ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

BIGLOBE光からドコモ光への乗り換えって面倒じゃない?

投稿日:

「フレッツ光のプロバイダだったから、その流れでBIGLOBE光に乗り換えちゃったけど、
やっぱドコモスマホとのセット割があるドコモ光にしときゃ良かったなぁ」
などと思っている人も結構多いかもしれません。

これまではBIGLOBE光からどこも光といったように、
光コラボレーション同士で乗り換えるというのは簡単ではありませんでした。

しかし2019年7月(2019年5月現在で分かっている限り)から、「事業者変更」で
光コラボレーション同士の乗り換えが比較的手軽にできるようになります。

ただBIGLOBE光からドコモ光に乗り換えたからと言って、
全てが便利になるわけじゃなく、不便になることも出てきます。

そこで事業者変更でBIGLOBE光からドコモ光に乗り換えることで、
変わることや変わらないことについて詳しく見ていきましょう。

事業者変更でBIGLOBE光からドコモ光に乗り換える方法についても説明しますよ。

「転用」と「事業者変更」って何が違う

BIGLOBE光からドコモ光への乗り換えについて見ていく前に、
「転用」と「事業者変更」の違いについて説明しておきます。

通常光回線を乗り換えようと思ったら、現在使っている光回線を解約・撤去して、
新しく使う光回線を契約・開通しなければいけません。

この方法では解約と契約の時期を上手く調整しないと、
自宅で光回線が使えない期間ができてしまったり、
光回線契約の期間が重なって一時的に2重に料金を払うことになったりしてしまいます。

ところがNTTのフレッツ光からBIGLOBE光やドコモ光といった光コラボレーションだと、
 ・回線の撤去、開通の工事が不要
 ・フレッツ光の契約期間中でも違約金が発生しない
 ・ひかり電話の電話番号を引き継ぐことができる
 ・NTTが提供しているオプションサービスも引き続き利用できる
などの条件で乗り換えることができます。

この回線工事や違約金不要などの条件で、
フレッツ光から光コラボレーションに乗り換えることを「転用」と言います。

これに対して「事業者変更」は、BIGLOBE光からドコモ光などのように
光コラボレーション同士や光コラボレーションからフレッツ光に戻すことを指すんですね。

ですから単純に言うと、
 ・フレッツ光から光コラボレーションへ・・・転用
 ・光コラボレーション同士又は光コラボレーションからフレッツ光へ・・・事業者変更
というだけのことです。

転用は違約金不要、事業者変更は違約金発生

転用と事業者変更の大きな違いとしてもう1つ「違約金」の問題があります。

フレッツ光から光コラボレーションへの転用だと、
フレッツ光の契約期間中であってもフレッツ光の違約金は発生しません。

ところが事業者変更の場合は、
変更元の光コラボレーションが契約期間中であれば違約金が発生します。

BIGLOBE光からドコモ光に事業者変更すると、
 ・2年契約・・・9,500円
 ・3年契約・・・20,000円
とBIGLOBE光の契約内容に沿った違約金を払わないといけないんですね。

