ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換え(事業者変更)が可能になる!?

投稿日:

「フレッツ光のプロバイダが『Yahoo!BB』だったこともあって、
勧められるがままに『ソフトバンク光』に乗り換えたけど、
やっぱり『ドコモ光』にすればよかった」なんて思っている場合もあるかもしれないですね。

ただソフトバンク光からドコモ光のような光コラボレーション同士の乗り換えは
手軽に行えないので、乗り換えたくても乗り換えられないと諦めている人も
多いんじゃないでしょうか?

確かに現行の制度では、ソフトバンク光を解約してドコモ光を新規契約するという
通常の方法でしか乗り換えることができません。

ところが近々、「事業者変更」で比較的手軽にソフトバンク光からドコモ光に
乗り換えることができるようになります。

そこでソフトバンク光からドコモ光への乗り換えが「事業者変更」で
どのように変わるのか、詳しく見ていきましょう。

フレッツ光から光コラボへは「転用」、光コラボから光コラボは「事業者変更」

フレッツ光からソフトバンク光やドコモ光などの光コラボレーションへ乗り換える際には、
フレッツ光の回線がそのまま使えるので撤去と開通という2つの工事が不要となります。

またフレッツ光の契約期間中であっても、
光コラボレーションへの乗り換えだと違約金も発生しません。

このようにフレッツ光から光コラボレーションへ手軽に乗り換えられるのを
「転用」と言います。

ではフレッツ光から光コラボレーションへの転用と光コラボレーション同士の
「事業者変更」では何が違うのでしょうか?

結論から言うと、乗り換え元と乗り換え先が変わるだけで、
工事不要で乗り換え可能という点は転用でも事業者変更でも同じです。

なのでフレッツ光から光コラボレーションへ乗り換えるのが「転用」で、
光コラボレーション同士あるいは光コラボレーションからフレッツ光へ乗り換えるのが
「事業者変更」と覚えておけば良いと思いますよ。

これまでであればソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合は、
ソフトバンク光を解約してソフトバンク光の回線を撤去し、
ドコモ光と契約して改めてドコモ光の回線を開通させる必要がありました。

しかしこれからはソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合でも事業者変更で、
回線はそのままで光回線事業者のみを乗り換えることができるというわけです。

ひかり電話の電話番号を引き継ぐことも可能

これまでもお金や手間がかかることを気にしなければ、
通常の手続きを踏めばソフトバンク光からドコモ光に乗り換えることは可能でした。

ただ「ひかり電話」を利用している場合は電話番号を引き継ぐことができない恐れがあり、
電話番号が変わるのを嫌って乗り換えを躊躇うということもあったんですね。

それが事業者変更で光コラボレーション同士の乗り換えを行った場合には、
ひかり電話の電話番号を引き継ぐこともできるようになります。

これまでは、アナログ電話からひかり電話と転用の場合に限り
ひかり電話同士での電話番号の引き継ぎが可能でした。

そのためソフトバンク光からドコモ光への乗り換えでひかり電話の電話番号を
引き継ぐには「アナログ戻し」という作業を行わないといけなかったんです。

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える前に一旦ひかり電話を
NTTのアナログ電話に戻し、ドコモ光開通時に改めてひかり電話にすることで
ソフトバンク光で使っていた電話番号をドコモ光に引き継ぐといった具合です。

ただこのアナログ戻しは、ひかり電話の電話番号が
「NTTのアナログ電話用に発番されたもの」でないとできません。

なのでソフトバンク光開通時にひかり電話用として発番された電話番号を
使っている場合には、アナログ戻しができずドコモ光への乗り換えで電話番号を
引き継ぐことができないんです。

