ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

nifty光からドコモ光の乗り換えが簡単になる?

投稿日:

フレッツ光のプロバイダとして使っていた「nifty」に、あの手この手の勧誘を受けて
フレッツ光からnifty光に転用したなんて人も多いかもしれません。

転用であれば乗り換え費用はあまりかかりませんし、通信品質はそのままで毎月の
料金も安くなるので、nifty光に転用して後悔したといったことは無いと思います。

ただnifty光に不満が無くても2年3年と使い続けていると、
そろそろ他のものに乗り換えたいなぁという気持ちも芽生えてきますよね。

特にドコモユーザーなら、ドコモスマホとのセット割が利用できる「ドコモ光」に
乗り換えたいと考えている場合もあるんじゃないでしょうか。

これまでなら、nifty光からドコモ光といった光コラボレーション同士の乗り換えは
手間もお金もかかるので正直オススメできませんでした。

しかし2019年7月からは、
光コラボレーション同士あるいは光コラボレーションからフレッツ光への乗り換えが
「事業者変更」で転用と同じように手軽にできるようになります。

そこでnifty光からドコモ光へ事業者変更で乗り換える手順や、事業者変更が
可能になることでどういったメリットがあるのかなどを詳しく見ていきましょう。

事業者変更は転用とは違うの?

光コラボレーションが開始された当初から、
フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えは「転用」で手軽にできました。

ではその転用と、2019年7月から可能になる光コラボレーション同士あるいは
光コラボレーションからフレッツ光への「事業者変更」では何が違うのでしょうか?

仕組み的には、
乗り換え元と乗り換え先が変わるだけで転用と事業者変更はほとんど同じものです。

これまでは、フレッツ光から光コラボレーションに回線を貸す形での転用は
認められていましたが、回線を「又貸し」する形となる光コラボレーション同士の
乗り換えは認められていませんでした。

ところがその回線の「又貸し」が2019年7月から認められることになり、
撤去工事・開通工事という通常の手順を踏まなくても光コラボレーション同士での
乗り換えができるようになるんですね。

ですからフレッツ光から光コラボレーションに乗り換える場合と同じように、
自宅の回線はそのままで事業者側の切り替えのみで光回線の乗り換えができます。

事業者変更が可能になることで、撤去と開通2つの工事にかかる費用と手間も
無くなりますし、乗り換えによって光回線が使えなくなる期間が発生しないように
手続きの時期を考えたりする必要も無くなるわけです。

単純に
 ・フレッツ光から光コラボレーション・・・転用
 ・光コラボレーション同士、光コラボレーションからフレッツ光・・・事業者変更
と乗り換え元と乗り換え先によって呼び方が分かるだけで、
仕組み的にはほぼ同じと思って問題ありませんよ。

金銭的には違う点も

転用と事業者変更で仕組み的にはほとんど同じなんですが、
金銭的な面で言うと大きな違いがあります。

それが「違約金」と「工事費」の問題です。

実際に転用で乗り換えたことがある人は分かると思いますが、フレッツ光から
nifty光に転用した際にフレッツ光の違約金は発生しなかったですよね。

転用では、フレッツ光から光コラボレーションへ乗り換えしやすいように、
契約期間中であってもフレッツ光の違約金は発生しないようになっています。

ただしプロバイダを変更した場合は、
転用でもプロバイダの違約金が発生する恐れはあります。

ところが事業者変更の場合、
契約期間中であれば乗り換え元の光コラボレーションの違約金が発生します。

nifty光からドコモ光への事業者変更だと、nifty光の契約内容によって
 ・2年契約・・・9,500円
 ・3年契約・・・20,000円
の違約金を払わないといけません。

転用でフレッツ光の違約金が発生しないというのが特別なのであって、
契約期間中の解約に違約金が発生するのは当然と言えば当然ですね。

それから工事費ですが、フレッツ光から光コラボレーションへの転用では、
工事費の分割払いが残っている場合にはそのまま引き継がれます。

要するに、フレッツ光の工事費の支払いが残っていても転用時に一括精算を
求められることはないってことです。

ところが事業者変更では工事費の残債は引き継がれず、
分割払いが残っている場合には事業者変更の時点で一括精算しないといけません。

nifty光の工事費は
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
で、分割にするといずれも30回払いになります。

フレッツ光からの転用だと工事費の支払いは終わっている可能性が高いですが、
nifty光を新規で契約している場合は違約金だけでなく工事費の残債も
確認した方が良いですよ。

nifty光からドコモ光へ事業者変更で乗り換える

では実際にnifty光からドコモ光へ事業者変更で乗り換えるには、
どういった流れで手続きを行うことになるのでしょうか?

