先の開通費用は必要)

ところが事業者変更の場合は、契約期間中であれば違約金が発生しますし、
工事費の分割払いが残っていればその残債を一括で精算しないといけません。

光ギガからドコモ光に事業者変更する場合であれば、
違約金9,975円と24,000円の分割払いの残り分を払うことになります。

工事費を払い終わっていれば違約金9,975円だけで済みますが、工事費の支払いが
残っていると違約金と合わせて確実に10,000円以上払うことになってしまいます。

ただフレッツ光からの転用だと分割払いでも工事費は払い終わっている可能性が
高いですし、光ギガを新規で契約した場合でも工事費を一括払いしていれば
工事費の残債は発生しません。

全ての光回線が転用・事業者変更の対象ではない

勘違いしている人も居るかもしれませんが、
全ての光回線が転用や事業者変更の対象になるわけではありません。

フレッツ光から転用で乗り換えられるのは「光コラボレーション」だけですし、
光ギガなどの光コラボレーションから事業者変更で乗り換えられるのは
「光コラボレーション」か「フレッツ光」だけです。

フレッツ光以外の光コラボレーションでない光回線に転用や事業者変更で
乗り換えることはできませんし、その逆も無理です。

具体的にどういう光回線が転用や事業者変更の対象でないかと言うと
 ・auひかり
 ・NURO光
 ・コミュファ光
 ・eo光
 ・MEGA EGG
 ・ピカラ
 ・BBIQ
などです。

いずれもフレッツ光の回線ではなく独自の回線を使っているので、
フレッツ光や光コラボレーションから回線そのままで乗り換えることはできないんですね。

特に、大手携帯キャリアが提供しているドコモ光とソフトバンク光が
光コラボレーションなので、auひかりも光コラボレーションだと勘違いする場合が
多いかもしれません。

光ギガからドコモ光へ事業者変更するにはどうすれば良い?

では実際に、
光ギガからドコモ光へ事業者変更する手順について見ていきたいと思います。

光ギガからドコモ光へ事業者変更する手順は
 ・光ギガで「事業者変更承諾番号」を取得する
 ・ドコモ光に事業者変更承諾番号を使って申し込む
 ・回線切り替え工事の日程を決める
 ・回線切り替え工事の実施
 ・光ギガの解約
となります。

今契約している事業者で承諾番号を貰って、
それを使って申し込むという点はフレッツ光から光コラボレーションへの転用や
MNPでのスマホのキャリア変更と同じですね。

事業者変更の受付は2019年7月開始なので、2019年5月現在では光ギガで
どうすれば事業者変更承諾番号が取得できるかハッキリとは分かりません。

恐らく転用承諾番号の取得と同じ電話かインターネットで取得する形になると
思いますが、事業者によっては電話のみとなる可能性もあります。

インターネットで取得できれば特に問題無いんですが、
電話で承諾番号を取得するとなるとちょっと面倒だったりします。

転用やMNPの承諾番号を貰う場合も同じなんですが、乗り換え元と乗り換え先の
事業者には事業者変更による乗り換えの注意点などの説明義務が課されています。

なので承諾番号を貰う前に、事業者変更することで光回線の料金が変わることや
一部のサービスが利用できなくなるといった丁寧な説明を受けることになります。

それだけならまだ良いんですが、その前後に乗り換えを考え直すよう説得されるので
結果的に承諾番号を貰うまでに時間がかかってしまいます。
(数十分かかることも)

承諾番号を貰ったらドコモ光に申し込むんですが、
事業者変更での申し込みでは事業者変更承諾番号の入力や記入が求められます。

ですから、
必ずドコモ光の申し込み前に事業者変更承諾番号を取得しておかないとダメですよ。

後は事業者側の回線切り替え工事の日程(実質的な回線の乗り換え日)を決め、
工事が実施されると自動的に光ギガが解約となって乗り換え完了です。

申し込んですぐに工事してもらえることはほとんど無いでしょうから、
回線が切り替わるまで2週間ぐらいはかかると思っておいた方が良いですよ。
(もっと早く切り替わる可能性もある)