またアナログ電話用でもNTT以外が発番したものもアナログ戻し不可です。

これまではフレッツ光から光コラボレーションへの転用以外では、
ひかり電話の電話番号を引き継ぐことはできないあるいはできても
手間がかかっていたというわけです。

それが事業者変更が可能となったことで、アナログ戻し無しでソフトバンク光から
ドコモ光への乗り換えでひかり電話の電話番号を引き継ぐこともできるようになります。

もちろんひかり電話用やNTT以外のアナログ電話用として発番された電話番号でも
引き継ぐ可能です。

ひかり電話を利用していない人には特段メリットになりませんが、
ひかり電話を利用して人にとっては決して小さくないメリットだと思いますよ。

転用は違約金が発生しないが、事業者変更は違約金が発生する

光コラボレーション同士の乗り換えで工事不要だったりひかり電話の電話番号が
引き継げるなど、基本的な内容は転用と事業者変更で大きな違いはありません。

ただ「違約金」については、転用と事業者変更で大きな違いがあります。

転用の場合、フレッツ光の契約期間中であっても違約金は発生しませんでした。

ところが事業者変更の場合は、
変更元の光コラボレーションが契約期間中だと違約金が発生します。

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える場合、
ソフトバンク光が契約期間中だと9,500円の違約金を払うことになります。

さらにソフトバンク光のプロバイダであるYahoo!BBで基本サービス(プレミアム)を
利用している場合には、Yahoo!BB分の違約金3,000円がプラスされます。

また開通工事の費用を分割払いにしている場合の対応についても、
転用と事業者変更で違います。

転用の場合は、
転用先の光コラボレーションにフレッツ光の工事費の残債が引き継がれます。

要するに、転用時に工事費の分割払いが残っていたとして一括精算する必要は無いと
いうことです。

ところが事業者変更の場合は、工事費の残債を一括精算しなければいけません。

ソフトバンク光を新規開通し、その分割払いが残っている状態でドコモ光に
事業者変更すると、残っている分割払い分を一括で支払うということです。

場合によっては数万円払うことになるかもしれないので、
事業者変更の際には違約金と工事費の残債を確認しておいた方が良いですよ。

オプションやメールアドレスは引き継げない恐れも

事業者変更のデメリットとして、
オプションやメールアドレスが引き継げない恐れがあるということも挙げられます。

ソフトバンク光で利用している
 ・サポートオプション
 ・セキュリティオプション
などのオプションサービスが、
ドコモ光への事業変更でそのまま引き継げないかもしれないということです。

「TVサービス」など一部引き継げるものもあるようですが、ソフトバンク光とドコモ光では
同じようなオプションサービスでも詳細が違うことがあります。

なのでソフトバンク光からドコモ光への乗り換えで、同じようなオプションサービスを
引き続き使うことはできても全く同じものは使えないこともあるってことです。

ただしNTT東日本ないし西日本が提供しているオプションサービスについては、
ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えても引き続き利用することができます。

メールアドレスはプロバイダが変わると引き継ぐことができません。

ソフトバンク光のプロバイダは「Yahoo!BB」ですから、ドコモ光でプロバイダを
引き続きYahoo!BBにすればメールアドレスも引き継ぐことはできます。

ただドコモ光には20数社の指定プロバイダがあるんですが、
その中にYahoo!BBは含まれていません。

ドコモ光では指定プロバイダ以外のプロバイダを使うこともできるんですが、
指定プロバイダを利用する場合に比べて料金が割高となってしまいます。

またソフトバンク光も含めたドコモ光以外の光コラボレーションでは、
プロバイダが選べないことがほとんどです。

なのでソフトバンク光からドコモ光以外の光コラボレーションへの事業者変更では、
メールアドレスが変わる可能性が大ですね。

ソフトバンク光からドコモ光に事業者変更する手順は?

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えであれば、
まずソフトバンク光に「事業者変更承諾番号」を発行してもらいます。

その事業者変更承諾番号を使ってドコモ光に申し込むことで、
事業者変更での乗り換えができます。

「転用承諾番号」と「事業者変更承諾番号」と発行してもらう番号の名前が違うだけで、
手順としては転用の場合と同じですね。

転用承諾番号もそうですが、
事業者変更承諾番号の有効期限は15日間となっています。

なのでソフトバンク光に事業者変更承諾番号を発行してもらったら、
15日以内にドコモ光に申し込まないといけないというわけです。

発行から15日が経過すると事業者変更承諾番号は無効となり、
事業者変更で乗り換える場合には再度ソフトバンク光に事業者変更承諾番号を
発行してもらわないといけません。

それから、フレッツ光から光コラボレーションへの転用やスマホのMNPによる
キャリア変更でも同じですが、事業者変更による乗り換え手続きは利用者自身が
行うことになります。

フレッツ光や光コラボレーションを新規で申し込む場合のように、
変更先であるドコモ光やプロバイダ、代理店に事業者変更の手続きを
代行してもらうことはできませんよ。

事業者変更にかかる費用は?