転用による乗り換えやスマホのMNPによるキャリア変更と、
手続きの流れはほとんど同じです。

まずnifty光で「事業者変更承諾番号」を発行してもらいます。

事業者変更の受付がまだ開始されていないので、承諾番号の発行が電話のみなのか
マイページなどでもできるのかといった詳しいことは現状では分かりません。

マイページなどでもできるなら比較的簡単で良いんですが、
電話のみとなるとちょっと面倒なことになる恐れもあります。

事業者変更の手続きでは、
乗り換え元・乗り換え先双方の事業者に様々な説明義務が課せられているようです。

実際に転用やMNPの手続きを電話で行ったことがある人は分かると思いますが、
乗り換え手続きを行う際の注意点などを丁寧に説明してくれます。

さらにその説明に便乗する形で考え直すように勧められたりもするので、
承諾番号を貰うのに数十分かかることもあるんですよね。

事業者変更承諾番号を取得したら、それを使ってドコモ光で申し込み手続きを行います。

これも転用やMNPの場合と同じで、
事業者変更承諾番号の有効期限は15日間しかありません。

発行から15日が経過すると承諾番号は無効となり、
再度発行手続きをしないと事業者変更での乗り換えができなくなってしまいます。

インターネットで申し込む場合は申込画面で承諾番号の入力が求められますし、
店頭だと申込書へ記入することになります。

後は回線の切り替え工事の日程を調整し、切り替え工事が実施されると同時に
niftyが解約となって事業者変更による乗り換えが完了します。

さすがに手続きをしてすぐに切り替え工事が行われることはなく、
手続きをしてから工事が行われるまで大体2週間ぐらいはかかると思っておきましょう。
(もっと早く工事が行われることもある)

転用やMNPの手続きを行ったことが無いと、
ひょっとすると「ドコモ光とか代理店が全部やってくれるんでしょ」と思うかもしれません。

転用やMNPも同じですが、事業者変更の手続きは利用者自身が行わなければならず、
乗り換え先の事業者や代理店などに代行してもらうことはできませんよ。

事業者変更にはいくらぐらいかかる?

通常の乗り換え手続きより安いとは言え、
事業者変更での乗り換えにも費用はかかります。

事業者変更では回線はそのまま使うので大掛かりな開通工事は不要ですが、
事業者側で切り替え工事が行われます。

「無派遣工事」と言われるもので、転用で2,000円ほどとなっているので
事業者変更でも同じぐらいの金額になると思われます。

また事業者変更にかかる事務手数料がドコモ光は3,000円ですから、
工事費と事務手数料合わせて5,000円ぐらいはかかることになります。

これに先のnifty光の違約金や工事費の残債が加わると、
場合によっては乗り換え費用が30,000円近くになってしまかもしれません。

ただドコモ光では現在転用で5,000円相当のdポイントが貰えるキャンペーンが
行われており、恐らく事業者変更でも同じぐらいの特典が貰えるようになると思います。

また事業者変更の受付が開始となった時点で、事業者変更による乗り換え費用を
ドコモ光が負担してくれるキャンペーンが始まるかもしれません。

乗り換え費用の全額負担はともかく、
dポイントだけでも工事費と事務手数料分ぐらいは相殺できそうですね。

事業者変更でひかり電話の番号がそのまま引き継げる

これまでの光コラボレーション同士の乗り換えでは、
ひかり電話の電話番号が変わってしまう恐れがありました。

フレッツ光から光コラボレーションへの転用では、
ひかり電話の電話番号もそのまま引き継ぐことができます。

ところが現在使っている光回線を解約して新たに別の光回線と契約する場合には、
そのままではひかり電話の電話番号を引き継ぐことができません。

現在使っている光回線を解約する前にひかり電話を一旦アナログ電話に戻し、
新しい光回線を契約後にひかり電話へ移行するといった手順を踏まないと
電話番号が引き継げないんですね。

それにアナログ電話に戻せるのは、ひかり電話で使っている電話番号が
NTTでアナログ電話用として発番されている場合のみです。

ひかり電話用として発番されたものや、アナログ電話用でもNTT以外が発番した
番号ではアナログ電話に戻すことはできません。

なのでこれまでは転用以外で光回線を乗り換えると、
ひかり電話の電話番号を引き継ぎたくても引き継げないあるいは
引き継げても手間がかかっていたというわけです。

しかし事業者変更が可能になると、転用の場合と同じで一旦アナログ電話に
戻さなくても、そのままひかり電話の電話番号を引き継ぐことができます。

もちろんひかり電話用として発番されたものでも、
NTT以外が発番したアナログ電話用の番号でもそのままで引き継ぎ可能です。

スマホの番号以上に固定電話の番号が変わるのって面倒ですから、ひかり電話を
使っている人にとっては電話番号がそのまま引き継げるのは大きなメリットですね。

メールアドレスは引き継げないことも

最近はSNSやLINEの発達でメールの利用頻度は減っていますが、
光回線でプロバイダメールを利用している場合もあると思います。

nifty光からドコモ光へ事業者変更した場合、ひかり電話の電話番号は
そのまま引き継げても、プロバイダメールのアドレスは引き継げないこともあるんです。

プロバイダメールのアドレスはプロバイダが発行しているものであり、
nifty光からドコモ光へ事業者変更することでプロバイダが変わると
メールアドレスも変わってしまいます。