加えて工事費の分割払いが終わっていない場合には、
事業者変更の時点で工事費の精算も求められます。

BIGLOBE光の工事費は
 ・戸建て・・・30,000円
 ・集合住宅・・・27,000円
と比較的高額となっています。

そのため事業者変更する時期によっては10,000円以上の残債があり、
違約金と併せて30,000円以上払うことになるかもしれません。

事業者変更を検討する際には、
違約金と工事費の残債を確認しておいた方が良いですよ。

ちなみにフレッツ光から光コラボレーションへの転用の場合は、
工事費の残債は光コラボレーションに引き継がれます。

ですからフレッツ光の分割払いが残っていても転用時に一括精算を要求されることは
ないので、違約金も不要ですし解約側にはほとんど費用をかけずに済みます。

事業者変更で開通する側にかかる費用

事業者変更で解約する側にかかる費用を見たので、ついでと言っては何ですが、
事業者変更で開通する側にかかる費用も見ておきましょう。

BIGLOBE光からドコモ光への事業者変更であれば、
ドコモ光開通にかかるお金ってことです。

転用や事業者変更による乗り換えでは「工事不要」と言われますが、
これはあくまで「派遣工事が不要」なだけです。

回線側で事業者の切り替えを行ういわゆる「無派遣工事」というものが行われ、
この無派遣工事の費用は転用や事業者変更でも発生します。

ただ派遣工事に比べると無派遣工事の費用は安く、
転用の場合は2,000円ほどとなっています。

事業者変更の無派遣工事費は現状はっきり分かっていませんが、
恐らくは転用の場合と同じか1,000円ほど高くなる程度だと思われます。

それからもう1つ、契約にかかる事務手数料も発生します。

ドコモ光の事務手数料は3,000円で、
事業者変更の事務手数料も同じぐらいになるはずです。

なので事業者変更でドコモ光を開通させる場合にかかる費用は、
無派遣工事費と事務手数料合わせて5,000~6,000円といったところです。

ただドコモ光では現在、転用の場合に5,000円相当のdポイントが特典として貰えます。

恐らく事業者変更でも同程度の特典が貰えるようになるでしょうから、
無派遣工事費と事務手数料ぐらいは相殺できると思います。

転用の場合は開通する側にかかる費用だけで済むんですが、事業者変更では
先に書いたように解約する側にも費用が発生するので注意が必要ですね。

事業者変更による乗り換えではひかり電話の電話番号が変わらない

BIGLOBE光ユーザーの中には、自宅の固定回線としてBIGLOBE光のひかり電話を
使っているという場合もあると思います。

BIGLOBE光をドコモ光に乗り換えることで、そのひかり電話の電話番号が
変わってしまうんじゃないかという懸念を抱いている人も多いんじゃないでしょうか。

固定電話の番号は色んな契約や登録に使用するので、
スマホの番号以上に変わると面倒なんですよね。

電話番号が変わるのがイヤなので、
光回線を乗り換えに躊躇しているといったこともあったりします。

これまでは、フレッツ光から光コラボレーションへの転用を除いては、
「アナログ戻し」という作業を行わないことには光回線乗り換えでひかり電話で
電話番号を引き継ぐことができませんでした。

従来の方法でBIGLOBE光からドコモ光に乗り換える場合には、
BIGLOBE光を解約する前にひかり電話を一旦アナログ電話に戻します。

そしてBIGLOBE光解約後にドコモ光を契約し、
同時に固定電話もアナログ電話から再度ひかり電話にするといった手順を踏まないと
電話番号が引き継げなかったんですね。

またアナログ戻しをするには、電話番号が「NTTがアナログ電話用に発番したもの」
でないとダメという条件もあります。

「03」や「06」など市外局番から始まる電話番号でもひかり電話用に発番されたものや、
アナログ電話用でもNTT以外が発番したものだとアナログ戻しができず、
光回線乗り換えで電話番号を引き継ぐことができません。

ところが事業者変更での乗り換えであれば、転用の場合と同様にアナログ戻しを
しなくてもひかり電話の電話番号を引き継ぐことができるようになります。

もちろんひかり電話用やNTT以外が発番したアナログ電話用の番号でも
引き継げますよ。

ひかり電話を使う場合には結構大きなメリットで、電話番号が簡単に引き継げるなら
光回線の乗り換えを検討しようという人も増えるんじゃないでしょうか。

オプションやメールアドレスは変わる恐れあり

BIGLOBE光からドコモ光への事業者変更でひかり電話の電話番号は変わりませんが、
オプションやメールアドレスは変わる恐れがあります。

NTTが提供しているオプションサービスはドコモ光に引き継ぐことができますが、
BIGLOBE光が独自に提供しているオプションサービスはドコモ光に引き継ぐことは
できません。