乗り換えに工事が不要になるとは言え、
無料で事業者変更ができるわけではありません。

派遣工事が不要になるだけで事業者側の回線切り替え工事は必要ですから、
回線切り替え工事の費用が発生します。

また乗り換えにかかる事務手数料も発生しますから、
事業者変更では少なくとも数千円程度の費用がかかるものと思われます。

転用の無派遣工事では2,160円(税込)の工事費が必要ですから、
恐らく事業者変更でも同じぐらいの工事費になると思います。

事務手数料は事業者によって違いますが、ドコモ光の場合は3,000円なので、
ソフトバンク光からドコモ光への事業者変更だと5,000円程度はかかるのでは
ないでしょうか。

これにソフトバンク光の違約金9,500円が加わり、さらにYahoo!BBを
基本サービス(プレミアム)で利用している場合は3,000円がプラスされます。

なので場合によっては、ソフトバンク光からドコモ光への事業者変更で
20,000円近い費用がかかってしまう恐れがあります。

ただドコモ光では、現在転用による乗り換えで5,000ポイントのdポイントが貰えます。

恐らく事業者変更でも同じぐらいのdポイントが貰えると思うので、
事業者変更の工事費と事務手数料ぐらいは相殺できるはずですよ。

事業者変更も「初期契約解除制度」の対象

事業者変更でソフトバンク光からドコモ光に乗り換えたは良いけど、
やっぱりドコモ光との契約を取り消したいということもあるかもしれません。

通信サービスの契約では、「初期契約解除制度」というものを利用することで、
違約金無しでユーザーから一方的に解約することができるようになっています。

光回線の転用や事業者変更もこの初期契約解除制度の対象であり、
契約から8日以内にドコモ光へ申し出れば違約金無しに解約することができます。
(契約書面を受け取った日を初日として8日間)

初期契約解除制度による解約はユーザーの権利ですから、
事業者側に拒否される心配はありませんよ。

ただしあくまで払わなくても良いのは違約金のみで、事業者変更にかかった工事費や
事務手数料さらに契約から解約までの数日間の利用料金は請求されます。

訪問販売などの契約を一方的に解除できる「クーリングオフ」と似たような制度ですが、
クーリングオフのように一切費用を請求されることなく解約することはできないんですね。

また初期契約解除制度で解約しても、
元のフレッツ光や光コラボレーションに戻すということはできません。

要するにソフトバンク光からドコモ光へ事業者変更で乗り換え、
初期契約解除制度で解約してもソフトバンク光には戻せないということです。

ソフトバンク光に戻すのであれば、初期契約解除制度でドコモ光を解約後に
新規でソフトバンク光と契約するしかありません。

事業者変更ができるようになるのはいつから?

ソフトバンク光からドコモ光のような光コラボレーション同士の事業者変更は、
2019年5月現在ではまだできません。

事業者変更ができるようになるのは、2019年7月からとなっています。

当初は2019年の初頭にもと言われていましたが、その後2019年5月からになり、
さらに2019年7月からに延期されています。

さらなる延期の恐れが無いとは言えませんが、NTT東日本西日本の公式サイトでは
「2019年7月1日より受付可能」となっているのでほぼ間違いないと思います。

ただ事業者変更の受付開始からしばらくは申込者が殺到することも予想されるので、
多少のトラブルが発生する恐れがあります。

実際光コラボレーションが開始された当初は、
ドコモ光で予想を超える申込者があったことで
 ・開通工事に通常より日数がかかる
 ・通信速度が極端に遅い、繋がりにくい
といったトラブルが発生しています。
(現在はいずれも解消)

同じようなことが起こらないとも限らないので、
乗り換えを急がないのであれば少し落ち着いてから事業者変更を申し込んだ方が
スムーズに手続きできるかもしれませんね。

-ドコモ光に乗り換え(転用・再転用)

Copyright© 光コラボ同士の乗り換えで得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.