事業者変更の手続きは15日以内に自分で行うべし

光回線を新規で契約する場合、
申し込み先の事業者や代理店が面倒な手続きを代わりにやってくれたりしますよね。

それと同じ感覚で、ドコモ光に事業者変更での乗り換えを申し込めば
承諾番号の取得なども代行してくれるんじゃないかと思うかもしれません。

転用やMNPでもそうなんですが、
事業者変更承諾番号は利用者本人が手続きしないことには取得できないんです。

なので少なくとも、光ギガで承諾番号を取得してドコモ光に事業者変更での
乗り換えを申し込むというところまでは自分で行うことになります。

また事業者変更承諾番号は有効期限が15日間となっています。

取得から15日が経過すると承諾番号は無効となり、
事業者変更でドコモ光に乗り換えるには再度光ギガで取得しなければいけません。

前もって承諾番号だけ取得しておくということではなく、具体的にいつドコモ光に
申し込むかが決まってから承諾番号を取得した方が良いですよ。

事業者変更にかかる費用

通常の乗り換え手続きよりは費用が少なくて済みますが、
事業者変更による乗り換えにも多少の費用はかかります。

事業者変更では同じ回線をそのまま使うので作業員が自宅までくる「派遣工事」は
不要ですが、事業者側で回線を切り替える「無派遣工事」は行われます。

転用の無派遣工事の費用が2,000円ほどですから、
事業者変更の無派遣工事も同じぐらいの費用になると思われます。

さらに乗り換え先の事務手数料も必要で、ドコモ光の場合は3,000円となっています。

先の光ギガ解約にかかる違約金や工事費の残債と合わせると、
場合によっては20,000円近くかかってしまうかもしれません。

ただドコモ光では現在、転用での乗り換えで5,000円相当のdポイントが貰えるように
なっており、事業者変更でも同じぐらいの特典が貰える可能性があると思います。

違約金や工事費の残債は払わざるをえませんが、
無派遣工事の費用と事務手数料分はドコモ光の特典で相殺できそうですね。

契約から8日以内なら初期契約解除制度による解約が可能

光ギガからドコモ光に乗り換えたは良いけど、
何か使いにくいなどということでドコモ光を解約したいということもあるかもしれません。

普通に解約すると、当然契約期間中ですから
 ・戸建て・・・13,000円
 ・集合住宅・・・8,000円
の違約金が発生してしまいます。

ところが契約から(契約書面を受け取った日を初日として)8日以内であれば、
初期契約解除制度による解約で違約金が無しになります。

ただ初期契約解除制度による解約で支払いが免除されるのは違約金のみで、契約に
かかる事務手数料や工事費、解約までの利用料金などは払わないといけません。

また契約から8日以内の解約ですから、
全く繋がらないとか通信速度が極端に遅すぎるといったことでもないと
これだけの短い期間で見切りをつけるのは難しいですね。

光ギガからドコモ光へ事業者変更するメリット

光ギガからドコモ光に事業者変更で乗り換えるメリットとしては、
「金銭面でお得になる」ということが第一に挙げられます。

光ギガの料金はプロバイダ料込みで
 ・戸建て・・・5,300円
 ・集合住宅・・・4,200円
となっています。

対してドコモ光の料金はプロバイダ料込みで
 ・戸建て・・・5,200円
 ・集合住宅・・・4,000円
ですから、月100~200円だけですがドコモ光に乗り換えることで料金が安くなります。

さらにドコモスマホを使っている場合には、ドコモ光とのセット割も適用されます。

ドコモの新料金プランである「ギガホ」「ギガライト」を利用している場合は、
1回線当たり最大1,000円の割引が受けられます。
(ファミリー割引グループ内の全回線が対象)

旧プランである「カケホーダイ」「パケあえる」を利用している場合は、
対象は1回線のみで割引額は最大3,500円です。

ドコモユーザーなら光ギガからドコモ光に乗り換えることで、光回線の料金が
安くなるだけでなくスマホ代も安くなり、通信費全体を安くすることができるんですね。

アナログ戻し無しでひかり電話の電話番号が引き継げる

これは光ギガからドコモ光への乗り換えに限ったことではありませんが、
ひかり電話の電話番号がそのままで引き継げるというメリットもあります。

これまでは、光コラボレーション同士の乗り換えなどでは「アナログ戻し」という手続きを
踏まないとひかり電話の電話番号を引き継ぐことができませんでした。

光ギガからドコモ光へ乗り換える場合は、
光ギガを解約する前に一旦ひかり電話をアナログ電話に戻します。

それから光ギガを解約してドコモ光と契約し、アナログ電話をひかり電話に
移行することでようやく電話番号を引き継ぐことができました。

アナログ戻しには多少の手数料がかかりますし、何よりアナログ電話に戻す際と
アナログ電話からひかり電話に再度移行する際の2度の手続きが必要で面倒です。

しかもアナログ戻しを行うには、光ギガのひかり電話で使っている電話番号が
アナログ電話用としてNTTが発番したものでないといけません。

NTTが発番したものでもひかり電話用だとダメですし、アナログ電話用でもNTT以外が
発番しているものだとアナログ戻しができず、電話番号を引き継ぐことができないんです。

これまではフレッツ光から光コラボレーションへの転用以外では、ひかり電話同士で
電話番号を引き継ぐことができないかできたとしても手間がかかったわけです。

それが事業者変更が可能になることで、
光コラボレーション同士あるいは光コラボレーションからフレッツ光への乗り換えでも
アナログ戻し無しで電話番号の引き継ぎができるようになります。

「NTTがアナログ電話用に発番したもの」という条件も無く、
ひかり電話用でもNTT以外が発番したアナログ電話用でも引き継ぎ可能です。

光ギガからドコモ光へ事業者変更でメールアドレスが変わる?

反対に光ギガからドコモ光へ乗り換えるデメリットはと言うと、
メールアドレスが変わる恐れがあるということが挙げられます。

SNSやLINEによってメールを使う機会が減っていますし、
変わったとしても電話番号ほど面倒でもありません。

しかしプロバイダメールをメインで使っている人が居ないわけじゃありませんから、
メールアドレスが変わることは十分なデメリットです。

プロバイダメールは文字通りプロバイダのサービスですから、光ギガからドコモ光へ
乗り換えると同時にプロバイダも変更するとメールアドレスが変わってしまいます。

逆に言うと光ギガからドコモ光へ乗り換えても、
プロバイダを変更しなければメールアドレスは引き続き同じものが使えます。

もしメールアドレスが変わると困るのであれば、
ドコモ光で光ギガと同じプロバイダにすればOKです。

ただしドコモ光には指定プロバイダがあり、
指定以外のプロバイダを使った場合には料金が割高になってしまいます。

それから光ギガが独自に提供しているオプションサービスも、
ドコモ光に乗り換えることで使えなくなってしまいます。
(NTTが提供しているオプションは引き続き利用できる)

ドコモ光に同じような内容のオプションがあれば実質的に引き継ぐことができますが、
無ければそれもできないですね。

-ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Copyright© 光コラボ同士の乗り換えで得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.