幸い20数社あるドコモ光の指定プロバイダにniftyも名を連ねているので、
ドコモ光のプロバイダとしてniftyを選べばメールアドレスを引き継ぐことができますよ。

それからnifty光で利用していたオプションサービスにも、
引き継げるものと引き継げないものがあります。

NTTが提供しているオプションサービスはドコモ光へ乗り換えてもそのまま使えますが、
nifty光が独自に提供しているオプションはドコモ光に引き継ぐことができません。

ドコモ光の同じような内容のオプションを利用することはもちろんできますが、
nifty光のオプションそのものは引き継げません。

事業者変更も初期契約解除制度による解約の対象だが・・・

事業者変更でドコモ光に乗り換えたものの、
やっぱり解約したいということも出てくるかもしれません。

しかし普通にドコモ光を解約したのでは
 ・戸建て・・・13,000円
 ・集合住宅・・・8,000円
の違約金が発生してしまいます。

1年2年使った後なら多少の違約金が発生するのも仕方ありませんが、
契約後すぐの解約で8,000円13,000円も違約金を払うのはもったいないですよね。

実は通信サービス版のクーリングオフとも言われる「初期契約解除制度」による解約が、
事業者変更で光回線を乗り換えた場合でも利用できるようになっています。

事業者変更でnifty光からドコモ光へ乗り換えてから8日以内
(契約書類を受け取った日を初日とする)に初期契約解除を申し出ることで、
違約金無しでドコモ光を解約することができます。

ただし本家のクーリングオフと違って、
初期契約解除制度で支払いが免除されるのは違約金だけです。

ドコモ光開通にかかった工事費や事務手数料、
それから解約まで数日間の利用料金は払う必要があります。

転用や事業者変更ができるのはフレッツ光と光コラボレーションだけ

事業者変更が可能になることで、
光コラボレーションユーザーの乗り換えの幅が広がるのは間違いありません。

ただ、これは転用でも同じですが、
事業者変更で自由に乗り換え先の光回線が選べるというわけではないんです。

あくまで
 ・転用・・・フレッツ光から光コラボレーション
 ・事業者変更・・・光コラボレーション同士、光コラボレーションからフレッツ光
の乗り換えに限ったことであり、これら以外の光回線への乗り換えには適用されません。

例えば同じ大手携帯キャリアが提供する光回線サービスでも、
ドコモ光とソフトバンク光は光コラボレーションですが、
auひかりは光コラボレーションではありません。

auひかりは元々TEPCO光という東京電力の光回線サービスを引き継いだものであり、
独自の回線を使って光回線サービスを提供しています。

なのでnifty光からドコモ光へは事業者変更による乗り換えができますが、
nifty光からauひかりへは事業者変更での乗り換えはできないことになります。

auひかり以外に
 ・NURO光
 ・コミュファ光
 ・eo光
 ・MEGA EGG
 ・ピカラ
 ・BBIQ
なども独自の回線を使った光回線サービスで、
光コラボレーションではないので転用や事業者変更の対象にはならないんですね。

 


ドコモショップや公式サイトからドコモ光に申し込むと損します!

 

なぜかというと・・

15,000円のキャッシュバックをドブに捨てることになるからです!

 


>>(限定)15,000円キャッシュバックのドコモ光

 

他社の光コラボからドコモ光に事業者変更で乗り換えするなら
GMOとくとくBBというプロバイダのサイトから申し込んだほうがお得になります。

 
もちろんドコモショップやドコモ公式サイトから申し込む場合と同じドコモ光が使えます。
プロバイダがGMOとくとくBBというプロバイダになるだけの違いです。

※ちなみにこのプロバイダはドコモ光のタイプAで選択できるプロバイダです。

ドコモショップでのキャンペーンやドコモ公式サイトでのキャンペーン
で宣伝しているdポイントプレゼントはもちろん対象となります。

 

このプロバイダがすごいのは、このようなドコモ公式の特典にプラスして

独自のキャッシュバック(15,000円)がもらえる所です!

 



 

さらに高性能WIFIルーターがずっと無料でレンタルできる独自の特典もあります。

ドコモ光をドコモショップで申し込むのは特典が少なく損しますので、ぜひこちらのサイトから
申し込むことをおすすめします!

 

-ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.