メールアドレスについても、
BIGLOBE光とドコモ光で利用するプロバイダが違うと変わってしまいます。

ただ幸いなことに、ドコモ光には20数社の指定プロバイダがあり、
その中には「BIGLOBE」が含まれています。

ですからBIGLOBE光からドコモ光に乗り換えても、プロバイダがBIGLOBEであれば
オプションやメールアドレスを引き続き利用できる可能性があります。

BIGLOBE光からドコモ光への事業者変更するには

事業者変更で変わること変わらないことについて見てきましたが、
次にどういう手続きを踏むことで事業者変更ができるのかも見ておきましょう。

BIGLOBE光からドコモ光へ事業者変更する場合には、
まずBIGLOBE光で「事業者変更承諾番号」を発行してもらわないといけません。

光回線の転用やスマホのMNPでのキャリア変更を経験したことがある人は分かると
思いますが、こういう乗り換えに必要な番号って簡単に発行してくれないんですよね。

事業者側にはどうやら色々な通知義務があるようで、事業者変更承諾番号を
発行する前に事業者変更に関する注意事項などの説明を受けることになります。

さらにそれに乗じて「今ならこんなお得なサービスが利用できる」などの引き留めも
行われるので、承諾番号を発行してもらうのに場合によっては数十分程度かかります。

事業者変更承諾番号が発行されたら、後はそれを持ってドコモ光で申し込みを行い、
無派遣工事の日程を調整します。

そして無派遣工事が実施されて回線側で事業者がBIGLOBE光からドコモ光に
切り替われば、自動的にBIGLOBE光は解約となりドコモ光への乗り換えが完了と
なります。

光回線の新規申込の手続きはプロバイダや代理店に代行してもらうことができますが、
事業者変更承諾番号は契約者が手続きしないと発行してもらえません。

契約から8日以内なら違約金無しで解約できるが・・・

通信サービス版のクーリングオフとも言われる「初期契約解除制度」の対象に、
事業者変更も含まれています。

なので契約から8日以内にドコモ光に初期契約解除制度による解約を申し出れば、
違約金無しで解約することができます。
(契約から8日以内=契約書面を受け取った日を初日として8日以内)

ただクーリングオフ一切費用を払わずに解約することができますが、
初期契約解除制度による解約で免除されるのは違約金だけです。

無派遣工事の費用や事務手数料、
さらには解約までの数日間の利用料金などは払わないといけないんです。

また初期契約解除制度による解約では、
ドコモ光を解約するだけでBIGLOBE光に戻すことはできません。

BIGLOBE光に戻したいのであれば、
ドコモ光解約後に改めてBIGLOBE光に新規での申し込みをすることになります。

事業者変更は光コラボレーション同士か光コラボレーションからフレッツ光へだけ

事業者変更が可能なのは、
BIGLOBE光からドコモ光などのように光コラボレーション同士で乗り換える場合か、
光コラボレーションからフレッツ光に乗り換える場合だけです。

光コラボレーションからフレッツ光や光コラボレーション以外の光回線あるいは
フレッツ光や光コラボレーション以外の光回線からフレッツ光や光コラボレーションに
事業者変更で乗り換えることはできません。

同じ大手携帯キャリアが提供する光回線サービスでも、ドコモ光とソフトバンク光は
光コラボレーションですがauひかりは光コラボレーションではありません。

auひかりは元々東京電力のTEPCO光を引き継いだものであり、
独自の回線を使って光回線サービスを行っています。

なのでドコモ光からauひかりへは解約撤去・契約開通という通常の方法で
乗り換える必要があり、事業者変更で乗り換えることはできないんですね。

auひかり以外でも
 ・NURO光
 ・コミュファ光
 ・eo光
 ・ピカラ
 ・MEGA EGG
 ・BBIQ
などの光回線サービスは光コラボレーションではなく、
事業者変更の対象にはなっていませんよ。

 


ドコモショップや公式サイトからドコモ光に申し込むと損します!

 

なぜかというと・・

15,000円のキャッシュバックをドブに捨てることになるからです!

 


>>(限定)15,000円キャッシュバックのドコモ光

 

他社の光ギガからドコモ光に事業者変更で乗り換えするなら
GMOとくとくBBというプロバイダのサイトから申し込んだほうがお得になります。

 
もちろんドコモショップやドコモ公式サイトから申し込む場合と同じドコモ光が使えます。
プロバイダがGMOとくとくBBというプロバイダになるだけの違いです。

※ちなみにGMOとくとくBBはドコモ光のタイプAで選択できるプロバイダです。

ドコモショップでのキャンペーンやドコモ公式サイトでのキャンペーン
で宣伝しているdポイントプレゼントはもちろん対象となります。

 

GMOとくとくBBがすごいのは、このようなドコモ公式の特典にプラスして

GMOとくとくBB独自のキャッシュバック(15,000円)がもらえる所です!

 



 

さらに高性能WIFIルーターがずっと無料でレンタルできる独自の特典もあります。

ドコモ光をドコモショップで申し込むのは特典が少なく損しますので、ぜひこちらのサイトから
申し込むことをおすすめします!

 

-ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Copyright© ヒカノリ!~光回線のおとくな乗り換え~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.